DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化報告(川西産編)

2013/08/30 23:59
もうすぐ8月も終わりですね
あつ~い夏が終わるかと思うとホッとしますが、今日一日は暑かったですね
まだまだ暑い日は続くのでしょうか

最近は、今頃になって夏バテしたのか、疲れがとれず何もする気がおきません
みなさんのブログも読み逃げばかりですみません
とは言っても、そろそろ2本目の菌糸も詰めないといけないので、25日の夜に
神長さんのS3を7ブロック、S3Mを5ブロックの合計12ブロック詰めました
6時間かかったものの、久しぶりの菌糸詰めだった為か、一気に詰められました
予定ではあと44ブロック詰める予定ですので、詰め詰めの本番はこれからですね
気合を入れて詰めないと

そう言えば、前回のブログで8月11日のオフ会の事を記事にするのをすっかり
忘れていました
既にタケセイヨウさんGrowMayThisさんのブログでオフ会の事が書いてありますが、
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました
気の合った仲間とクワ談義出来るのは最高ですね
タケセイヨウさん、Growさん、またよろしくお願いしま~す


だいぶ遅くなりましたが、今回は川西産の羽化報告をしたいと思います
まずはこちら
CIMG4514加工済み
CIMG4347加工済み
【川西産 KGG82-1204 80.5mm 2013年6月13日羽化】

なんとか我が家でも80Upを出す事が出来ました
顎が太く、川西産らしいがっしりした個体です
今時、80Upなんて全然大きくありませんが、自己ブリラインから80Upが出せて
一安心しました
しかも、このラインは種親が70.0mm×46.0mmですから、種親を1cmも
上回る事が出来ました
流石大型血統ですね
いくら大型血統と言っても、正直、80Upが出るとは思いませんでした

実は、川西産はもう1頭80Upが出ました
CIMG4535加工済み
CIMG4358加工済み
【川西産 KDG77SP-1202 80.3mm 2013年6月11日羽化】

こちらの個体は、Gゴールド82系統の80.5mmほど顎は太くないですが、スマートで
顎が長めです

の方も、我が家ではそこそこ大きいのが出ています

 ・Gゴールド82系統直仔
  KGG82-1218   53.6mm 2013年6月2日羽化

 ・Dゴールド77SP系統直仔
  KDG77SP-1205 54.3mm 2013年6月5日羽化

Dゴールドラインは、が比較的大きいのばかりで、11頭の内10頭が50Upです
大した事ないですが、管理表を更新しましたので、興味のある方はご覧下さい

実は、来期から能勢YG1本で行く事にしましたので、Gゴールドラインの80.5mmと
上記の2頭は、タケセイヨウさんのプレ企画に当選したgatchさんに貰って頂きました
手塩にかけて育てた仔達ですので、gatchさん、よろしくお願いします


川西産は顎先が内側に丸まっている個体が多い為、能勢YGや久留米ほどサイズは
出ませんが、川西産は川西産なりのカッコよさがありますね
ってそんな事を言っていたら、既にご存じの方もいると思いますが、川西産でギネス
越えの87.7mmが奈良輪収容所の囚人1号さんの所で出たようですね
*すみません勝手にリンクを貼らせて頂きました
川西産でギネス越えの87.7mmって凄いですね
しかも幼虫時最大体重が48gの蛹が、今まさに羽化しようとしているとの事で、もし
完品羽化したら、どれぐらいのサイズになるか興味津々です
いきなり90Upか~
川西産の時代到来でしょうか
スポンサーサイト

羽化報告(能勢YG本家ライン編)

2013/08/18 23:59
またまたブログをサボっていました

それにしても毎日暑い日が続きますね
いつまでこの暑さが続くのやら・・・

今日はプールに行こうか、ショッピングセンターに行こうか、妻と話していると、
妻は先日プールに息子と行ってきたばかりで、日焼けで肌がヒリヒリ痛いとかで、
プールは勘弁してほしいと
息子は、ゲーセンで遊びたいので、ショッピングセンターがいいと
という訳で、外は暑いのでショッピングセンターに行こうかと思いましたが、息子にゲーム
ばかりやらせるのもどうしたものかと思い、考えていると急に「あゆの名所のやな」を
思いだし、急遽、栃木県茂木町にある「大瀬観光やな」へ行く事に
家から車で1時間半ぐらいの所にこんな所があります
DSC_0049加工済み
【栃木県茂木町 大瀬観光やな】

竹で組んだ「やな」に上がった魚を捕まえる事ができ、子供も楽しめたようです
食事処もそばにあり、あゆの塩焼きを食べてきました
ゲームばかりじゃなく、たまにはこういうのもいいですよね


では、いつものクワネタです
今回は本家より去年幼虫で譲って頂いた本家ラインの4頭の羽化報告です
幸運にも4頭全て羽化しましたが、大きいのは出ませんでした
こんなサイズでブログに載せる事をお許し下さい
では早速こちらから
CIMG4310加工済み
【NYG12-303 79.2mm 2013年6月10日羽化】

この仔は瓶底に蛹室を作ってしまった為、人工蛹室に移して羽化させました
蛹体重が21.1gでしたので、やはり80には届きませんでした
ただ、この仔を見て頂ければわかると思いますが、顎ずれがあり、前胸背板(ぜんきょう
はいばん)が少しいびつな形をしています
お尻は出ていなく、羽も綺麗に閉じている事を考えれば、人工蛹室に移して羽化
させたのは正解だったかもしれません

反対に、もう1頭のはこんな感じです
CIMG4396加工済み
【NYG12-304 78.8mm 2013年7月上旬羽化】

この仔も、瓶底に蛹室を作りましたが、人工蛹室には移さず、瓶を逆さにして羽化
させた所、見事に羽パカに
当初は羽が出ていて、出ている羽が水膨れになっていた為、針で水分を出して、
羽が乾いた後に羽を切りました
可愛そうかな!?とも思いましたが、羽を切ったら見た目がだいぶ良くなりました
この仔も人工蛹室に移して羽化させればよかったと後悔しています

あと2頭はで、大したサイズじゃないので写真なしです

 ・NYG12-301 50.3mm 2013年6月3日羽化】
 ・NYG12-302 49.3mm 2013年6月2日羽化】

50.3mmの方は、掘り出した際に、ピクリとも動かず羽化後に死亡したものと
思いショックを受けていると、微かに触角が動いたのに気付きました
しばらく様子を見ていると、徐々に動き出し、今では全く問題ないように見えます
このも瓶底に蛹室を作った為、瓶を逆さにして羽化させ、しばらくそのままにして
いた為、酸欠で仮死状態になっていたのかな
よくわかりません。。。
来年の種親として使う予定ですので、産卵まで落ちずにいる事を願うばかりです

この仔達には来年活躍してもらう予定ですが、羽パカ君はどうしましょう
多分使う予定はないので、どうしたらいいものか悩む所です

着弾3連発 最終回(久留米幼虫編)

2013/08/07 00:00
やっと、幼虫の着弾記事の最終回を迎える事ができました
ブログを毎日更新するって大変ですね
たかが4日連ちゃんでしたが、燃えつきました
この後はしばらく更新しないかもしれません・・・・
あっ、羽化報告もやらなくちゃ
この後もコツコツとブログ更新頑張ります


では、本題の久留米幼虫の援軍の紹介です
まずはじめはこちら
CIMG4062加工済み
【2013年6月18日着 久留米 2ライン計6頭】

こちらもGMTさんからの援軍です
ライン詳細は

 ・GMT様 久留米 2013年2K番  3頭
  83.5mm(クマモン様11年1A) × 54.5mm(クマモン様11年2C)

 ・GMT様 久留米 2013年5K番  3頭
  83.5mm(クマモン様11年1A) × 52.0mm(shima様2011年8番)


両ラインともクマモン様の2011年1Aラインの83.5mmを使っていて、2K番ラインは
が54.5mmとデカいので楽しみです
5K番ラインは、shima様からの52.0mmの兄弟に85.7mmが出ているようなので、
こちらも楽しみなラインです

その他に、上部写真右下に移っている巷で噂のFe3+も頂きました
菌糸を詰める際に、菌糸にかけて詰めると幼虫がデカくなるという都市伝説もあるとか
幼虫がデカくなるかどうかはわかりませんが、菌の周りが早くなり、菌糸の劣化予防にも
なるというような話ですので、2本目の菌糸を詰める際に使ってみたいと思います


そして、最後の援軍幼虫のおおとりは
CIMG4188加工済み
【2013年7月6日着 久留米 1ライン3頭】

チョネさんからの超強力な援軍です
ライン詳細は

 ・チョネ様 久留米 2013年1番  3頭
  82.0mm(メルリン様2011年10番)×52.0mm(マツノインセクト様2011年8番)

実は、この幼虫はチョネさんが去年開催したプレ企画に当選して頂いた幼虫です
プレ企画Cの当選品で、種親82.0mmはメルリン様2011年10番で、同腹に
86.6mmが出ている超スーパーラインです
また52.0mmの方は久留米と言ったらマツノ久留米というほど有名な、マツノ
インセクト様からで、同腹で86mmが出ているこれまた凄いラインです
種親とも同腹で86Upが出ているラインなだけに否応なしに期待してしまいます


GMTさん、チョネさんこの度はありがとうございました
久留米は数は少ないですが、少数精鋭で頑張ります


実は、幼虫じゃないですが、こんなよい物も届いていました
CIMG3883加工済み
【2013年5月28日着 TP 800ccSP-EX 10本】

実は、こちらもチョネさんの追加プレ企画の当選品です
ターニングポイント様からの協賛品で、TPオオヒラ800ccボトル10本です
今期の飼育数が多くなる事を見越して応募した所、見事に当選
スタンダードの『ST-EX』か、添加量がスタンダードの1.5倍の『SP-EX』が選べる
との事で、迷わず添加の強い『SP-EX』をお願いしました
喰えない幼虫もいるかもしれませんが、1本目でどのくらい大きくなるか楽しみです
ボトルをお願いした際に、ゼリーや飼育ケースも一緒にお願いました


ターニングポイント様、この度はありがとうございました
丁寧な対応にも感謝しております


これでやっと全ての幼虫の紹介が終わりました
近々、2013年度の幼虫管理表も載せたいと思います
4日間お付合いありがとうございました
次回は大した事ありませんが、2012年度の羽化報告をしたいと思います

着弾3連発 第2回目(能勢YG援軍幼虫編パート2)

2013/08/05 23:59
なんとか今日中にブログ更新ができそうです
3日・4日・5日と3連発いけました


今回は前回のブログに載せきれなかった、能勢YGの援軍幼虫編のパート2です
パート2と言っても、能勢YG編は最後です
約1ヶ月前の事ですが、またまた凄い幼虫が届いておりました
CIMG4169加工済み
【2013年7月1日着 能勢YG 2ライン計5頭】

こちらはブログリンクさせて頂いているju_tsuさんからの超強力な援軍幼虫です
ライン詳細は


 ・ju_tsu様 能勢YG 847系 2013年A1ライン  幼虫3頭
  種親82.5mm(ワイドカウ様871同腹) × 52.8mm(ワイドカウ様871同腹)
 
 ・ju_tsu様 能勢YG 80系  2013年A2ライン  幼虫2頭
  種親82.5mm(ワイドカウ様871同腹) × 51.0mm(Gull様2011年7番)


両ラインともワイドカウ様のギネス871の同腹兄弟82.5mmを使ったラインで
インラインとアウトラインになります
871同腹インラインもかなり楽しみですが、アウトラインはアベレージが84Upの
Gull様2011年7番の51.0mmを使ったラインでこちらも超楽しみなラインです
超強力な幼虫に大きく出来るかちょっとプレッシャーです
貴重な幼虫ですので、まずは全頭完品羽化させられるよう頑張りたいと思います


そして能勢YG援軍幼虫編の最後を飾るのは、こちらです
CIMG4315加工済み
【2013年7月20日着 能勢YG 847系 1頭】

兄弟の契りを結んだGrowMayThisさんからの援軍幼虫です
詳細は

 ・GMT様 能勢YG 847系 2013年6Y番ライン  幼虫1頭
  種親83.5mm(マサレッド様2011年7番) × 51.5mm(GMT様2012年13番)
  *51.5mmは早期羽化

我が家のGull様2011年9番♀51.5mmとコラボしたGMTさん所有マサレッド様
2011年7番83.5mmに、あのワイドカウ様ギネス871のインライン直仔を早期羽化
させてペアリングし、GMTさんが粘りに粘って採った超貴重な幼虫です
GMTさん曰く『今期、871直仔を使っているのは私だけでしょう、ワッハッハ』と
なんとも豪快なGMTさんです
なんとも凄すぎるラインの幼虫にこちらも無事に完品羽化させられるかプレッシャーです


ju_tsuさん、GMTさん、この度は貴重な幼虫をありがとうございました
とりあえずは、完品羽化させられるよう頑張ります


明日の夜は、援軍幼虫の最後の久留米編です

着弾3連発 第2回目(能勢YG援軍幼虫編パート1)

2013/08/04 02:30
こんな時間になってしまいましたがお約束通り、着弾連発2回目です


今回は能勢YGの援軍幼虫についてです
購入幼虫の他に超強力な援軍も複数届いておりました
まずはこちらから
CIMG4164加工済み
【2013年7月1日着 能勢YG 6ライン計12頭】

こちらは去年も里子を頂きましたanchorageakさんからです
今年もanchorageakさんのご厚意で幼虫を12頭も里子に頂きました
ライン詳細は


 ①能勢YG 80系  Gライン  幼虫7頭
   種親81.8mm(2011825508) × 55.5mm(2011825490)
   *親55.5mmはanchorageakさんが去年作出した86.6と同腹です

 ②能勢YG 80系  Hライン  幼虫1頭
   種親80.8mm(2011866537) × 55.0mm(2011825490)
   *親80.8mmは、binnon様が本家86.6に種付けしてもらったラインの幼虫を
    anchorageakさんが羽化させたで、親55.0mmはこちらもanchorageak
    さんが去年作出した86.6と同腹です

 ③能勢YG 80系  Lライン  幼虫1頭
   種親83.0mm(2011825490) × 55.0mm(2011825515)
   *親83.0mmは、こちらもanchorageakさんが去年作出した86.6と同腹です

 ④能勢YG 847系 Wライン  幼虫2頭
   種親81.0mm(2011866533(1101)) × 51.5mm(2011866533(1101))
   *anchorageakさんが本家より補強した1101ペアで、866のインライン
    直仔になります
    本家が今期の種親の補欠としていたペアを譲って頂いた楽しみなラインです
 
 ⑤能勢YG 80系  Yライン  幼虫1頭
   種親81.0mm(2011866533(1101)) × 49.5mm(2012810505)
   *親81.0は本家の1101ラインで、49.5はanchorageakさんの
    2012年度早期羽化です


以上、5ラインも里子に頂きました
anchorageakさんのラインは、幼虫体重に対して、羽化サイズが大きく去年里子に
頂いた幼虫
も30gUpはいなかったものの、2頭80Upが出ております
残念ながら12頭頂いた内の2頭が既に★になってしまいましたが、どれも楽しみな
ラインです

anchorageakさん、今年もありがとうございました
今年以上に大きな個体が出せるよう頑張りたいと思います


細々と書いていたら、だいぶ遅い時間になってしまったので、今回の能勢YGの援軍
幼虫編はパート1とし、残りの援軍幼虫をパート2として次回紹介したいと思います
3連発と言っていましたが、4連発になってしまいました
果たして最後まで続くかな

着弾3連発 第1回目(補強幼虫編)

2013/08/03 00:17
約10日ぶりの更新です

まずはじめに、前回の記事のコメ返が遅くなりすみません
皆さんのブログも読み逃げばかりですみません
雑用が多く、また今頃新成虫の掘り出しをしていたりで大忙しです
やっと全ての幼虫を1本目に投入し終わって一息付けると思いましたが、
またまた大忙しです
早く2本目の菌糸の予約も入れないといけないし、早く新成虫を掘り出して、
種親以外を整理しないと、2本目の菌糸を培養するスペースがありません
毎日何かしらやっていて、最近ブリードが仕事のようになっています
ブログの方も補強幼虫や援軍幼虫、羽化報告など全く追いついていません


と愚痴っても仕方ないので、気合を入れて、今夜から3夜連続で補強と援軍幼虫の
紹介をしたいと思います
まず第1回目は、補強幼虫編です
では早速、いつものようにこちらから
CIMG4040加工済み
【2013年6月16日着】

もうだいぶ前ですが、こんなものが届いていました
中身はこちらです
CIMG4043加工済み
【Dorcus Tiga様 能勢YG 4ライン計10頭】

Dorcus Tiga様から4ライン合計10頭もの幼虫を補強させて頂きました
当初の予定では2ラインの予定でしたが、4ラインに

ライン詳細は

 ・Tiga様 能勢YG847系 2013年4番ライン  幼虫2頭
  種親82.0mm(本家1001ライン) × 52.5mm(Gull様2011年9番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2013年5番ライン  幼虫2頭
  種親83.2mm(Gull様2011年7番) × 53.0mm(Gull様2011年7番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2012年5番ライン  幼虫3頭
  種親82.6mm(Tiga様2010年12番) × 53.5mm(マサレッド様2010年5番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2012年7番ライン  幼虫3頭
  種親82.5mm(Gull様2010年2番) × 52.5mm(Tiga様2010年8番)

この中で、一番の注目ラインは何と言っても2013年5番のGull様2011年7番
インラインでしょうか
最大86.1mmでアベレージが84Upという驚異的なラインのそれもインラインです
から、期待しない訳ありません

また、2013年4番の847系のラインも楽しみです
Tiga様が本家より譲って頂いた幼虫(866直仔)が羽化したのがこのラインの
82.0mmで、52.5mmはGull様2011年9番の866同腹直仔で、去年私が
Gull様より譲って頂いた866同腹直仔♀51.5mmと姉妹になります
847系と言っても、866系の血しか入っていないラインですので、楽しみなラインです

2012年5番は2年目ラインで、今年Tiga様の所で83.3mmが羽化しています

2012年7番も2年目ラインで、82.5mmはGull様2010年2番の優良ラインからで、
同腹兄弟にマサレッド様と半分にわけた幼虫から85.1mmが出ています
Gull様2011年7番が、この2010年2番の早期羽化を使用したラインですので、
楽しみなラインです

残念ながら、既に1頭★になってしまいましたが、残りの9頭がどのような成長を
見せてくれるか非常に楽しみです


では明日の夜は、着弾3連発の2回目(能勢YG援軍編)です
もし更新できなかったらさーせん


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。