DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年能勢YG血統補強 後編

2015/01/21 23:59
大変な事になってしまいましたね。
昨日からニュースで大きく取り上げられているで、皆さんもご存知だと思いますが、
例の動画ですが、なんでこんな事になってしまったのでしょう?
猶予は72時間って、阿部さんはどうするのでしょうか?
個人的な意見を述べるのは自粛しますが、今後の動向は気になる所です。
なんとか良い方向に向かう事を祈るばかりです。


我が家のブリードルームも1月8日に冬温度にしました。
今の所、15度前後ですが、高低差でかなりの温度差が出ていて、低い所だと
11度前後と4度程温度差が出ています。
この温度差を何とか小さくしたい所ですが、我が家のブリードルームはそもそも
玄関横の土間収納庫をブリ部屋にしている為、土間部分はどうしても温度が
低くなりがちで悩みの種です。
しかも土間収納庫の扉に若干隙間があり、隙間風で影響を受けている瓶もあります。
来期に向けて何か対策を考えないと。。。

今回は2015年用補強の後篇です。
兄弟の契りを結んでいるGMTさんことGrowMayThisさんから素晴らしい個体を
飛ばしてもらいました
CIMG6424加工済み
【2014年10月26日着】

GMT家一番星』がやってきました
CIMG6600加工済み
CIMG6428加工済み
【GrowMayThis様2013年3Yライン G13-3Y10 51.8mm】

同腹に85.1mm84.1mmが出ている2013年3Yラインの51.8mmです。
種親はマサレッド様ブリード個体の83.5mm(11NO704)と、GMTさんがマサレッド様
より幼虫(2012年3番)で購入し、強制早期羽化させた52.1mm(G12-9003)です。 
系統図はこちらです  系統図
至る所で大型個体が出てる、マサレッド様とGull様で幼虫をわけた2010年2番の血を
受け継いでいる個体になります。
この個体も86.0mmに付ける予定です。
86.0mmとは全く系統が違いますので、どんな個体が羽化するか楽しみです。

GMTさん、素晴らしいをありがとうございました
来期も大量に幼虫を飛ばしますので、スペース空けておいて下さい


**************************************************************
追記
2015年1月22日14時39分

系統図に誤りがありましたので、修正してリンクを貼り直しました。
ご指摘して頂いた○○さん、ありがとうございました
またお気付きの点がありましたら、ご指摘お願い致します。
スポンサーサイト

強制早期羽化 途中経過

2015/01/14 00:00
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

2015年に入ったというのに、全く新年を迎えた気分がしません。
毎年の事ですが、年末年始もいつものように普通に仕事なので仕方ないですが、
しばらくお正月気分を味わっていません。
おまけに、年末に風邪を引いてしまい、インフルかと心配しましたが幸いにも
インフルではなくて一安心
ただ、風邪が中々抜けず調子が今一でしたが、やっと今週になり調子が戻ってきました。

今年に入ってからは、皆さんのブログも殆ど読み逃げですみませんm(__)m
徐々にコメしに伺わせて頂きます。


今回は、4頭の強制早期羽化の途中経過を備忘録も兼ねて書きたいと思います。
が、いきなり悪い知らせです
ブログを書く前に、1月9日にやっと蛹化した蛹の体重を量ろうと、ボトルから慎重に
出そうとした所、うかつにもポロっと落としてしまい悲惨な事に。。。
あ~、余計な事をしようとしたばかりに・・・
蛹君ごめんなさい

そんな訳で、4頭が3頭になってしまいました。。。
と言いながらも、残り3頭の内1頭は、加温後暴れてしまい強制早期羽化を断念。
常温に戻し3本目に交換した所、交換のショックからか見事に蛹化
このは羽化しても来期は使わないかもしれません。

その他の2頭ですが、無事に2頭とも羽化しました。
まず1頭目は
CIMG6595加工済み
【NYG14C-520 2014年11月21日蛹化 ⇒ 12月25日羽化】

ボトル底に蛹室を作ってしまった為、安全を期して羽化直前にボトルを逆さまに。
まだ掘り出していませんが、不全もなく完品羽化したようです。
2本目へ交換時の体重が12.7gなので、サイズはあまり期待していませんが
小さすぎなければ、来期使おうかと考えています。

最後の1頭は
CIMG6602加工済み
【NYG14-1301 蛹体重 13.1g 2015年1月4日】

蛹室にキノコが生えてきたので、キノコを除去するついでに体重測定すると13.1g
2本目へ交換時が16.1gで蛹体重が13.1gって結構いいサイズですよね!
と喜んだのも束の間、蛹をよ~く見てみると後ろ足が『シェー!!』のポーズに
CIMG6602加工済み2
【NYG14-520】

『げっ、不全かよ!!』と心配したのもなんのその、完品羽化したようです
CIMG6605加工済み
【NYG14-1301 2014年12月8日蛹化 ⇒ 2015年1月11日羽化】

は羽化当日の写真ですが、内翅もきれいに収まり、上翅もきれいに閉じています。
羽化するまでわからないものですね~。
もしかしたら、足に麻痺が残っていたりするかもしれませんが、問題なければ来期
使おうかと考えています。


と、こんな感じですが、それにしても蛹の取り扱いには気を付けないといけませんね
以前にも、蛹をブッ刺した事があり、蛹の扱いには気を付けていましたが。。。
中々前蛹にならず、諦めかけた12月下旬に前蛹を確認、1月9日にやっと蛹化して、
もしかしたら来期使えるかも!と期待していただっただけに残念です。


蛹、弄るべからず!!


皆さんも、お気を付け下さい
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。