DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年能勢YG血統補強 追加①

2015/03/18 23:59
すっかり春らしくなりましたね~
私の住んでいる地域では、今年の冬は殆ど雪が降ることもなく、このまま春を
迎えられそうです


ブリードの方ですが、現在ブリ部屋は25度前後で落ち着いていますが、
暴れが結構出ていてウンザリしています
まだ菌糸瓶が残っているので菌糸に入れ替えていますが、そろそろはマットに
しようかと考えています。
幸いにも、今の所の暴れが少ないのが救いですが、温度の上げ方を
失敗したっぽいです
がこのまま大人しくしていてくれればいいのですが。。。


今回は、2015年度の補強についてです
前編後編で2頭のを紹介しましたが、強制早期羽化を1頭、私のミスで
★にしてしまった事から、を1頭追加しました。

先月の半クワオフ会の際に、遥々静岡からお土産のうなパイと一緒にハンド
キャリーしてくれました
CIMG6624加工済み
【2015年2月8日受取り】

またまたGrowMayThisさんからです
CIMG6634加工済み
【GrowMayThis様2014年5Yライン G14-5Y02 50.5mm】

同腹で、MAX39gの幼虫が出ているようです
このラインは、daitouさん所有のGullさん2012年4番の83.5mmをGMTさん
所有の銚子オオクワガタ倶楽部さん2013yg14の866系の早期羽化50.0mmに
種付けしたラインです。
系統図はこちらです → 系統図

種親83.5mmはGullさん2012年4番で87Upが2頭出ているスーパーラインで、
種親50.0mmは、GMTさんが銚子オオクワガタ倶楽部さんより幼虫で購入し、
早期羽化させたで866系とのこと。
この早期羽化50.0mmの親は、銚子オオクワさんのご友人がブリードした個体で、
あまりにも成績がよかった事から、大半の個体をご友人から引き受けて銚子オオクワ
さんでブリードしている866系のようです。

決してが足りなかった訳じゃないですが、あまりにもよいだったので、GMTさんに
援軍をお願いしちゃいました
GMTさん、このには飛び切りのを付けますので、デカいのが出た暁には
もらって下さいね

スポンサーサイト

♀取り出し(試し産卵)

2015/03/11 01:34
先週土曜(3月7日)に茨城県の某妻の町でougoさんとプチオフ会をしました。
待ち合わせの居酒屋に先に着いた為、先に座席に案内されると女性の店員さんが
私に向かって 『お久しぶりです』 と・・・。
一瞬 『えっ、どっかで会ったっけ!?』 と思うも思い出せない。。。
『ここに来るの初めてですけど。。。』 と言うと、失笑されてしまいました。
どやらこのお店は、いらっしゃいませ的な事を 『お久しぶりです』 と言うようです
なんて紛らわしい店だ~
※ちなみに、いかがわしいお店ではないですよ♪

その後、ougoさんも到着し、ノンアルで乾杯しクワ話に花を咲かせていると、なんと
タケセイヨウさんから電話が入り、あまりにも絶妙なタイミングに驚いてしまいました。
実は前回の某妻の町でのオフ会時にも、タケさんから電話があり今回もですから、
きっとタケさんの第6感が働いたに違いありません
結局夕方6時半頃から12時頃まで話していましたが話は尽きませんね
ougoさん、先週土曜はお疲れ様でした
またよろしくお願いします
次回はタケさんもお誘いしましょう


前振りが長くなりましたが、今回も前回同様86君の試し産卵についてです
3月5日にを産卵セットに投入した後は、覗かず弄らずを徹底し、予定通り10日に
を産卵セットから取り出しました。
夜中に木を齧っている音が聞こえましたので、期待して開けてみると
CIMG6692加工済み
【2015年3月10日 取り出し 左anchorageak様201381051509 / 右NYG13-221】

左のセットは、見た瞬間ダメだとわかりましたが、右のセットは結構齧ってそうです
を取り出してみると、案の定、左のセットは全く材を齧っていませんでしたが、
右のセットは、材を取り出すと結構どころかかなり齧っていました
CIMG6696加工済み
【2015年3月10日 54.2mm(NYG13-221)のセット】

このまま材をマットに戻すつもりでしたが、悪い病気が発症し、おもわずチョイ割りを
材を埋め戻した痕があった為、慎重に割っていくと、念願のを発見
CIMG6697加工済み
【2015年3月10日 54.2mm(NYG13-221)の卵】

まだ形が細長いですが、見た感じ無精卵ではなさそうです
この卵はプリンカップで管理する事とし、材はマットに埋め戻しました。
孵化するまで安心は出来ませんが、経験上なんとかなりそうです


それにしても、2頭をセットしたのは正解でした。
もし左のセットしか組まなかった場合、再同居させたと思いますので、予定もずれた
ことでしょう
孵化する事を信じ、その瞬間を待ちたいと思います

♀投入(試し産卵)

2015/03/05 23:59
今日は少し風が吹いていましたが、快晴で暖かく、とてもよい日でした

今日は以前から約束していた近所のパパ友さんとエサ皿を一緒に作りました。
機会があればあとでブログで紹介したいと思いますが、エサ皿は自作して
いる方が多いので、工具さえあれば作成自体は大して難しくないですが、
DIYが不得意な私にとっては、本当に作成できるか不安もありました。

実際に作ってみると、難しくはないものの予想していたより労力と時間がかかり、
一度に数は作れないなと思いましたが、かなり簡単に作成できる方法がわかり、
今後は量産出来そうです
ちなみに、そんなの当たり前だよ!って突っ込みが入りそうな事です
今までに自分1人で4個作成し、今日作成したのが8個で、加工済みの木材が
あと28個分ありますので、あとで時間がある時に組み立てたいと思います。


今回のクワネタも前回同様、備忘録を兼ねて試し産卵についてです。
前回の記事で、試し産卵の為の同居の事を書きましたが、殺しもなく予定通りに
同居解除まできました。
で、予定通り本日2頭を産卵セットに投入
CIMG6667加工済み
【2015年3月5日 2頭(anchorageak様201381051509 & NYG13-221)投入】

産卵セットは、小ケースに去年購入したDRさんのクヌギBL規格材【柔目タイプ】
残りを各1本づつに、川口商会マットのシンプルセットです。

同居後は覗かずに放置していましたので、交尾は確認していませんが、とりあえず
2頭ともエサ皿の下で86君と添い寝はしていました。
交尾を確認していないだけに、本当に産むのかかかなり不安ですが、あとは

果報は寝て待て

ですかね

割出しまでドキドキです

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。