DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイズの伸びが・・・。

2011/12/11 23:38
前回のブログで紹介した能勢YG858ラインの幼虫の瓶交換と一緒に、阿古谷産の
46mmラインのの瓶交換も行っていましたので、その事についてです

前回の交換が9月5日で20gでしたが、はたして・・・
CIMG1742加工済み
【管理番号AKO1101】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  7月 4日 割出し(マットより回収し1本目のMGクヌギ菌糸瓶残りへ投入)
  9月 5日 2本目 20g ディ・キャッツ 850ccエノキ・クヌギ菌糸瓶(1次発菌)へ投入
 11月29日 3本目 22g ディ・キャッツ 1500ccエノキ・クヌギ菌糸瓶へ投入

このは割出しと同時に森田Dゴールド77系統のに使用した菌糸瓶の残りに投入した
所、2本目交換時では2番目に大きなサイズだったので期待していましたが、20gから
22gへと微増でした

の3本目への瓶交換は、今のところ4頭交換済みで21g、20g2頭、18gとこの
22gが最大となんとも情けない。。。
成虫のサイズで75mmは超えたいので、せめて25gは欲しいです
80越えなんて夢のまた夢ですね
腕がないのも確かですが、親種や血統の重要さに気付かされます

能勢YG858ラインの2頭の瓶交換も先日行いましたので、次回のブログにUPしたいと
思います
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。