DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目瓶投入完了!!

2011/10/06 01:18
すっかり寒くなってきましたね
ついこの間まで、暑い暑いと騒いでいたのにこの寒さは何なんでしょう
衣装ケース内の温度は安定してきて、その面では安心していますが、直ぐに保温なんて
話になるんでしょうかね

先日、阿古谷産2系統の2本目の菌糸瓶への交換が終わりました
種親は71mm×44mmと先月になった46mm
44mmライン14頭と46mmライン14頭の合計28本の瓶を早いもので8月から
コツコツと交換していました
46mmラインは全部で16頭いますが、1頭は既に1本目の菌糸瓶で蛹化済み
もう1頭は牙が折れていた為、菌糸瓶に潜れず、マット飼育していますので、瓶交換は
14頭となりました

種親が大型ではないので、案の定幼虫も大きくありません、と先に言い訳をしておきます
44mmラインで一番大きかったのは
CIMG1520加工済み
22g・・・
6月24日に1000ccの瓶に投入し、9月6日に2本目の1000cc瓶へ交換。
22gで我が家一番の期待の星です

ちなみに最少は・・・
CIMG1532加工済み
4g・・・
7月10日に200cc瓶へ投入し、9月12日に500cc瓶へ交換。
そもそもこいつは割出した際に、他の幼虫よりも小さく弱々しかった事から、すぐに落ちて
しまうだろうと思い、どうでもよい小さな瓶に投入していました
予想に反して何とか生きながらえ、2本目へと交換になりましたが、案の定極小幼虫でした
2本目でサイズUPと言いたい所ですが、ですし特別期待もしていませんので
出来ればこのまま3本目へと交換せず、来春に羽化してほしいです

結果、20g台1頭、10g台10頭、それ以下3頭


では、次は期待の46mmラインです
こちらの方はアウトラインで期待をしていましたが・・・CIMG1518加工済み
最大で20g・・・
7月4日に1本目へ投入し、9月5日に2本目の850cc瓶へ交換。
2本目の瓶が小さくなってしまった為、先日ブロックを購入し、先程1000ccの瓶へ
菌糸を詰めた所です
様子をみて、1000ccの瓶へ交換予定です。
せめて20g後半までサイズUPする事を期待しています

で、最後は極小2連発です
CIMG1548加工済み
6g 7月14日に450cc瓶へ投入し、9月15日に2本目の500cc瓶へ交換。

CIMG1519加工済み
6gの多分 7月14日に200cc瓶へ投入し、9月6日に2本目の500cc瓶へ交換。
こいつも、割り出し時に弱々しく小さかった為、200ccの瓶へ投入しましたが、2本目の
500ccへ交換した途端、物凄い勢いで菌糸を食べてます
交換してまだ1ヶ月ですが、食痕を見た感じではそろそろ交換の時期が近い感じです
またブロック買わないないといけないのかな・・・
クワガタを始めて以来、クワガタ貧乏気味です

結果、20g台1頭、7g台7頭、それ以下6頭

どちらかというと、46mmのアウトラインの方を期待していましたが、結果は44mmの
インラインの方が全体としては大きかったようです
菌糸瓶への投入時期の違いや、菌糸を何種類か使っていますので、単純な比較は
出来ませんが、私としてはここまでは意外な結果です

と、2本目への交換はこんな感じでした
ヘボブリーダー丸出しですみません
まぁ、あくまでも親種は71mmですから
まだ、能勢YG858ラインが残っています
能勢YGも小さかったら、本当の意味でドヘボブリーダーなんでしょう・・・

先シーズンは森田ゴールドを除いて阿賀町産の5頭しか飼育しませんでしたが、3本目
交換時でも最大で17gだった事を考えれば、28頭の内20g以上が2頭いた事を
成長ととらえますか
と自己満したところで、今回はこれにて失礼します
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。