DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに奴らが・・・♪

2011/10/17 23:59
10月13日のグログの最後に書きました『禁断の果実』種が、昨日我が家にやってきました
この種だけは当面はやめておこうと自分に言い聞かせていましたが、我慢できずにビッダで
ポチットとしてしまいました
その種は・・・

 メソトプス・タランドゥス(Mesotopus Tarandus)

調子こいて英語名でも書いてみました
カワラ菌糸プリンカップに入って到着
CIMG1647加工済み

  【産地】  コンゴ産
  【親虫】  79mm × 50mm
  【累代】  CBF2
  【割出】  2011年9月20日頃孵化

5頭譲ってもらいました
種親も中々の大型種なので、次世代が期待できる血統だと思います
5頭の内、2頭は顔を出してくれましたが、残り3頭の生存は不明
まぁ、食痕も出ている事だし大丈夫でしょう

顔を出してくれた1頭を激写
CIMG1640加工済み
オオクワとは違い、頭のオレンジ色がだいぶうすいような感じです

タランドゥスは産卵に難ありとの話を聞いていた為、もう少しクワ飼育の腕を上げて
からと考えていましたが、あのエナメル質な黒光りボディと何とも言えぬ独特な形状に
手を出さずにいられませんでした
おまけに、威嚇する際に携帯のバイブ音のような音を出すとの事で、今から羽化が
楽しみです

成虫を購入しようかとも考えましたが、今からでは常温での産卵が出来ない為、
先に幼虫飼育からとしましたが、よくよく考えてみると、私の場合、オオクワガタもニジイロ
クワガタも幼虫飼育が先となってしまいました
意味が違うかもしれませんが、鶏が先か?卵が先か?言われれば卵派かもしれません

現在、タランドゥスの飼育に関して猛勉強中で、なんとか5頭全頭羽化させたいです
ただ、カワラ菌糸の扱い方が今一・・・。
あと温度管理は・・・等、気を遣わなくてはなりませんね

では、今回はこの辺で
スポンサーサイト

コメント

おひさです。
里子達は元気ですか~?
こちらは先日二本目投入で最大27gとまずまずでした♪
お互い大きくなってくれるといいですね~(^^)/
ちなみにタラとレギは私も興味がありまして…
コツとか分かりましたらご教授お願いしますねm(_ _)m
こんばんは。
kuro-musiさん

お久しぶりです^^
コメントありがとうございます。

YG幼虫達は元気ですよ~♪
4頭全て食痕が出ているので元気に育っているようです。
1本目で27gですか??
いい感じですね♪
うちの子達は・・・、4頭中3頭はいきなり1400瓶に投入した為、
交換はもう少し先の予定です。
夏場の温度管理がうまく出来なかったので、25gいけば御の字だと
思っています。
80オーバー目指して頑張りましょう^^
タランドゥスは・・・。
kuro-musiさん

まだまだ勉強中でわからない事ばかりですよ^^;
とりあえずは、5頭全てを羽化させる事ですかね。
無事羽化出来たら、ペアリング、その後に産卵と、
難題は山積みですTT
飼育状況をブログにアップしていきますので、
見守っていて下さいorz
ツヤクワの飼育は私も是非やってみたいのでブログ更新楽しみにお待ちしてますね♪
ついに!
メソトプスですか~~。
完全にクワの世界にハマってしまいましたね。
タラやレギはツヤクワとは言っても、ブルマイやインターメディア等とはまた違った飼育方法ですよね。
あちらはマット飼育ですが、タラ、レギはカワラ飼育。
独特のグリーンエッグもまた魅力です。
今後の飼育報告を楽しみにしていますよ。
ハマってしまいました。
ねおくりさん

クワの世界に肩までどっぷりハマってしまいました^^;
タラはカワラ飼育なのでオオクワよりも飼育には気を遣いそうです。
グリーンエッグ、取れるといいですね♪
とりあえずは累代出来るように、羽化させたいと思います^^

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。