DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度 羽化報告その③

2016/08/24 23:59
前回の羽化報告から少し間が空いてしまいました。。。
皆さんのブログにもコメ出来ずすみません。
8月上旬は息子との親子旅行、お盆は普通に仕事で、お盆唯一の休日も実家の
農作業の手伝いと、中々気の休まる日がありませんでした。


今回は羽化報告の第3弾です。
最後に最大個体を紹介しようかと思っていましたが、勿体ぶらずに今回、2015年度の
最大個体を紹介したいと思います。

それがこちら
CIMG8735加工済み
CIMG8742加工済み
【NYG15-715 87.6mm 2016年6月30日羽化】

種親 83.2mm(NYG13-509)×49.7mm(NYG14C-520:タケセイヨウさんとのコラボ)
※847系100% ⇒ 2015年7番系統図

  6月27日 1本目 S8
  9月30日 2本目 S8       36.7g
 12月 8日 3本目 S3カンタケ  40.0g
  6月30日 羽化           87.6mm(頭幅29.7mm)

残念ながら、某雑誌に載せてもらえるような個体ではありません
88mmにも届きませんでしたが、私としては大満足のど完品87.6mmです。
右顎だけなら88mmを超えていますが、3点設置で87.6mmとしました。

この個体は3本目へ交換時に40gで、我が家唯一の40gUp幼虫でした。
その40g幼虫が見事に完品羽化してくれました。
頭幅は小さいですが、86mm台の個体と比べるとデカいのが一目瞭然です。

このラインは上記系統図の通り847系100%で、親はタケセイヨウさん
とのコラボラインからの強制早期羽化で、50mmにも満たない個体です。
49.7mmの同腹には羽パカですが、タケセイヨウさんの所で87.5mmが
出ており、期待していたラインでした。
前回紹介した86.0mm(NYG15-607)と85.8mm(NYG15-613)とは異腹という
事から親83.2mmとの組み合わせも良かったのでしょう。
ただ、残念なことに2番手が84.5mm(NYG15-714)と続きませんでした。。。
難しいとは思いますが、この個体から88mmUpを狙いたいと思います。


羽化報告は、次の第4段で最後となります。
もう少し紹介できる個体がいますので、あと1回お付き合い下さい。

スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。