DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界か・・・?

2011/12/28 03:44
12月26日に阿古谷産オオクワガタの瓶交換を行いました
今シーズンは実験的に数種類のメーカーの菌糸を使用していて、今回は月夜野きのこ園
さんのElementを使用している4本の瓶の交換を行いました
内訳は1頭、3頭
当然気になるのは、の瓶で、早速瓶から交換しました
結果は・・・22g
CIMG1791加工済み
【管理番号AKO1112】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  7月14日 割出し 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月21日 2本目 16g 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入
 12月26日 3本目 22g 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入

前回が16gで3ヶ月後に22gならマズマズと言った所でしょうか
ただ、この系統は22gが壁みたいです
前回の阿古谷産の記事で紹介した幼虫も22g・・・
頭数が少ないので一概には言えませんが、私が使っている菌糸メーカーでは幼虫の
成長にあまり違いはないようです
もう少し高い菌糸では差が出るかもしれませんが・・・
菌糸のせいにしていますが、結局のところ、原因は私の腕なんでしょうね
まだ3本目瓶への交換を控えている幼虫達がいますが、はたして22gを超える幼虫は
出るのでしょうか?

ちなみにの方は、12gと8g2頭・・・
12gはでは最大ですので、マズマズでしょうか

前回、タランドゥスの瓶交換を行い、30gの幼虫を見ていますので、今回のオオクワの
幼虫達はなおさら小さく見えました
上級ブリーダーさんの間では30g以上を連発している方もいるようですので、オオクワでも
30gは不可能ではないですが、25g以上でさえ出ていない私にとっては30gは果てしなく
高い壁のように思えます

来シーズンは期待の森田Gゴールド82系統Dゴールド77SP系統のペアの産卵を
予定していますので、今シーズンよりは期待が出来そうですが、それも私の腕次第で
すかね
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。