DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿古谷産オオクワガタの最後の瓶交換!!

2012/01/17 03:18
昨夜というか、日にちで言うと1月16日の夜に阿古谷産オオクワガタの1頭と
ニジイロクワガタ5頭の瓶交換を行いました
ニジイロは次回にして、今回は阿古谷産オオクワガタの44mmラインの
幼虫についてです。

この幼虫は、10月6日のブログで紹介した通り、9月6日の2本目交換時に22gと
我が家の阿古谷産では最大サイズでしたので、俄然期待していました
ただ、2本目交換から4ヶ月以上経ってしまい、交換が少し遅れた事が気になっていました

ちなみに、この幼虫に使用した菌糸はオオクワキングさんのRushクヌギ・ブナミックスタイプ
先シーズンの阿賀町産のオオクワガタ5頭にも使用しており、菌糸の持ちの良さから
今シーズンも若干ですが使用しておりました。
ただ他の菌糸の方が安価の為、44mmラインの4頭にのみ使用
ちなみに、4頭の内3頭がだった為、菌糸の持ちがいい事からは2本返しにして、
こののみ3本目に交換する事に

瓶の状態はというと
CIMG1850加工済み
まだ菌糸が半分ぐらい残っていましたが、菌糸を食べた部分のオガは若干乾燥気味
引っ越し後のピタリ適温での加温時に全く湿度の事を考えていなかった為、今までに
交換した瓶はどれも乾燥気味でした

それが影響したかどうかは分かりませんが、計測の結果は
CIMG1852加工済み
【管理番号AKG1106】
  5月10日 産卵セットへ44mm投入
  6月11日 割出し後、マットを詰めたプリンカップへ投入
  6月24日 1本目 Rush クヌギ・ブナミックブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入
  9月 6日 2本目 22g Rush クヌギ・ブナミックブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入
  1月16日 3本目 23g Rush クヌギ・ブナミックスタイプ瓶(1400cc)へ投入

22gから微増の23g・・・
まだマイナスしなかっただけよしとしますか

まだ幼虫は能勢YG858ラインの2頭が残っていますが、これで今シーズンの阿古谷産
オオクワガタの瓶交換は終了
結局、25gを超える幼虫は出ませんでした

最大で24g
羽化サイズでやっと75mmいくかどうかでしょうか
種親が71mmですから75mmいけば万々歳ですかね

飼育環境もさることながら、腕がまだまだですね
オオクワガタを飼育している方のブログをみると、25gは小型で30gオーバーを
連発している方も

まぁ、そんな簡単に30gオーバーなんて出る訳ないか
そこがオオクワ飼育の面白い所なのかもしれませんね
と、言い訳をして今回はこの辺で



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。