DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36gの幼虫!と言っても・・・。

2012/02/05 23:59
タランドゥスの事ですが

現在、タランドゥスの幼虫を5頭飼育していますが、その内の2頭は先月後半に蛹化
残り3頭(2・1)の内1頭と1頭が暴れ始めた為、急遽3本目の瓶に交換する
事にしました
CIMG1904加工済み
左【TRD1105】 右【TRD1102】

本当は、2本返しにしようかと考えていましたが、折角大きく育った幼虫が暴れて
ダイエットしてしまっては悲しいので、暴れに備え先月ブロックを購入し、1月21日に
瓶につめつめしていました
本当は、詰めてから1ヶ月後ぐらいに使いたかったのですが、予想より早目に暴れて
しまった為、詰めてから2週間での使用となりました
まぁ、菌は回っているようなので良しとしましょう

では早速、期待のから掘り出してみると、デカいのがゴロンと瓶から出てきました
CIMG1905加工済み
【TRD1102】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 30g ディ・キャッツ カワラ菌糸ブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入
  2月 5日 3本目 36g ディ・キャッツ カワラ菌糸ブロックを詰め替えた瓶(2000cc)へ投入

こんなデカい幼虫を見たのは初めてです
暴れたものの、30gから36gへ6gの
40gには届かなかったものの、30g後半と満足のいくサイズです
暴れずに蛹化してくれれば、夢の80mmに届くかな
期待は膨らむばかりです

上級ブリーダーでは、オオクワでこのサイズの幼虫を出している方がいるので驚きです
ヘボブリーダーの私はオオクワで最大24gですから・・・
30gさえも厳しい気がします
それがタランドゥスでは、いきなり36gですから、タランドゥス恐るべし
種親(79mm×50mm)がいいんですかね

おっと、もう1頭瓶交換していたのを忘れていました
前回16gと5頭中最少だった幼虫は
CIMG1911加工済み
【TRD1105】

20gと4gの
他の既に蛹化しているは2本目交換時に18gと19g
暴れに暴れた上で蛹化している為、このちゃんがこのまま暴れずに羽化すれば、
3頭の中では最大で羽化する可能性も
こちらも期待出来そうです

お願いだから、2頭とも暴れないでこのまま蛹化して下さいね
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。