DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能勢YG羽化第1号!

2012/05/31 01:14
4月29日に蛹化した我が家唯一の能勢YGのちゃんが5月26日に羽化しました
CIMG2492加工済み
【NYG1103】

  7月27日 1本目 MGクヌギ1400へ投入
  4日29日 蛹化
  5月26日 羽化

実はこのちゃんは、菌糸瓶1本返しなんです
なので、1回も瓶交換してないので、大きさも測った事がなく、大きいのか小さいのか
わかりません

1本目投入時に、なんとなくちゃんかな?と思っていましたが、期待を込めて
1本目から1400瓶へ投入
その後、ちゃんだとわかりましたが、あまり食痕もなく1ヵ所に留まって菌糸を食べて
いた為、菌糸の劣化もなかった事から1本返しする事にしました

瓶底に蛹室を作った為、念には念を入れて、瓶を逆さにして角度を調整
羽化不全はないかと思いますが、掘り出すまでは安心できません
唯一の能勢YGのちゃんですので、なんとか不全なく羽化している事を祈ります
来月中旬頃にでも掘り出したいと思います


話は変わって、今度は君ですが、実はこちらも既に4月27日に蛹化した事を確認して
いましたが、こちらも瓶底に蛹室を作っていました
それもベッタリと体を瓶底につけて
CIMG2481加工済み
【NYG1101】

先日のちゃんの事故の事もあり、掘り出すのは気が進みませんでしたが、意を決して
人工蛹室に移す事に

慎重には慎重に少しずつホリホリ、ホリホリ
なんとかうまく掘り出すことに成功
CIMG2483加工済み

調子にのって、先日購入したおニューの0.1g単位で測れるデジタルスケールにて計測
CIMG2485加工済み

蛹君が変な方向を向いてしまいましたが、気にせず
19.7gでした
80は超えそうもありませんが、どのくらいのサイズで羽化しそうですかね?
種親が77.2mmですので、種親越えはしてもらいたいですが厳しいですかね

この後、慎重に人工蛹室へ移動
CIMG2487加工済み

1400のボトル人工蛹室ですが、観察しやすい上に使いやすくいい感じです
オアシスで自作するのもいいですが、このボトル人工蛹室はあと2、3個欲しです

あと1頭君(NYG1102)がいますが、この君は瓶側面に全く姿を見せていない為、
状態が不明でしたが、瓶を持った際に蛹が動く振動を5月5日に確認しています
蛹室を内部に作ってしまった為、掘出すのは安全を期して早くても6月下旬ですかね
またぶっ刺したらトラウマになりそうですから

今回は、久々に沢山写真を載せてしまいました
YGネタの際は、ブログを書くのにも力が入ります
だいぶ長くなってきましたので、とりあえず今回はこの辺で
スポンサーサイト

脱走兵!!

2012/05/25 02:25
5月18日の事です

我が家では、クワカブを玄関の土間で飼育しています
いつものようにクワカブの様子を見る為に土間の引き戸を開けると、なんとオオクワガタの
ちゃんがトコトコと地面を歩いているではないですか
我が家初の脱走兵です

幸いにも、すぐに捕獲出来ましたが、すぐに頭をよぎったのは、いったいどのちゃんだろうと
まず、サイズを測ってみると46mm
確か、我が家にいるちゃんで46mmと言えば、川西Gゴールド82と阿賀町産ののみ

すぐに身元が判明しました
身元は川西Gゴールド82のちゃんでした
このちゃんは、産卵セットに入っているはずでしたが、ダイソー米びつケースの蓋を
こじ開け脱走しておりました

4月24日に産卵セットに投入し、5月8日のエサ替え時にはセット内にいる事を確認
していましたので、その後の脱走になります
産卵木を見るとカビが生えており、しばらく齧った様子がありません
5月8日のエサ替え時に卵は確認していましたが、心配になり思わずチョイ割り敢行
CIMG2442加工済み
間違いなく産んでいる事が確認でき一安心

チョイ割りと言いながら、割り出すと止まりませんね
全割りしそうでしたが、思いとどまり、産卵木を戻しました
CIMG2443加工済み
下の木の左上は私がチョイ割りした所です
出来るだけ幼虫で割出して、即菌糸瓶に入れたいので、本割出しまでもう少し我慢です

チョイ割りで、幼虫2頭と卵3個ゲット
CIMG2445加工済み
卵は、既に3個中2個が孵化済みで、残りの1個も近々孵化しそうです

5月13日のブログでも、能勢産で卵を割出した事を紹介しましたが、割り出した卵7個
全てが既に孵化しています
卵で割出すのは抵抗がありましたが、卵で割出しても結構孵化するものですね
たまたまですかね

それにしても、ほんと幼虫を見るまでは安心できませんね
Gゴールド82は種親が70mm×46mmと小さいですが、大型血統なので、
どこまでサイズが伸ばせるか楽しみです
80は無理でも、80に近いサイズは出したいですね
仮に小さいのばかりだったとしても、種親が小さいからと言い訳もできますし
来年の今頃はどんなサイズが出ているでしょうか

Dead or Alive 大宮2012へ参戦!!

2012/05/22 01:24
本題に入る前に、ついにかっさん主催の合同プレ企画の応募が始まりました
凄い数の協賛品です
私も応募予定ですが、何にしようか超迷います
たいした協賛品ではありませんが、私もアチェ産スマトラヒラタのニョロを5頭協賛させて
頂きましたので、興味がある方は是非


**********************************************************************************

では、早速今回のブログです
3月10日の大宮KUWATAフェスティバルに味を占めて、またまたイベントに参戦してきました
今回のイベントは5月20日(日)に大宮ソニックシティにて開催された「Dead or Alive 大宮」

今回は、友人と友人の小学生の子供2人と私と私の息子1人の計5人での参戦
KUWATAとの違いは、出店数と入場料
中学生以上が300円の為、子供たちは無料
KUWATAよりは規模は小さいと聞いてはいたものの、KUWATAで大分味を占めた私の
期待は高まるばかり

いざ出陣と気合を入れて参戦しましたが、感想から言えばKUWATAと比べるとあまりの
出店数の少なさに大分物足りなさを感じてしまいました
友人はオオクワガタを飼育していますが、このようなクワカブのイベントに初めて参戦した為、
興味津々でしたが、友人が一番喰い付いたのは、南米産の巨大なゴキちゃん
巨大なゴキブリを初めてみた為、顔をしかめながらも色々と質問していました
買うつもりが全くないのに・・・

私のお目当ては、タランドゥスのがいれば、金額次第では購入しようかと考えていましたが、
単品での販売はなく、あえなく撃沈
かわりにこんなものをゲット
CIMG2469加工済み
成虫管理用マット×2袋と人工蛹室とミニ飼育ケース+ゼリー詰め放題

ゼリーは先日、KBファームさんより大量に購入した為、必要なかったのですが、息子が
ゼリー詰め放題に挑戦したいとの事で、仕方なく購入
ミニケースに仕切りを入れた状態で、ゼリーを詰めて蓋が閉まればOKとの事
どうせ、詰められる数はたかがしれているだろうと息子に適当に詰めさせ、最後は私
自らが微調整し、なんとか蓋をして詰め放題終了
まぁ、イベントですから、こういうのも子供にとっては必要ですよね

1時間もいないで会場を後にしました
その後は、本日メインのイオンへ
ゲーセンでのカードゲームが楽しかったのか、帰宅後に息子に「今日は何が楽しかった?」
と聞くと「ゲーム」との事・・・。
クワカブの事はすっかり忘れているようでした

KUWATAと比べると出店数が少なかった為、幾分消化不良ですが、これに懲りずまた
近くでイベントがあったら参加したいと思います
その時も、帰りはイオンになるのかな

あっ、忘れていましたが、帰宅後ゼリーの数を数えた所、なんと51個
CIMG2470加工済み
16g×45個・30g×5個・60g1個ですから、結構詰めましたかね
ミニケース付きで250円でしたから、お買い得だったかな

予想に反して!!

2012/05/16 23:58
我が家で一番期待していたタランドゥス君が羽化していました

前回のタランドゥスの記事で、5頭の内4頭は完品羽化した事をお伝えしましたが、
残りの君は、瓶越しに姿を見せなくなってからしばらく経つ為、生死不明な状態
3本目瓶は2Lのブローボトルを使用していますが、空気穴が小さい為、暴れて酸欠に
なって落ちているかもしれないと半ば諦めていました
他の4頭が羽化した事から、もし生きていればこの君も既に羽化しているかも
しれないと、僅かな望みを持って14日にホジホジしてみました

先日の能勢YGのちゃんの事故の教訓も元に、慎重に少しずつホジホジ
すると、こんなんでました~
CIMG2402加工済み
【TRD1102】

なんと生きてましたよ~
てっきり落ちているものだと思ってましたが、わからないものですね

既に羽化済みの他のより明らかにデカいです
3本目交換時に36gですから、もしかしたら80越えかと期待して掘り出してみましたが、
全然80には及びませんでした
CIMG2412加工済み
【TRD1102】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 30g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(1500cc)へ投入
  2月 5日 3本目 36g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(2000cc)へ投入
  5月14日 掘出し => 羽化確認

75mm
80越えを期待していましたが、そんなに甘くなかったようです

蛹化前に大暴れして、ダイエットしてから蛹化したのでしょう
瓶の交換タイミングを見逃してしまったのが痛かったですね
最初からそんなにうまくいく訳ないので、初回飼育としては5頭全て羽化させる事が
出来たという事でよしとします

それにしても、タランドゥスはカッコいいですね
特にこの君は、他の君より顎も長く、胴体がぶっとく迫力があります
CIMG2406加工済み
80を超えるタランドゥスなんてもっと凄いんでしょうね

他の2頭のが61mmと70mmですから、累代はこの75mm君で決定です
80越えという目標もできましたし、累代するのが今から楽しみです
とにかく、この君が無事に羽化していてよかったです


気分を変えて、いいネタを!

2012/05/13 00:14
前回のブログでは沢山の励ましのコメントありがとうございました
YGの事故は非常に残念でしたが、今後の教訓として掘り出しの際はくれぐれも
気を付けたいと思います
みなさんも掘出しの際は、くれぐれもご注意下さい


では、今回のブログは気分を変えて、いいネタをお送りします
と最初に言ってしまったので、オチがわかってしまうネタですが、お付合い下さい

4月26日のブログで紹介した能勢産ですが、4月24日に組んだ産卵セットの様子を
2週間後の5月8日に餌替えついでに確認してみました
この能勢産は、10頭程度幼虫が採れればいいので、実験的に菌糸の白い部分が
多く残っている菌糸瓶のお古と、クヌギ材1本の変則セットで組んでみました

菌糸瓶のお古に誘導穴を開けて、47mmを挿入
CIMG2299加工済み
2週間後の様子はと言うと・・・
CIMG2360加工済み
ゼリーは完食していましたが、材はあまり齧っていないような・・・
菌糸瓶のお古の方には潜ったようで、だいぶ掘り進んだ痕がありが中にいました。
ただ産んでいるかは全くわかりません
産んでいるか心配になり、思わず材の方を試し割りしてしまいました

すると予想に反して、卵発見
CIMG2373加工済み
上の写真の2卵は比較的いい色をしていますが、他の卵は茶色がかっていて
孵化する様子なし
もしかして無精卵かと心配になり、思わず7卵も割り出してしまいました
CIMG2375加工済み
半分割出した所で、材をマットに埋め戻し、卵を濡れティッシュをしいたプリンカップに
入れました

どうせ孵化しないだろうと、再ペアリングする事に
5月10日より75mmと再同居させていましたが、仲良くしている様子なし
どうしたらいいものかと考えていましたが、ふとプリンカップの卵が気になって覗いてみると、
なんと孵化してるじゃないですか
CIMG2387加工済み
【能勢産3頭 5月12日孵化】

今季初オオクワ幼虫ゲットです
7卵の内、3卵が無事に孵化しました
悪い事ばかりじゃないですね

クヌギ材の方にもまだ卵がある可能性もあり、また菌糸瓶のお古にも産んでる可能性が
ある事から、再同居を解除して単独飼育に戻しました

とりあえず、今期もオオクワ飼育が出来る事になりホッとしました
あとは他のラインが産んでいるかですね

悲しい出来事が・・・。

2012/05/09 21:37
今回は、久しぶりに我が家の貴重な能勢YG血統についてです

去年の8月10日のブログで紹介しましたが、我が家には4頭の能勢YG君達がいます
yasukong様から直接譲って頂いた訳ではありませんが、yasukong様のお住いの近くに
住まわれている大変信頼できる方から、幼虫4頭を譲って頂きました
種親(77.2mm × 48.3mm)は大型ではありませんが、我が家の貴重な
血統として大切に飼育しています

今日は仕事が休みで、出掛けようかと考えていましたが、午後3時過ぎから雨が降る
予報でしたので家でのんびりしていました
こんな日はクワ弄りに尽きると以前から気になっていたちゃんの瓶をホリホリして
みる事にしました

最後の瓶交換は、去年の11月29日で2本目瓶交換時のサイズが11g
このまま2本返しでと考えていましたが、瓶越しに姿を見せなくなってからしばらく経つ為、
生死不明状態
落ちているか、生きていれば既に羽化しているかと思いながらも、まだ幼虫だった場合を
考え、次の瓶も用意していました

菌糸と瓶の間に隙間もできていて、菌糸も柔らかくザクザクと掘り進める状態
食痕が瓶底にあり、瓶上部は菌糸の白い部分のみだった為、いるなら瓶底だろうと、
ザクザク掘り進むと、急に掘っていた感覚がサクッと
あれっ、こんな上にいたんだ!」と覗いてみると、なんと蛹化状態
よ~く見ると、お腹から体液が出てるじゃないですか~
勢い余って、お腹をスプーンで刺してしまいました
CIMG2371加工済み
【NYG104】

あ~っ! なんて事をしてしまったんだ!』としばらく呆然
後悔先に絶たず】とは全くこの事です
蛹ちゃんは全く動きません
写真を撮るのも気が進みませんでしたが、今後の悪い教訓として1枚撮り、そのまま
そっと蓋をしました

思い込みってダメですよね。。。
ホリホリする前に、瓶を少し振ってみましたが、蛹の振動もなく、成虫になっていると
勘違いしてました
おまけに、食痕が瓶底にあるから、上部にはいないだろう!と掘り方が適当になっていました
職場では「思い込みはミスの元」と日頃から注意しているのに・・・。
の2で、うまくいけば、来春には2ライン行けるかと楽しみにしていましたが

ちなみに、その他のYG君達は
CIMG2303加工済み
【NYG1101】

 4月27日に蛹化

CIMG2317加工済み
【NYG1103】

ちゃん 4月29日蛹化

もう1頭の君(NYG1102)も瓶越しに姿が見えませんが、瓶を持ち上げると蛹が動く
振動がありますので、蛹化しているようです

あまりの落ち込みように、妻も驚いていましたが、落ち込む姿が反対に笑えたようです
しばらく立ち直れそうにありません・・・

2012年度初割り出し!

2012/05/09 00:48
2012年初の割出しを5月5日のこどもの日に行いました
初割出しは、3月18日に産卵セットを組んだワイルドのアチェ産スマトラヒラタ
5月3日のブログにも書きましたように、産んでいる事は確認していましたが、どのくらい
産んでいるかドキドキの割出し

スマトラヒラタはマット産みとの話ですが、産卵木にも産むとの事から細めのクヌギ材も
2本入れていましたが、産卵木には全く産んでいませんでした
加水し過ぎたのか、手で割る事が出来るくらいとても柔らかい状態で、お気に召さなかった
ようです

産卵木を取り除き、コバシャ中ケースを引っくり返すと、とりあえず4頭の幼虫を確認
CIMG2341加工済み
果たして何頭の幼虫君がいるのかな~

慎重に割出していくと、こんなヤツが
CIMG2346加工済み
孵化して数日後と思われる、ど初令の幼虫君を発見

ちょっと割出すのが早過ぎたかな?と思いながらも後には引けず、引き続き割出していくと
今度は、2令に脱皮したばかりの真っ白な幼虫君が
CIMG2350加工済み
まだお尻に皮が残っています
脱皮したばかりの真っ白な幼虫を見たのは初めてだったので、ちょっとだけ感動
頭の先からお尻の先まで、本当に真っ白でした

もう1頭2令に脱皮したばかりの幼虫君がいたりと、どうも割出すタイミングが悪かったようです
あと1週間ぐらい待てば、これらの幼虫君達も落ち着いていたんでしょうね

それにしても、マットの割出しは産卵木と違い楽のなんの
あっという間に割出し終了 結果は
CIMG2351加工済み
写真には14頭しかいませんが、後片付け前にもう1度マットを調べてみるともう2頭発見
合計16頭の幼虫をゲットしました
まだ幼虫君がいるかもしれないので、マットは捨てずにもうしばらく保管する事にしました

ちょっとだけ爆産を期待していましたが、飼育するにはちょうどいい頭数ですかね
とりあえず、8頭は菌糸に投入し、残りの8頭はプリンカップにマットを詰めたものに
入れて様子見です

ど初令幼虫と、脱皮したばかりの2令幼虫が無事に成長してくれるか心配ですが、
もし落ちずにいたら、かっつさんのプレ企画に協賛したいと思います

かっさん、勝手にプレ企画のリンクを貼ってしまいましたが、もし問題あるようでしたら
お知らせ下さい 4,5頭協賛出来ればと考えています
協賛するのは今回初めてなので、粗相がないように気を付けます








完品羽化!!

2012/05/05 00:32
先月の事ですが、4月18日のブログで人工蛹室に移動したタランドゥスの事を
紹介しましたが、4月22日に無事に羽化しました

タランドゥスの羽化の様子が見たくて4月18日に人工蛹室に強制的に移動して
もらいましたが、4月21日には大分色付いてきていました
CIMG2225加工済み
【TRD1105】

羽化間近と思っていた所、4月22日に変身
CIMG2229加工済み
【4月22日 10時20分】

既にテカッています
まだ頭が持ち上がっていない状態で、翅を伸ばして乾かしています
15時頃には頭も持ち上がりいい感じです
その後、しばらくすると翅も収まり、完品羽化に
CIMG2242加工済み
【4月22日 18時11分】

さすがタランドゥス、テカり具合がたまりません
ただサイズは小さく、顎の長さも思っていた程長くない割に、胴体がデカくちょっと
不格好な感じです

4月24日には体もだいぶ黒くなり、タランドゥス特有のエナメル質な感じが
出てきました
CIMG2284加工済み
【4月24日 19時18分】

蛹になるまで大型のちゃんだと思っていたぐらいなのでサイズは・・・。
少し早いかと思いましたが、4月30日に計測してみました
CIMG2306加工済み
【TRD1105】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 16g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(1000cc)へ投入
  2月 5日 3本目 20g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(1500cc)へ投入
  3月18日 蛹化
  4月22日 羽化

結果は、なんとか60は越えたものの61mm
まぁ、3本目菌糸瓶交換時に20gですから、こんなものでしょうか
とりあえず、完品羽化したのでよしとしましょう

これで5頭の内4頭は無事に羽化しましたが、問題は最後の
3本目瓶交換時に36gの一番期待していた君は、瓶越しに姿を見せなくなって
からしばらく経ちます
多分、死亡している可能性が高いでしょう
近々ホリホリしてみようと思います



産んでましたよ~^^

2012/05/03 00:48
3月18日に産卵セットを組んだちゃんが産んでくれましたよ~
と言っても、スマトラオオヒラタですけど

2012年初の産卵セットはオオクワではなく、3月10日に大宮KUWATAフェスタで
購入したワイルドのアチェ産スマトラヒラタ
ワイルドの為、追い掛けもせずに産卵セットに投入

2週間後に餌替えついでに産卵セットを覗いてみると、全く産んでいる気配がなく、
4月1日のブログで「あ~っ、ショック! 」と叫んでしまいましたが、少し温度を上げて
放置していた所、産んでくれましたよ~
CIMG2256加工済み
温度を上げたのがよかったのか本当の所はちゃんに聞いてみないとわかりませんが、
4月22日にケースを確認した所、ケース越しに計2頭の幼虫を発見

ちゃんは相当お腹が減っていたのか、入れておいたゼリーが全て空に
幼虫の捕食を避ける為、ちゃんは産卵セットから移動しました

最低でも2頭は確保と思いながらも、2頭ではあまりにも寂し過ぎる
きっと、まだ孵化していない幼虫もいるだろうと思い、さらに様子見していました
すると、先日もう2頭の幼虫をケース越しに確認
最低でも4頭はゲットんです

そろそろ割出してもいいかな?と思いながらも、先月27日にツメツメした菌糸瓶が
使えるようになるまでには、もう少し時間がかかりそう・・・
そんな訳で、まだ割り出しせずに指をくわえています

今週末辺りに割出し+1本目瓶に投入予定ですが、2ブロックしか詰めていないので、
もし爆産していたら大変な事に
瓶10本とプリカ2個しか用意していません
その時はその時という事で

とりあえず、2012年の出だしは良好のようです
オオクワ君達が続いてくれるかな~
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。