FC2ブログ

DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

羽化報告③(最大個体)

2014/08/19 23:59
お盆を過ぎてもまだまだ暑いですね~
夏の暑さもお盆まで!ではないようです

ブログもさぼり気味というか、なんだかやる事が多く忙しい・・・。
何で忙しいのかよくわからないぐらいです

最近、かなりテンションが下がる事があり、本当はお盆中にブログを更新する
予定でしたが今日になってしまいました。。。


今回は、羽化報告の第3弾です
一部のクワ友さんには既に伝えていましたが、我が家でも念願の一発が出ましたので
紹介したいと思います
全く想定外の一発でした

あ~じゃね、こ~じゃね、書こうかと思いましたが、画像にて簡単にさらっといきます
では早速、こちらです
CIMG6095加工済み
CIMG5946加工済み
【NYG13-2102 86.0mm 2014年6月23日羽化】

 種親81.8mm(anchorageak様2011825508)×55.5mm(anchorageak様2011825490)

  7月 9日 1本目 G+T 800瓶へ投入
 10月 8日 2本目 29.4g G+T 1400瓶へ投入
  1月 2日 3本目 33.5g GT866 1500瓶へ投入
  5月24日 蛹化
  6月23日 羽化

今年、86.8mmを出された、anchorageakさんから頂いた里子から、念願の一発
86.0mmが出ました
anchorageakさんのGライン(2013818555)です
このラインの凄い所は、有名ブリーダーさんのブリード個体が血統背景に入って
いない事です  系統図
yasukongさんから、binnonさんとanchorageakさん経由での86mmUpは意義が
あると思います

菌糸は、1本目から3本目まで三階松さんの菌糸を使いました
1本目と2本目は、GブロックとTブロックのミックス、最後の3本目はGT866です
三階松さん、菌糸の事で色々とアドバイスして頂きました〇〇さん、
ありがとうございました

この個体は、全くノーマークで掘るのを忘れていたぐらいです
anchorageakさんの所では、このラインは★が多かったらしく、最大が
81.1mmとのこと
実は、このラインは7頭も里子を頂いていて、7頭中6頭(3頭3頭)が羽化して、
3頭は全て80Upと非常に優秀なラインでした
環境の違いで、これほどの違いが出た事に驚いています。


記録用に蛹室の写真を撮ってみました
中にいるのは、小さく見えますが86君です
CIMG5953加工済み
CIMG5952加工済み
【でぶ1500ガラス瓶(直径135mm×高さ140mm)】

3本目にでぶ1500ガラス瓶を使いました
改めて、蛹室を見てみると、直径135mmを目一杯使っている事がわかります
蛹化した日も、羽化した日も確認していたのに、大きいとは全く気付きませんでした

左上翅に小さなふくらみがありますが、ド完品です
CIMG6008加工済み
【NYG13-2102 86.0mm 2014年6月23日羽化】


最後に、もう1頭、同腹のを紹介します
CIMG5893加工済み
CIMG5898加工済み
【NYG13-2101 82.2mm 2014年6月8日羽化】

 種親81.8mm(anchorageak様2011825508)×55.5mm(anchorageak様2011825490)

  7月 9日 1本目 G+T 800瓶へ投入
 10月 8日 2本目 24.8g G+G+T 1400瓶へ投入
  1月 2日 3本目 27.1g GT866 1400瓶へ投入
  5月11日 蛹化(蛹体重24.6g)
  6月 8日 羽化

この個体は、6月2日のブログで紹介した、足がクロスしていて頭が少し横を向いて
いた蛹君が羽化した個体です ⇒ これ
人工蛹室に移して羽化させたところ、チョロッと内翅が出ちゃいましたが、何とか
完品羽化!?しました(ちなみに、内翅はカットしました)


さらっと、紹介するつもりでしたが、かなりあ~じゃね、こ~じゃね書いちゃいましたね
一発屋にならないよう、今期は最低でも85mmUpを出さないと
里子からじゃなく、自己ブリから出さないとですね


最後に、anchorageakさん、素晴らしい里子をありがとうございました
来年は、この86mmから更に大型を目指します
スポンサーサイト



 | HOME |