DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は今年も!

2011/11/06 01:15
国産カブトやってました
今年はカブトはやらない予定でしたが、3歳の息子に『カブトとクワガタどっちが好き?』と
聞くと予想に反して『カブト』と・・・
息子のリクエストを受けて、8月21日に近くの雑木林でカブトのを採取
CIMG1465加工済み
採取したカブトを適当に混ぜ混ぜして作った産卵セット(中ケース)に
翌日の22日に投入
CIMG1464加工済み
マットはホームセンターで購入した腐葉土や、今年7月に羽化した♂カブトのボトルに
残っていたマットなど、本当に適当に混ぜ混ぜして作成
産んでも産まなくてもいいや~!なんて感じでした

しばらく放置していると、ケース越しに幼虫が見えた為、産卵しているのはわかって
いましたが、忙しさのあまりしばらく放っておきました
で、10月1日にケースを引っくり返してみると見事に産卵
CIMG1604加工済み
適当に組んだ産卵セットで幼虫24頭
ここまで産むとは国産カブト恐るべし
それにしても放置しすぎてしまいました
中ケースに所狭しと真ん丸と太った幼虫が溢れかえっていました

息子と一緒に、中ケース2つとダイソーで購入した米櫃1ケースの計3ケースにホーム
センターで購入したマットにオオクワで使用した菌糸の残りカスを適当に混ぜ投入
通常、菌糸残りカスを混ぜる場合「マット7×菌糸カス3」ぐらいの割合でしょうが、なんせ
適当なもので菌糸カスを7割ぐらいで配合
CIMG1605加工済み
多少、数が減ってもいいや!なんて考えていましたが、考えが甘かった・・・
幼虫君たちは凄い勢いで菌糸カスミックスマットを食べ進み、ケースはすぐに「運子
だらけに

急遽、ディ・キャッツさんからタランドゥス用にカワラ菌糸を購入した際に、カブト用マットも
購入し、10月29日にまたまた息子と一緒にマットの入れ替え実施
息子が初めて幼虫を掴む事が出来ました
恐る恐るも、ダブルで
CIMG1679加工済み
息子の邪魔という名のお手伝いにあいながらも、無事3ケースに入れ替え完了
しかも1頭も落ちることなく24頭全頭の入れ替えが完了しました
CIMG1685加工済み
それにしてもちょっとケースで手狭になってしまいました
次回の入れ替え時にはケースも大きなものにしないとマズイですね

という訳で、今回は一気にカブトネタを書いてみました
スポンサーサイト

コメント

国産カブトはね
生命力が強いですよね。
糞だらけになっていても、生きています。
飼育ケースだと狭くなるので、衣装ケース位の方が良いかもです。
それでも20頭位が良い数ですが。
本当ですね。
ねおくりさん

国産カブトは丈夫ですね。
放っておいても大きくなるので、飼育が非常に楽です。
ただ大食漢なので、また来月辺りにマット替えだと思うと・・・><

そうですね、次回のマット交換時には、飼育ケースを
大きなものにするか、ケースを増やすかしないとですね^^;

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。