DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワラダケ菌糸瓶へ投入!

2011/10/27 03:50
前回のブログで紹介したタランドゥスの幼虫達ですが、プリンカップを食い上げてきている
幼虫が出てきましたので、10月25日に800ccのカワラ菌糸瓶に投入しました
CIMG1659加工済み
菌糸瓶は、ディ・キャッツさんよりカワラ菌糸瓶を5本購入
カワラは使った事がない為、どこから購入しようか悩みましたが、今回のタランドゥスの
幼虫達が入っていたプリンカップの菌糸がディ・キャッツさんだった事と、評判がよく
価格的にも手頃だった事からディ・キャッツさんにしました

いつも菌糸ブロックを買って瓶に詰め替えている為、今回もブロックを購入しようと
考えていましたが、カワラは瓶に詰め替えてから使用できるまで1ヶ月はみた方が
よいとの話を聞き、急遽、ブロックから瓶の購入へと変更しました
せめて詰め替えてから2週間程度と考えていた為、1ヶ月は想定外でした
カワラは温度に弱く、カビやすい等の話を聞きますので気を遣いそうです
温度管理は大雑把にみても20度~26度くらいですかね
う~ん、よくわかりませんが、暑くなり過ぎず、寒くなり過ぎずでいきます

CIMG1669加工済み
5頭全ての幼虫が元気に菌糸瓶に潜っていきました
ヘボブリーダーの私がみた感じでは、3といった感じでしょうか?
オオクワの幼虫はある程度の同定が出来るようになりましたが、タランドゥスの
幼虫は卵巣が見えず、よくわかりませんでした
次回の交換は約1ヶ月半後と早目の交換を予定していますので、その際には
わかるかな

果たして5頭全ての幼虫を羽化させる事が出来るのか楽しみでもあり、こうしてブログに
UPしている為プレッシャーでもあります
まぁ、気楽にいきますか
では、今回はこの辺で
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。