DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのオオクワネタ!

2012/03/26 23:59
最近は、外産クワカブのネタがメインとなっていましたが、そもそもブログを始めた
きっかけはオオクワガタ
そんな訳で、ちょっと浮気がちでしたが、今回は本命のオオクワガタのネタです
と言っても、今回は大したネタではないので、備忘録的な感じになります事を
お許し下さい

では早速ですが、本日、オオクワガタ阿古谷産の46mmライン1頭と44mmライン
1頭の計2頭の瓶交換を行いました
殆どの幼虫は最終瓶に交換済みで、あとは羽化するのを待つばかりですが、マット飼育
している幼虫がいまして、その2頭の交換を行いました。
瓶の状態はというと
CIMG2082加工済み
左【AKO1120】 右【AKG1110】

ちなみに2頭ともちゃんです
上の写真を見て『おやおや!』と思われる方がいるかと思いますが、そうなんです、実は
右の瓶(AKG1110)はマットではなく菌糸で、幼虫が大暴れした結果、菌糸の白い部分が
全く無くなってしまいました

暴れに暴れて蛹化するかと思いきや、中々蛹化する気配がない・・・
ちゃんだし、多少ダイエットしてもいいや!と思って、しばらく放置していましたが
いつになっても蛹化せず、ワンダリングし続けておりました
実は、前回の瓶交換が去年の8月28日ですから、ちょっと放置し過ぎてしまいましたね
菌糸も乾燥気味になってきた事から、安全を見てマット飼育にする事にしました

かなりダイエットしているかと思いきや
CIMG2085加工済み
【AKG1110】

前回交換時(8月28日)が9gでしたので、1g増です
月夜野さんのきのこMATを500瓶に詰めて、投入しました
体も黄色くなっていますので、このまま蛹化してくれるといいのですが・・・

で、もう1頭の左側の瓶(AKO1120)は正真正銘のマット瓶です
この子は割出し時に右の牙が折れていた為、菌糸瓶に潜れず、仕方なくこの子のみ
マット飼育しておりました。
おまけに温室にも入れず、常温飼育していた為、結果は・・・
CIMG2088加工済み
【AKO1120】

前回交換時(11月10日)が6gで、今回も6g
この子は、まだ体が白いので、もう少し成長が見込めるかもしれません
月夜野さんのきのこMATを800瓶に詰めた瓶に投入し、他の幼虫達と一緒に、温度の
安定しているビニール温室に入れました
この子の羽化は来年かな~?

スポンサーサイト

コメント

こんばんは、
顎が折れた幼虫は最後まで育たないといわれますが、愛情でここまでしっかりと育ったのですね。幼虫の顎が折れていると、蛹になった時に蛹の角部分も欠けた状態のになると聞いた事があります。本当にそうなるのか気になるので、ぜひこの後もしっかりと育てて蛹、羽化時の姿を見せてください。
えぼ8さん
こんばんは。
愛情があった訳でもなく、ただ単に放置していただけなんですが・・・(汗)
反対に放置プレーにしていたのがよかったのかもしれませんね^^;
顎が折れた幼虫は成虫になれないという話なんですね。
ミッション了解しました^^
VIP待遇でなんとか成虫になるよう飼育してみます。
と言っても、定期的にマットを替えるだけで、引き続き放置プレーになるかと思いますが(汗)
また何かあればブログにUPしていきますね^^Y

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。