DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

2015年度ブリード の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3本目交換開始

2015/12/06 01:03
少し早いですが、12月1日から3本目(1部4本目)へ交換を開始しました。
と言うのも、状態が思わしくない瓶があり、既に3本目へ交換した幼虫もいますが、
早目に全ての幼虫を3本目(又は4本目)に入れ替えようという作戦です。

1本目は菌糸の状態がよく、順調に成長してくれましたが、特に8月20日に詰めた
2本目用のS8 1400 25本の状態が思わしくなく、殆どが暴れていて、体重減が
18頭(平均-1.7g)、体重増は5頭(平均+0.7g)、変わらずが2頭と伸びる
どころか失速気味。。。
その他にも期待して使った853菌糸の1400 9本も殆どの幼虫が暴れたりで、
とりあえずこれらの瓶から交換しています。

1日から5日までに22頭を3本目(1部4本目)に交換しましたが、こんな状況なので
皆さんの所ほど体重は伸びていません。
暴れボトルばかりではつまらないので、状態の良い瓶を1本選んで交換しました
CIMG8185加工済み
【NYG15-502 2015年12月5日交換 35.4g(0.4gUP)】

前回(9月21日)が35.0gで、0.4gしか伸びてませんが、期待していた幼虫だけに
体重減じゃなくてホッとしました。
体重は思ったほど伸びませんでしたが、居食いしていて、菌糸の状態もGOODでした


恐らく、巷ではこれから40gUpの幼虫がバンバン出ると思うので、早目にちっせ~
幼虫をUPしておきます

2015年度 早期羽化の経過報告!

2015/11/26 23:59
めっきり寒くなりましたね~。
体調を崩されている方とかいませんか?
私は少し前に熱が出てダウンしてしまいました
インフル以外では風邪を引いても大して熱なんて出なかったのに。。。
肉体の衰えを感じる今日この頃です


今回は我が家の早期羽化の経過についてです。
11月5日の記事で紹介した強制早期組以外で、既に蛹になっているのがいました
ので、もちろん掘りました
CIMG8144加工済み
【NYG15-609 蛹体重 11.3g 2015年11月11日】

2本目交換時(9/21)体重が15.2gだったので、蛹体重はこんなものでしょうか。
今期は高めの温度で攻めている為、2本目への交換ショックと、高めの温度で
スイッチが入ったのかと思われます。
羽化まではもう少しかかるだろうと思っていたら、19日に羽化
CIMG8164加工済み
【NYG15-609 2015年11月19日羽化】

とりあえず完品羽化で一安心
22日にざっくり計測してみた所、縮んでも50mmはあるようです。

現時点では、強制早期組以外で確認出来ている蛹が2頭。
強制早期羽化組は、前蛹が1頭、蛹室を作っている幼虫が1頭、暴れて脱落した
幼虫が1頭、もぞもぞ動き出している幼虫が6頭、全く動きが見えない幼虫が2頭、
と微妙な状況です。
そろそろ前蛹になってもらわないと、来春の産卵はちょっと厳しくなるかもしれませんが
もう少し様子見です。
みんな、頑張れよ~

2016年度用の強制早期羽化♀

2015/11/05 23:59
我が家でも、やっと10月26日に早期羽化の加温を開始しました。
毎年のことですが、ちょっと遅めです
去年は10月28日に4頭仕込んで、1頭蛹を落として★にした以外は3頭早期羽化
させることが出来たので、今年もなんとかなるでしょう

今年も去年同様、発泡スチロールにピタリ適温で加温しています
CIMG7964加工済み
【2015年10月26日 早期加温開始】

画像ではピタリ適温が見えませんが、画像手前に立てかけてあります。
温度はとりあえず30℃ぐらいで様子見です。

当初は、2本目に♀B菌糸に入れた13頭をセットしていましたが、10月まで
高めの温度で引っ張ったせいか、既に蛹になっているが何頭かいた為、若干
メンバーを入れ換えて、現在は11頭セットしています。
今期はの2本目には強化菌糸の♀Aと♀Bを使っている上に、2本目への交換の
ショックと高めの温度設定で、何頭か先走ってしまったのかもしれません
今月末までに蛹化して、年内に羽化すればベストですが、最悪1月中旬頃までに羽化
すれば、5月の産卵には間に合うと考えています。
5,6頭羽化すれば御の字ですかね。

2本目へ交換完了!!

2015/10/29 23:59
前回の記事にも書きましたが、10月18日で2本目への交換が終わりました。
ただ、暴れまではいかないまでも、落ち着かず動いている幼虫が何頭かいるのが
気になっていました。
そこで迷った末、7本交換しましたが見た目よりも動いていた幼虫がいて、7頭全て
体重を落としていましたが、いつかは暴れたと考え、早目に交換して良かったと
思うようにしています
問題は、殆どの瓶が同じ日に詰めた菌糸ばかりなので、何かしら同じ原因が
あるのかもしれません
同じ日に詰めた他の瓶が気になる所です。。。


今期は185頭でスタートしましたが、超早期で羽化したが3頭、★が15頭で、
現時点での幼虫数は167頭になりました。
今期はど初冷で菌糸に入れた幼虫もいたので、★が多いのは想定の範囲内ですが、
来期はもう少し★を減らしたいと思っています。

今期の1本目は、我が家にしては良い経過となっています。
78頭、89頭と大体半々にわかれてくれました。
78頭の体重は下記の通りです。

  25g以下  4頭
  26g     1頭
  27g     2頭
  28g     4頭
  29g    11頭
  30g    13頭
  31g    17頭
  32g    10頭
  33g     8頭
  34g     5頭
  35g     1頭
  36g     2頭

30g以上が78頭中56頭と、私にしては上出来
30g以下も22頭中11頭は29g台なので、3本目へ交換時には30gUpが
増えていることを期待しています。

こんなによい年はもうないかもしれないので、写真をペタペタ貼りたいと思います
まずは
種親83.2mm(NYG13-509)×54.4mm(NYG13-1101:DorcusTiga様2013年4番)
CIMG7555加工済み
【NYG15-603 34.5g 2015年9月25日交換】

このラインの親83.2mmの親は、エバクワさんから譲って頂いた866同腹
直仔で、親はDorcusTiga様から譲って頂いた866系100%の幼虫を羽化
させた個体になります。
私なりに866に拘った866系100%ラインです。
866系100%と言っても、正直あまり期待していなかったラインだっただけに、
1本目でこの体重が出て正直嬉しいです。


次も種親83.2mmラインからです
種親83.2mm(NYG13-509)×49.7mm(早期)(NYG14C-520)
CIMG7636加工済み
【NYG15-715 36.7g 2015年9月30日交換】

驚きの36.7g!!
1本目で35gUpが出るとは思っていなかったので、焦って写真を撮ったせいか、
写真が若干ボケてしまいました
このラインの親は、2014年度のタケセイヨウさんとのコラボラインの早期羽化
個体を使っています。
しかもサイズは49.7mm!!
早期はサイズが関係ない事がよくわかります。


次は3連ちゃんで
種親81.5mm(yasukong様1301)
         ×53.0mm(NYG13-2106:anchorageak様2013818555)
CIMG7864加工済み
【NYG15-205 34.0g 2015年10月16日交換】
CIMG7868加工済み
【NYG15-211 34.5g 2015年10月16日交換】
CIMG7863加工済み
【NYG15-204 34.9g 2015年10月16日交換】

このラインも親81.5mmはyasukongさん1301で、親53.0mmは
86.0mm同腹です。
86.0mmから幼虫が採れなかった為、なんとしても幼虫が採りたかったライン
だっただけに、35gUpは出なかったものの、1本目で34gUpが3頭も出ていて
今後の経過が楽しみなラインです。


次もyasukongさん81.5mmのラインからで、1番ラインの名に恥じぬ
体重の幼虫が出てくれました
種親81.5mm(yasukong様1301)×53.3mm(NYG13C-307)
CIMG7837加工済み
【NYG15-109 36.7g 2015年10月14日交換】

36.7g!!
分は大目に見て下さい
このラインの親53.3のラインは、同腹の幼虫時の体重がのっており、今年の
ラインでも83.7mmを使おうと3付けましたが、86.0mm同様、全く幼虫が
採れなかった為、この53.3mmには期待していました。
ただ20頭中、既に5頭が★消滅しており、果たして何頭完品羽化までこぎ着けられるか
心配なラインでもあります。


今期はばかりじゃなく、も大きく20g以上のが12頭出ています。
中にはちっせ~も混じっているかもしれませんが、全体的に例年と比べても大きく、
の交換も結構楽しめました♪

大き過ぎてちょっと怪しいですが、最大を
種親81.5mm(yasukong様1301)×50.5mm(GMT様G14-5Y02)
CIMG7662加工済み
【NYG15-411 23.1g 2015年10月6日交換】

このラインはは大きいのは出ていませんが、がデカく、平均が19.5gと
『うっそ~!』と叫びたくなるようなアベレージです


長くなってきたので、この辺にします。
管理表も更新しましたので、興味のある方はご覧ください。
全てではないですが、管理表に系統図もリンクしました。
理由はわかりませんが、スマホではうまく表示されませんが、系統が遡れるように
手を加えてあります。
iPhoneではどのように表示されるのかわかりません
1本目は好調でしたが、2本目で既に体重を落としてる幼虫が出ていますので、
3本目交換が若干心配になっています。
3本目の菌糸の選定はこれからですので、よく考えたいと思います。

2本目へ交換開始

2015/09/24 00:38
広告が出る前に更新です


9月9日から10日にかけての東日本大豪雨は、甚大な被害をもたらしました。
幸いにも我が家は問題ありませんでしたが、茨城県常総市の鬼怒川堤防決壊は、
とても他人事ではありませんでした。
近くに一級河川はないものの、用水路が溢れ出し道路が通行止めに。。。
こんな光景が至る所で見られました
用水路
【2015年9月10日正午】
DSC_0153加工済み
DSC_0157加工済み
【2015年9月10日夕方】

普通の河川ももう少しで溢れそうに。。。

同市内では床上浸水で未だに避難生活を余儀なくされている方もいます。
水害に遭った方のこれからの苦労を思うと、本当にお気の毒でなりません。
心からお見舞い申し上げます。


では本題のクワネタですが、9月15日から2本目への交換を開始しました。
まだ40本ぐらいしか交換していませんが、今の所悪くなさそうです
皆さんの様に35gUp縛りにすると写真をペタペタ貼れないので、とりあえず今回は
33gUpのみを

種親81.5mm(yasukong様1301)×52.8mm(NYG13-1002:yasukong様1318)
CIMG7507加工済み
【NYG15-310 33.1g 2015年9月15日交換】
CIMG7535加工済み
【NYG15-301 33.8g 2015年9月21日交換】

種親81.5mm(yasukong様1301)×49.2mm(NYG14-115:yasukong様1203イン)
CIMG7539加工済み
【NYG15-502 35.0g 2015年9月21日交換】

まさかの35gUp
このラインは20頭近く里子に出してしまい、手元に残したのは10頭のみ。。。
失敗しました
yasukongさん130181.5mmは今の所、ハズレではないようです

種親83.2mm(NYG13-509)×54.4mm(NYG13-1101:Dorcus Tiga様2013年4番)
CIMG7544加工済み
【NYG15-613 33.8g 2015年9月21日交換】

866系83.2mmラインからも33gUpが出たのは驚きでした。

更にこんなのも出てビックリ
種親81.5mm(yasukong様1301)×50.5mm(GMT様G14-5Y02)
CIMG7526加工済み
【NYG15-407 21.0g 2015年9月17日交換】

20gUpのは初めてみました
卵巣は確認できませんでしたが、頭幅が11.5mmなのできっとでしょう。
ougoさん宅でも、23.1gのが出ているようなので、デカラインかも!?
種親50.5mmは早期でGMTさんから里子で頂きました
同腹に85.8mmを筆頭に3頭の85Upが出ている優秀なラインです。
も30gUpが複数出ているので、楽しみなラインです。


最後に、急遽今週26日の品川オフ会に参加出来る事になりました。
参加される皆さん、よろしくお願い致します

2015年度ライン確定

2015/07/10 12:03
早いもので、もう1年の半分が過ぎてしまいました。
6月はブログ更新は結局1回。。。
ブログネタは色々とあるんですがね~。
皆さんのブログも殆ど読み逃げですみません。

6月は産卵に新成虫の堀出しにと忙しく、新成虫の方はまだ堀出ししていない瓶が
80本ほどあります。

産卵の方はほぼ終わり、あと投入待ちの瓶が4本あるだけです。
ここ数日で孵化した2頭と、2セット目に使用済み菌糸瓶とホダ木1本のセットで菌糸の方に
産んだ幼虫を回収して瓶に入れるだけです。
まぁ、使用済みでも孵化直後から菌糸をモリモリ食べてるようなので、瓶投入は特に
急いではいません。
それでも来週中には菌糸瓶に投入して、数を確定したいと思います。

今年の産卵は1セット目に18セット、2セット目に13セットと合計31セット組みました。
過去最高のセット数だと思います。
期待して挑んだ今期でしたが86.0mm以外にも、2013年度で86.0mmに次いで2番目に
大きかった83.7mmからも幼虫が採れず、この2に付けた8頭が不発と、大苦戦の
原因となりました。

それでも最終的には200頭以上の幼虫が採れ、一部はクワ友さんへ、そして少しだけ
オクへも幼虫を初出品してみました。
それにしても今年の幼虫価格は酷いですね。
成虫も酷いですが、幼虫は親が大きくないとタダみたいなものですね。
まぁ、それでも良い方に落札して頂いたので、それはそれで良かったです。

今期はたくさんの里子幼虫を頂きました。
860の不発を心配して援軍を送って頂きました。
本当にありがたいことです。
2013年度は購入した幼虫もあわせると44頭と里子を多く頂きすぎた反省から、2014年度は
里子数を22頭と半分に減らしました。
が、今期は産卵に苦戦した為、積極的に里子をお願いしたところ、42頭と多く頂き過ぎて
しまいました。
全く計画性がなく、成長していません。
ただ、どの幼虫も期待できるラインばかりで非常に楽しみです。
他力本願とも言いますが。。。
里子幼虫が全く紹介できていませんが、徐々に紹介していきたいと思います。

今回は2015年のラインが確定しましたので、ライン番号と現時点での飼育数を紹介したい
と思います。
ラインは前回とほぼかわりないですが、2ライン増えました。

 2015年1番(NYG-1**) → 20頭
 81.5mm(yasukong様1301)×53.3mm(NYG13C-303)

 2015年2番(NYG-2**) → 20頭
 81.5mm(yasukong様1301)×53.0mm(NYG13-2106)

 2015年3番(NYG-3**) → 27頭
 81.5mm(yasukong様1301)×52.8mm(NYG13-1002:yasukong様1318)

 2015年4番(NYG-4**) → 20頭
 81.5mm(yasukong様1301)×50.5mm(早期)(GMT様G14-5Y02)

 2015年5番(NYG-5**) → 10頭
 81.5mm(yasukong様1301)×49.2mm(早期)(NY14-115)

 2015年6番(NYG-6**) → 15頭
 83.2mm(NYG13-509)×54.4mm(NYG13-1101:Tiga様2013年4番)

 2015年7番(NYG-7**) → 20頭
 83.2mm(NYG13-509)×49.7mm(早期)(NYG14C-520)

 2015年8番(NYG-8**) → 6頭
 83.4mm(NYG13-2301:anchorageak様201381051521)
   ×50.7mm(NYG13-1001:yasukong様1318)

 2015年9番(NYG-9**) 2014年1番(2年目) → 4頭
 78.2mm(yasukong様1203)×48.2mm(yasukong様1203)

 2015年10番(NYG-10**) 2014年9番(2年目) → 1頭
 81.1mm(NYG12-502:anchorageak様2012825490)
   ×55.0mm(NYG12-501:anchorageak様2012825490)

現時点で今期は自ブリ143頭+里子(購入含む)42頭で合計185頭となりました。
予定より若干オーバーしましたが、去年よりは約30頭減らしました。

試し産卵で860の種が怪しいことがわかった為、2年目ラインを2ライン組みましたが、
現時点で確定した幼虫は合計5頭のみ。。。
2年目ラインの産卵も大苦戦となりました。

先日孵化した幼虫というのは10番で、1セット目は0、2セット目に回収した2卵の内
1卵が奇跡的に孵化しました。
このラインの種親81.1mmは越冬後に★になってしまった為、追いがけなしの持ち腹で
産卵させましたが、空砲ばかりで幼虫が採れるとは思いませんでした。
2014年度でこのラインで羽化したは2頭のみで、しかも2頭とも860につけて
しまった為、この軌跡の1頭がであればいいですが。。。

今期は幼虫とりにかなり苦戦し出鼻を挫いてしまい、その上、親も小さくなってしまい
ましたが、菌糸の状態が例年に比べ良く、なんとなく期待できそうな予感がします。
ただの妄想かもしれませんが楽しみです♪

産卵状況

2015/06/14 00:10
久し振りの更新です。

最近は忙しい。。。
仕事に家庭にクワにとやる事が多く、時間が足りません。。。


それにしても今年は皆さん幼虫採りに苦戦してますね~。
という私も苦戦しています。
なぜでしょう??
の大型化で産みづらくなっているのか??
はたまた累代が進んだ弊害なのか??
うちのは特別大きいという訳でもないんですけどね・・・。

我が家の産卵状況ですが、5月2日に18セット組みましたが、なんと幼虫が
採れたのは8セットのみ。。。
クワブリード始めて以来最悪の状況です。
860の件があるので、ある程度採れないのは覚悟していましたが、なんと860の
他にも3付けたラインでも全く幼虫が確認出来ないラインがあり参りました。。。

860は5セット組んで、5セットとも卵を産んではいるものの孵化せず。。。
もう1頭のの3セットも卵が孵化せず。。。
もしかして2種無し!!という悲惨な状況です。

それでも、クワ神様は私を見捨てませんでした。。。
今期は全く補強するつもりがなかったにもかかわらず、何かの思召しでもあった
かのように最後の最後に補強したyasukong様1301 815の5ライン全てから
幼虫が確認出来ました。
もしyasukongさんから補強していなかったら!と思うと、ゾッとします。

とりあえず、現状で幼虫が確認出来ているラインは下記の通りです。

 *81.5mm(yasukong様1301)×53.3mm(NYG13C-303)
  53.3mmはGMTさんとのコラボラインで、我が家の2013年度ラインでは
   幼虫体重のもっとも良かったライン。

 *81.5mm(yasukong様1301)×53.0mm(NYG13-2106)
  53.0mmは、86.0mm同腹で、なんとしても幼虫が採りたかったライン。

 *81.5mm(yasukong様1301)×52.8mm(NYG13-1002 : yasukong様1318)
  52.8mmは、yasukongさんより幼虫で譲って頂き羽化させた847系100%の
  で、ライン的にも847系100%。

 *81.5mm(yasukong様1301)×50.5mm(早期)(GMT様G14-5Y02)
  50.5mmはGMTさんからの早期で、同腹に39gの幼虫が出ている期待のライン。

 *81.5mm(yasukong様1301)×49.2mm(早期)(NY14-115)
  49.2mmは、2014年1番の早期で、yasukongさん1203インライン。
   大きな幼虫は出ていませんが、yasukongさんラインに拘ったライン。

 *83.2mm(NYG13-509)×54.4mm(NYG13-1101 : Tiga様2013年4番)
   元ギネス866に拘った、866系100%(847系100%)

 *83.2mm(NYG13-509)×49.7mm(早期)(NYG14C-520)
  49.7mmはタケセイヨウさんとのコラボラインからの早期
   幼虫体重はあまりのらなかったものの、還元率の良い!?ライン(847系100%)。

 *78.2mm(yasukong様1203)×48.2mm(yasukong様1203)
   2年目ライン(yasukong様1203インライン)

それなりに幼虫が採れているラインもありますが、全体数としてはまだまだ足りないので、
現在、追加で13セット組んでいます。
援軍の話もありますので、数は何とかなりそうです。

写真がないのも寂しいので、チョイ割りしないと言っていたのに、おもわずチョイ割りして
しまった際に確認出来た初幼虫を
CIMG6952加工済み
【2015年5月28日 チョイ割りにて確認】

CIMG6953加工済み
【2015年5月28日 チョイ割り幼虫をS5主体 ヒラタケプリンカップ60ccへ投入】

860から幼虫が採れなかったのは非常に残念ですが、ブリード当初から言っている
小さい親から大型個体を出すことに男のロマンがある!』をモチベに、今期もクワ活
頑張りたいと思います

産卵セット(2015年度)

2015/05/22 00:13
あ~、忙しい・・・。
5月はこどもの誕生日や実家の田植えの手伝い、産卵セット、菌糸詰め等で
毎年忙しく体調を崩す年もありますが、今年は今の所、何とか持ちこたえています。

今年の1本目は、菌糸を48ブロック詰める予定で、今日までに半分の24ブロック
詰め終わりました。
去年は、菌糸トラブルで出鼻をくじかれた感がありましたが、今年は今の所、うまく
菌がまわっているようで、ホッとしています。
残り24ブロックは、24日(日)と6月1日(月)の2回に分けて届く予定です。
去年の3本目からは、なるべく菌糸が届いたその日に詰めるよう、納期をうまく
調整しています。
菌糸が届いた当日に詰める事で、菌糸ブロックが山積みされることもなくなり、
狭い飼育スペースがすし詰め状態にならないですんでいます


今回のクワネタは、備忘録も兼ねて、在り来たりですが産卵セットについてです。
まずは、前回も紹介した7セット
CIMG6896加工済み
【2015年5月2日 7頭投入(中ケース7)】

たくさん幼虫が採れるよう、中ケースに材2本のセットです。
セット期間は5月2日~17日(15日間)。

CIMG6911加工済み
【2015年5月6日 1頭投入(中ケース1)】

こちらも中ケースに材2本のセットです。
セット期間は5月6日~17日(11日間)。

CIMG6913加工済み
【2015年5月10日 5頭投入(小ケース5)】

こちらは、小ケースに材1本セットと、右下は材を2本立ててセットしました。
セット期間は5月10日~21日(11日間)。

CIMG6916加工済み
【2015年5月13日 5頭投入(小ケース2+デジケース3)】

こちらのセットは、2年目のも2頭入ってます。
こちらは少し採れればいいので、小ケースとデジケースを使っています。
セット期間は5月13日~21日(9日間)

調子こいて、18セットも組みました
もちろん、種無し可能性大の86.0mmと同居させたも5頭含まれています。
86.0mmラインが全てスカだった場合、13ラインになりますが、早期も使って
いるので、13ライン全てから幼虫が採れるとは思っていません。
11ラインぐらいで幼虫が採れればいいですかね~
反対に86.0mmラインから幼虫が採れたらえらいこっちゃ
嬉しい悲鳴となればいいのですが。。。


あと、我が家で初めて殺しがありました
CIMG6918加工済み
【2015年5月15日 51.8mm(NYG13C-104)】

GMTさんとの2013年1番のコラボラインのが犠牲になってしまいました。
犯人は → yasukong様1301 ♂81.5mm
結構大人しいかと思ってましたが、意外に凶暴だったみたいです。

このは、81.5mmと同居後に、右前足と中足が麻痺してしまい、ゼリーも
あまり食べていなかったので、きっと産まない(産めない)だろうと考えていました。
ただ、2013年1番ラインは、このしか手元に残さなかった為、何としても幼虫が
採りたくて、無謀にもと再同居させてしまい、悲劇が。。。
結果から言えば、再同居させずに産卵セットに投入すればよかったと・・・。
可哀そうな事をしました


の取り出しも完了し、後は割り出しを待つだけです。
6月上旬に割出し予定ですが、果たして何頭幼虫が採れるか、こればかりは何年
やっててもドキドキです

試し産卵失敗

2015/05/04 23:59
皆さん、GWは如何お過ごしですか?
私の職場では、有休をうまく使って16連休なんて人もいますが、私はいつものように
普通に仕事です
明日 『こどもの日』 はたまたま休みですが、今の所どこにも行く予定はありません。
どこも混んでますからね~
でも、子供をGWにどこにも連れていってあげないのも可愛そうなので、多分、
近くのイオンにでも行く事になると思います


前回の更新から半月も間が空いてしまいました。
その間、何をしていたかと言いますと、クワ活に励んでいたどころか、海外ドラマを
みて楽しんでいました
久し振りしに海外ドラマにハマり、一気にシーズン1~5までみてしまいました
そのドラマは 『THE WALKING DEAD
ゾンビが蔓延る世界に一変したアメリカを舞台に、生存者が安住の地を求めて
サバイバルしていく姿を描いているゾンビドラマです。
単なるゾンビドラマではなく、武器や食料を奪う為に生存者同士で争うという、まさに
アメリカらしい!?サバイバルドラマでもあります。
アメリカでは人気ドラマらしく、今年後半にはシーズン6が放送されるらしいです。
海外ドラマが好きな方にはお勧めですよ~!


と、海外ドラマの宣伝をしている場合ではなかったです
肝心なクワ活の方は絶不調で、ブログタイトルの通り86.0mmの試し産卵に
失敗しました
3月11日の記事で紹介したように、試し産卵で卵が確認出来た為、余裕をぶっこいて
いましたが、卵はいつになっても孵化せず、いつの間にか黒くなっていました。
焦った私は、次から次へとを同居させるも、結局、幼虫は確認出来ず。
卵は確認出来ているので、86.0mmの種無しなのか、それとも単純に孵化率が
悪いのかわかりませんが、9割がた諦めました。
恥を忍んで、備忘録も兼ねて、試し産卵の失敗っぷりを書きたいと思います。

 ①52.4mm
  2月25日 86.0mmと同居開始
  2月28日 同居解除
  3月 5日 産卵セットへ投入
  3月10日 産卵セットから取り出し
  3月23日 材割出し ⇒ 材を全く齧らず
  3月24日 再同居
  3月27日 再同居解除 ⇒ 産卵セットへ再投入
  4月 2日 産卵セットから取り出し ⇒ 材を全く齧らず
  4月10日 再々同居
  4月13日 再々同居解除
  4月14日 グリードSL産卵ケースへ投入
  5月 1日 グリードSL産卵ケースから取り出し ⇒ 産んでいる様子なし
                                   幼虫確認出来ず(5/8)

  ※このは全く産む気なし。。。

 ②54.2mm
  3月 1日 86.0mmと同居開始
  3月 4日 同居解除
  3月 5日 産卵セットへ投入
  3月10日 産卵セットから取り出し
         材を試し割り ⇒ 1卵確認するも孵化せず
  3月23日 材を割出し ⇒ 5卵確認するも孵化せず
  3月31日 再同居
  4月 3日 再同居解除 ⇒ 産卵セットへ再投入
  4月 7日 産卵セットから取り出し
  4月24日 材を割出し ⇒ 卵は産んでいるものの幼虫は確認出来ず

  ※このは、卵は産むものの孵化しませんでした。
    4月24日の割出しで幼虫が確認出来なかった事から、86.0mmは9割がた
    種無しと判断しました。  

 ③49.2mm(早期羽化)
  3月27日 86.0mmと同居開始
  3月30日 同居解除 ⇒ 産卵セットへ投入
  4月 4日 産卵セットから取り出し
         材を割り出し ⇒ 6卵確認するも孵化せず

  ※このも卵は産むものの孵化せず。。。

 ④53.7mm(早期羽化)
  4月13日 86.0mmと同居開始
  4月17日 同居解除 ⇒ グリードSL産卵ケースへ投入
  5月 1日 グリードSL産卵ケースから取り出し ⇒ 産んでいる様子なし
                                   2卵確認するも幼虫確認出来ず(5/8)
                                   卵は無精卵の模様(5/8)

  ※4頭目も同居させましたが、期待していたデジケースでも産んでる様子なし。
    まだ割出してはいませんが、多分ダメでしょう。。。

と、まあ、見事な失敗っぷりです。
という訳で、ゾンビドラマをみて、しばらく現実逃避していました
と言いながらも、いつまでも現実逃避している訳にもいかないので、材2本セットを
4月30日に7セット組んで、5月2日に7頭を投入しました
CIMG6896加工済み
【2015年5月2日 材2本セット 7頭投入】

今年は幼虫採りに苦労しそうです。。。

♀取り出し(試し産卵)

2015/03/11 01:34
先週土曜(3月7日)に茨城県の某妻の町でougoさんとプチオフ会をしました。
待ち合わせの居酒屋に先に着いた為、先に座席に案内されると女性の店員さんが
私に向かって 『お久しぶりです』 と・・・。
一瞬 『えっ、どっかで会ったっけ!?』 と思うも思い出せない。。。
『ここに来るの初めてですけど。。。』 と言うと、失笑されてしまいました。
どやらこのお店は、いらっしゃいませ的な事を 『お久しぶりです』 と言うようです
なんて紛らわしい店だ~
※ちなみに、いかがわしいお店ではないですよ♪

その後、ougoさんも到着し、ノンアルで乾杯しクワ話に花を咲かせていると、なんと
タケセイヨウさんから電話が入り、あまりにも絶妙なタイミングに驚いてしまいました。
実は前回の某妻の町でのオフ会時にも、タケさんから電話があり今回もですから、
きっとタケさんの第6感が働いたに違いありません
結局夕方6時半頃から12時頃まで話していましたが話は尽きませんね
ougoさん、先週土曜はお疲れ様でした
またよろしくお願いします
次回はタケさんもお誘いしましょう


前振りが長くなりましたが、今回も前回同様86君の試し産卵についてです
3月5日にを産卵セットに投入した後は、覗かず弄らずを徹底し、予定通り10日に
を産卵セットから取り出しました。
夜中に木を齧っている音が聞こえましたので、期待して開けてみると
CIMG6692加工済み
【2015年3月10日 取り出し 左anchorageak様201381051509 / 右NYG13-221】

左のセットは、見た瞬間ダメだとわかりましたが、右のセットは結構齧ってそうです
を取り出してみると、案の定、左のセットは全く材を齧っていませんでしたが、
右のセットは、材を取り出すと結構どころかかなり齧っていました
CIMG6696加工済み
【2015年3月10日 54.2mm(NYG13-221)のセット】

このまま材をマットに戻すつもりでしたが、悪い病気が発症し、おもわずチョイ割りを
材を埋め戻した痕があった為、慎重に割っていくと、念願のを発見
CIMG6697加工済み
【2015年3月10日 54.2mm(NYG13-221)の卵】

まだ形が細長いですが、見た感じ無精卵ではなさそうです
この卵はプリンカップで管理する事とし、材はマットに埋め戻しました。
孵化するまで安心は出来ませんが、経験上なんとかなりそうです


それにしても、2頭をセットしたのは正解でした。
もし左のセットしか組まなかった場合、再同居させたと思いますので、予定もずれた
ことでしょう
孵化する事を信じ、その瞬間を待ちたいと思います

« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。