DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化報告④(yasukong様ライン)

2014/08/30 00:00
今週はだいぶ涼しくて、かなり過ごしやすいです
夏もそろそろ終わりでしょうか


今回は初めて、予約投稿してみました。
うまく投稿できるかな!?


2本目用の菌糸詰めをやりながら、交換も始めました。
菌糸詰めは毎回憂鬱です
ブロックが溜まり始めました。。。
早く菌糸詰めしないと・・・。

交換したのは、1本目に小さい瓶に投入した幼虫で2ヶ月足らずでの交換なので、
20頭交換して最大は22.2g
小さいですが、2本目で伸びてもらう予定なので気にしません
と言いながらも大きな幼虫が早く見たいです


今回は備忘録として、yasukong様から去年幼虫で購入した2頭の羽化報告を
したいと思います
ちなみに、2頭ともです
では早速こちら
CIMG5983加工済み
【NYG13-1002 52.8mm 2014年5月下旬羽化】

 種親82.3mm(yasukong様1108)×52.1mm(yasukong様1112)

  6月19日 1本目 S3 800瓶へ投入
  9月22日 2本目 17.4g S3 800瓶へ投入
  1月30日 3本目 15.6g S3 800瓶へ投入
  5月上旬 蛹化
  5月下旬 羽化

CIMG5973加工済み
【NYG13-1001 50.7mm 2014年5月下旬羽化】

 種親82.3mm(yasukong様1108)×52.1mm(yasukong様1112)

  6月19日 1本目 S3 800瓶へ投入
  9月22日 2本目 13.1g S3 800瓶へ投入
  1月30日 3本目 13.3g S3 800瓶へ投入
  5月上旬 蛹化
  5月下旬 羽化

特に記事にするようなサイズじゃないですが、2頭とも50Upなので、来期に2頭とも
使う予定です
52.8mmの方は、多分86に付けると思います

2頭ともS3で羽化してますので、エサ慣れに期待です
スポンサーサイト

羽化報告③(最大個体)

2014/08/19 23:59
お盆を過ぎてもまだまだ暑いですね~
夏の暑さもお盆まで!ではないようです

ブログもさぼり気味というか、なんだかやる事が多く忙しい・・・。
何で忙しいのかよくわからないぐらいです

最近、かなりテンションが下がる事があり、本当はお盆中にブログを更新する
予定でしたが今日になってしまいました。。。


今回は、羽化報告の第3弾です
一部のクワ友さんには既に伝えていましたが、我が家でも念願の一発が出ましたので
紹介したいと思います
全く想定外の一発でした

あ~じゃね、こ~じゃね、書こうかと思いましたが、画像にて簡単にさらっといきます
では早速、こちらです
CIMG6095加工済み
CIMG5946加工済み
【NYG13-2102 86.0mm 2014年6月23日羽化】

 種親81.8mm(anchorageak様2011825508)×55.5mm(anchorageak様2011825490)

  7月 9日 1本目 G+T 800瓶へ投入
 10月 8日 2本目 29.4g G+T 1400瓶へ投入
  1月 2日 3本目 33.5g GT866 1500瓶へ投入
  5月24日 蛹化
  6月23日 羽化

今年、86.8mmを出された、anchorageakさんから頂いた里子から、念願の一発
86.0mmが出ました
anchorageakさんのGライン(2013818555)です
このラインの凄い所は、有名ブリーダーさんのブリード個体が血統背景に入って
いない事です  系統図
yasukongさんから、binnonさんとanchorageakさん経由での86mmUpは意義が
あると思います

菌糸は、1本目から3本目まで三階松さんの菌糸を使いました
1本目と2本目は、GブロックとTブロックのミックス、最後の3本目はGT866です
三階松さん、菌糸の事で色々とアドバイスして頂きました〇〇さん、
ありがとうございました

この個体は、全くノーマークで掘るのを忘れていたぐらいです
anchorageakさんの所では、このラインは★が多かったらしく、最大が
81.1mmとのこと
実は、このラインは7頭も里子を頂いていて、7頭中6頭(3頭3頭)が羽化して、
3頭は全て80Upと非常に優秀なラインでした
環境の違いで、これほどの違いが出た事に驚いています。


記録用に蛹室の写真を撮ってみました
中にいるのは、小さく見えますが86君です
CIMG5953加工済み
CIMG5952加工済み
【でぶ1500ガラス瓶(直径135mm×高さ140mm)】

3本目にでぶ1500ガラス瓶を使いました
改めて、蛹室を見てみると、直径135mmを目一杯使っている事がわかります
蛹化した日も、羽化した日も確認していたのに、大きいとは全く気付きませんでした

左上翅に小さなふくらみがありますが、ド完品です
CIMG6008加工済み
【NYG13-2102 86.0mm 2014年6月23日羽化】


最後に、もう1頭、同腹のを紹介します
CIMG5893加工済み
CIMG5898加工済み
【NYG13-2101 82.2mm 2014年6月8日羽化】

 種親81.8mm(anchorageak様2011825508)×55.5mm(anchorageak様2011825490)

  7月 9日 1本目 G+T 800瓶へ投入
 10月 8日 2本目 24.8g G+G+T 1400瓶へ投入
  1月 2日 3本目 27.1g GT866 1400瓶へ投入
  5月11日 蛹化(蛹体重24.6g)
  6月 8日 羽化

この個体は、6月2日のブログで紹介した、足がクロスしていて頭が少し横を向いて
いた蛹君が羽化した個体です ⇒ これ
人工蛹室に移して羽化させたところ、チョロッと内翅が出ちゃいましたが、何とか
完品羽化!?しました(ちなみに、内翅はカットしました)


さらっと、紹介するつもりでしたが、かなりあ~じゃね、こ~じゃね書いちゃいましたね
一発屋にならないよう、今期は最低でも85mmUpを出さないと
里子からじゃなく、自己ブリから出さないとですね


最後に、anchorageakさん、素晴らしい里子をありがとうございました
来年は、この86mmから更に大型を目指します

東西対決!

2014/08/01 02:43
いや~っ、暑いですね
熱帯夜です
節電の為、エアコンを消して扇風機で我慢しながらブログ更新です


既に、桑名鷹さんがブログで発表していますが、東西対決(団体戦)を行う事に
なりました。
東西対決と言っても、何の事だかわかりませんよね!?
要は、オオクワガタのサイズを東西のクワバカ12名で競い合う品評会!?の
ようなものです。
あ~じゃね、こ~じゃね、言い合うかどうかはわかりませんが、下記のような
ルールで対決する事になりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(東)半クワ倶楽部 VS (西)関西大鍬形研鑚会
交流戦(団体戦)ルール概要

競技対象

2015年羽化国産オオクワガタの体長
※計測方法は、ビークワが定める方法に準ずるものとする。
・自己ブリードライン
・初2令幼虫で入手したライン
※3令幼虫で入手したラインは、対象外とする。もちろん成虫入手も不可とする。


対戦方法

・各チーム上位5名のブリーダーの各最大個体をエントリーする
(事例)
Aさん 86.5mm、86.2mm
Bさん 86.0mm、85.0mm
Cさん 85.5mm、84.9mm
Dさん 83.4mm、83.0mm
Eさん 82.5mm、81.8mm
Fさん 82.0mm、81.0mm

上記の場合は、Aさん86.5mm、Bさん86.0mm、Cさん85.5mm、Dさん83.4mm、
Eさん82.5mmの順位で出場個体が登録されることとなる。

各チームの1位個体の勝敗~5位個体の勝敗 計5回戦で、3勝以上した
チームが勝利となる。
同サイズがかち合うと、引き分けの場合もある。

※但し、出場登録個体は、同一チーム内では同腹個体を含まないものとする。
これは、仲間内で良血個体を相互飼育し、血統の力だけでチームの勝敗が
決定されてしまっては、面白味が無くなる事を排除する為である。

血統の組み合わせ(プロデュース力)と飼育技術の両方を競い合い、東西双方の
ブリーダーの交流を深めつつも、互いのチームの看板をかけての熱い戦いと
なることでしょう!


出場者(ブリーダー)登録 : 2014年7月31日までとする。

各チーム6名
団体戦への出場は、5名ですので双方のチームにおいては、トップ5へ入る熾烈な
戦いがすでにスタートしています。


出場者(ブリーダー)

(西)関西大鍬形研鑚会
 アプロさん
 gatchさん
 シナンジュ改さん
 てばきちさん
 mindさん
 桑名鷹さん(代表)

(東)半クワ倶楽部
 タケセイヨウさん
 mustarさん
 GrowMayThisさん
 ougoさん
 インディアンさん
 トシクワ(代表) ← いつの間にか代表になってました(汗)


勝利チームの特典

特別に考えてません。
勝った負けたとワイワイ言い合えるのが面白いかと思います(笑)


結果発表について

2015年7月下旬頃を予定
発表方法などの詳細は、まだ決まっておりません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鷹さんの文章完コピです
鷹さん、サーセン

サイズを競い合う事で、お互い切磋琢磨でき、尚且つ東西の交流が深まる!?
という訳です
ただ、来年の今頃は悔しい思いをしている人がいる事でしょう



だいぶ長くなりましたが、最後に次回のブログの予告です
CIMG6009加工済み
【NYG13-2102 2014年6月23日羽化】

グリーンさんの真似をして、6歳の息子の手の平に載せてみました
詳細は次回に
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。