DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度オオクワ種親紹介その⑤

2012/04/30 21:24
今回は、種親紹介の最終回です

今回の種親は去年の5月18日のブログで羽化の様子を紹介した新潟県阿賀町産の
オオクワ君です
CIMG2283加工済み
【新潟県阿賀町産 69mm】

この君は、オクで2010年10月に幼虫で購入し、初めて羽化させた記念すべき
第1号君です
小型ですが、全体のバランスがよく気に入っています

レア産地な上に、種親も大型ではなく、特に特徴もないオオクワ君ですが、自己ブリ
じゃないにしても、初めて羽化させた個体ですので、少しだけ幼虫をとる事にしました

初めてのオオクワ飼育で、なぜ阿賀町産を選んだのか全く覚えていませんが、多分、
レアな産地物であれば、産地偽装とかないだろうとの考えだったと思います
今から思えば、種親が大きくて、もっと有名産地のオオクワを選べばよかったかな

ペアの相手は、同腹の46mmちゃんです
他のペア同様、4月15日から22日まで同居させて、24日に産卵セットに投入しています
CIMG2297加工済み
少しだけ幼虫が採れればいいので、小ケースに細目のクヌギ材1本のセットにしました

調子こいて5セットも組んでしまいましたが、産卵木の加水時間や陰干し時間、マットの
加水等、かなり適当ですので本当に産んでくれるかハラハラドキドキです
毎夜毎夜、齧っていないかと飼育スペースに聞き耳を立てています
既に菌糸ブロックも8ブロック購入済みですので、これでスカだったら・・・。

5回に渡り、私のショボイ種親紹介にお付合い下さりありがとうございました
爆産じゃなくても、累代出来るぐらい幼虫がとれればな~
スポンサーサイト

2012年度オオクワ種親紹介その④

2012/04/26 22:41
種親紹介の第4弾です

今回は2011年6月27日のブログで紹介した、頂き物のオオクワ
母親が親戚からもらってきたオオクワですが、産地も累代も何もわからず、産卵は
どうしようかと考えていました
先日、何年かぶりにその親戚と話す機会があり、産地が判明

その親戚は14,5年前からクワガタ飼育をしているらしく、ピーク時には400~500頭は
飼育していたとか・・・
現在はクワガタ熱も大分冷めてきて、数も少なくなってきたようですが、飼育してきた
中でもお気に入りのオオクワを今でも細々と飼育しているとか
そのお気に入りの累代物のオオクワを頂いた訳ですが、その産地物は
CIMG2274加工済み
【能勢産 75mm】

能勢とか久留米かな~?なんて思っていましたが、YG血統ではありませんが
能勢産」との事です
このはとにかく横幅があり、顎も太く、がっちりした体形をしています
気持ち、顎の形状がYGに似ているような・・・
欠点は、しいて言えば、右上翅にピンホールがある事ぐらいですが、交尾には全く
支障がないので問題なしですね

も47mmと我が家では最大ですので、累代することにしました
このも横幅があり、森田Dゴールド77SPの47mmと同サイズながらも、明らかに
この能勢産のの方が太いです

他のペア同様、4月15日から22日まで同居させており、既に24日にちゃんを
産卵セットに投入しちゃいました
果たして、ちゃんと産んでくれるかな~

2012年度オオクワ種親紹介その③

2012/04/24 01:52
種親紹介も今回で第3弾

この子も大型ではありませんが、綺麗な目をしています
CIMG2270加工済み
【岐阜県養老産 レッドアイ73mm】

色物好きの私は赤眼にも手を出していました
種親は2011年6月にオクで入手
入手した際に、1度だけブログに記事を載せましたが、やっと出番が周ってきました

見ての通り羽パカですが、綺麗な赤眼をしています
CIMG1255加工済み
この子の特徴は、もちろんこの赤眼ですが、個人的には顎が細くシャープな所が、
他の産地のオオクワガタと違い、特徴が出ていて気に入っています

本当かどうかわかりませんが、一説によると、養老産のオオクワガタは標高の高い
所に生息している為、顎の発達が弱く顎の細い個体になるとか・・・
本当なのかな? もし違っていたらすみません
たまたま、この子の顎が細いだけかもしれませんしね

不全の個体はあまりブリーディングには使わないようですが、この子を購入した当時は
そんな事もしらず、交尾さえ出来れば問題ないだろうと思い入手
羽パカの個体を使うのは若干抵抗がありますが、とりあえずやってみて、あまりにも
子達に不全が多いようなら考えようかと
不全がない種親でも、不全の個体は出ますしね

種親は同腹赤眼の45mm
もう1頭、同腹で36mmぐらいのちっこいのがいますが、この子は産卵させるか
考えている所です
少しでも産卵させて、将来クロス?させるとか
どうしましょう

ペアリングは今月15日から開始しており、22日に同居は解除しています
ちゃんとラブラブ出来たのかな~?
達には単独でたっぷりと餌を食べてもらっていますので、今週中には産卵セットに
投入予定出来そうです
採れすぎても困りますが、どれくらい幼虫が採れるか楽しみです

2012年度オオクワ種親紹介その②

2012/04/21 01:38
今回は、前回に引き続き2012年度のオオクワガタの種親紹介の第2弾です
前回、我が家のエース(森田Dゴールド77SP 75mm)を紹介したので、その他は
大した個体がいませんが、お付合い下さい

種親紹介第2弾は
CIMG2223加工済み
【森田Gゴールド82 70mm】

この子も2011年3月にDゴールド77SPの3令ペアと一緒に森田氏より直接譲って頂いた
個体になります
70mmと小型ですが、全体のバランスはDゴールド77SPよりいいかもしれません
この子の親もDゴールド77SP同様82mm×52mmと大型ですので、期待の
持てる血統かと
でも、いくら血統がよくても飼育技術を上げないと80オーバーは無理ですよね

この写真は、我ながらうまく撮れたと自画自賛しています
もしかしたら、この写真を見て、どこかでこんな写真見た事あるなんて思いました
写真がうまく撮れない為、現ギネス様の写真を参考にさせて頂きました
決してパクリではありません
正真正銘、私が撮った写真ですが、背景とクワのポジションを参考にさせて頂きました
写真だけでもギネス様に近付きたくて
もし問題があるようでしたら、誰か突っ込んで下さい


追記(2012/04/23)

種親の情報を載せ忘れていました
種親は同腹Gゴールド82系統の46mm
70mm×46mmでどこまでサイズが伸ばせるかな
楽しみです 

2012年度オオクワ種親紹介その①

2012/04/19 01:16
久々の連続投稿です

2012年度のオオクワガタの種親をさらっと紹介します
大した種親じゃないんですけどね

まずは、第1弾として我が家メインの森田ゴールドから
今回の種親君は
CIMG2209加工済み
【森田Dゴールド77SP 75mm】

この子は、2011年3月に3令ペアで森田氏より直接譲って頂いた個体になります
75mmと大型ではありませんが、お恥ずかしい話、我が家のエース
この子は、とにかく横幅があり、がっしりした体型をしています
この子の親は82mm×52mmと大型ですので、この子もきっと大型の血を受け
継いでいるはずと期待しています

この君のお嫁さんは同血統の47mmのちゃんです
ちゃんも大型ではありませんが、君が75mmですから、サイズ的にはいい感じでしょう

15日(日)から同居させていますが、ラブラブはまだ目視確認できていません
エサ皿の下には君がいるだけで、添い寝も確認できていない状況です
大丈夫なのかな~?

本当は、能勢YGや久留米もやりたかったのですが、来シーズンですかね

目標は、あくまでも80オーバーですが、果たして
ちょっと無理っぽいかな

人工蛹室!

2012/04/18 23:45
今日は人工蛹室をオアシスで作成してみました
というのも、実は掘り出したい奴がいまして

で、人工蛹室を適当に作成後、掘っちゃいました
CIMG2215加工済み
【TRD1105】

メソトプス・タランドゥス君です
この君は、蛹化するまでてっきりちゃんだと思うぐらい小さな幼虫でした

2月5日のブログで紹介した、小さい方の幼虫で、3本目瓶交換時の体重が20g
なら期待できるサイズだと楽しみにしていましたが、蛹化後にである事が判明
小さい君が確定しました

4月9日のブログで紹介した通り、70mmの君が完品羽化していますので、不全等の
心配もありましたが、羽化の瞬間を目撃したく、この小さな君を掘出しちゃいました
蛹化が3月18日ですので、来週には羽化するかもしれません
若干、色気付いてきております
初めてタランドゥスの蛹を間近で見ましたが、顎の太さが印象的です
小型の為、顎がもう少し短いかと思っていましたが、中々いい感じではないでしょうか?

早速、人工蛹室に入れてみました
CIMG2217加工済み
味噌が入っていたプラケースに、加水したオアシス人工蛹室を入れました

子供にも羽化する瞬間を見せたくて、人工蛹室に移動したのもありますので
タイミングよく羽化の瞬間が目撃できればと
ちょうど嫁が帰ってきたので、嫁にも見せましたが、ウネウネと動く蛹君を見て「変なの
見せないでよ~! 今夜眠れないじゃないの~!」と激怒していました
まぁ、その反応が見たくて見せたんですけどね

来週が楽しみです



最終マット交換!

2012/04/16 00:33
今回は11月6日のブログを最後に更新の滞っていた国産カブトについてです

更新が滞っていたので、とりあえず、飼育履歴から

  8月21日 地元の雑木林でカブトを採集
  8月22日 適当に混ぜ混ぜして作った産卵セットにを投入
 10月 1日 割出し(24頭の幼虫)&菌糸カスミックスマットへ投入
 10月29日 マット交換(24頭生存確認)
 12月11日 マット交換(24頭生存確認)
 
ブログでは10月29日のマット交換までの事しか書いていませんが、実は12月11日にも
マット交換を行っていました
写真を撮るのを忘れてしまった為、ブログには記事をUPしていませんでした

冬場は餌の喰いが悪くなる為、しばらく放置していましたが、3月に入り最後の
マット交換をやらなきゃ!と思いながらも中々最終マット交換が出来ないでいると、
飼育ケースはこんな感じに
CIMG2123加工済み
流石にこれではマズイですよね
そこで、4月7日に最終マット交換を行いました
4ヶ月近くも放置していたので、何頭か落ちているかと思いきや、24頭全頭生存を確認
カブトは本当に丈夫ですね
放っておいても問題ないので飼育が超楽ちんです

国産カブトはサイズは特に気にしていませんでしたが、どのくらいの重さがあるのか
測ってみました
サイズだけでを判別した所、15頭・9頭
の最大は
CIMG2155加工済み
35g
これって大きいんですかね
よくわかりませんが、どのくらいのサイズで羽化するのか楽しみです

飼育スペースの関係で、大きな飼育ケースが使えず、中ケース2個とダイソー米びつ
5個とガラス瓶2本に24頭を投入
CIMG2161加工済み
ガラス瓶は写真に写っていませんが、適当にを判別して、ケース内が混み
合わないように分けて入れてみましたが、十分混み合っていますよね
まぁ、細かい事は気にしないで、あとは羽化するのを待つだけです

タランドゥス♀のお引越し!

2012/04/11 23:47
少し前の話ですが、2月下旬に羽化したタランドゥスちゃん達を4月3日に
飼育ケースへ引っ越ししました

まず、2月26日に羽化したちゃんを掘出してみました
CIMG2115加工済み
【TRD1103】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 19g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(1200cc)へ投入
  1月24日 蛹化
  2月26日 羽化

3月21日のブログで紹介した、3月16日に掘り出したちゃん(TRD1101)と
ほぼ同じサイズの49mm
欲を言えば、50mmに行ってほしかったですが、こちらも完品羽化ですので
満足です
それにしても、タランドゥスは横幅がある分デカく見えます
おまけに、テカテカボディーがたまりません

2頭とも羽化から1ヶ月以上経っている為、飼育ケースに入ってもらいました
CIMG2122加工済み
左【TRD1103】 右【TRD1101】

ほぼ同じサイズな為、飼育ケースに張り紙をしておかないと、どっちがどっちだか
わからなくなります
今回初めて、マットに水苔を使用してみました
加水する前は、こんなカラカラなものに加水しても使えるの?なんて思って
いましたが、加水してみると中々いい感じです

とりあえず、も前回のブログで紹介したように完品羽化しましたので産卵は
出来そうですが、果たしてちゃんと幼虫が採れるかが問題ですかね

タランドゥス♂掘り出し!

2012/04/09 00:06
3月24日に羽化したタランドゥスを7日に掘り出してみました
羽化から2週間、早く見たくてうずうずしていましたが、見たいのをぐっと我慢して
ある程度固まるのを待っていました
羽化から2週間も経てばお尻も収まっているだろうと思い、遂に掘り出し決行
蛹室からは、顎の一部しか見えていなかった為、羽化不全がないかと心配して
いましたが、掘出したその姿は完品でした
CIMG2136加工済み
【TRD1104】

一瞬、おっと思ったのも束の間、ある事に気付きました。。。
タランドゥスは横幅がある為、一瞬デカいと思いましたが、取り出してみると、
予想していたよりサイズが・・・
ノギスをあててみましたが、猫背でうまく測れず、計測は今回は断念
ざっと測った感じでは70mmぐらいでしょうか
予想では、もう少し大きいかと思っていましたが、蛹化前の暴れでダイエットして
しまったようです

12月19日の2本目瓶への交換時に28gでしたので、もう少し大きくなるかと
思っていましたが、3本目瓶へ交換するタイミングを逃し、蛹化へ
大きくする事が出来ませんでした

そうは言っても、タランドゥス初羽化ですから
サイズはともかく、嬉しくない訳でもありません
エナメル質の黒光り感がたまりません
手に取って記念撮影
CIMG2141加工済み
まだあまり動きがよくなかった為、蛹室に戻しました
もう少し暖かくなってきたら、取り出して再計測&飼育ケースにお引越ししたいと
思います

エサ皿ゲッツ!!

2012/04/07 02:12
少し前に、エサ皿をロイヤルホームセンターのペット館で買ってきました
CIMG2070加工済み
16gのゼリー用(右側)と18gのゼリー用(左)の2つです

右側のエサ皿はペアリング用に大きめのを探していた為、16gゼリー2個タイプの
比較的大きめのを選んで買ってきました
これでラブラブしてくれるでしょう

もう一つの18g用(左側)のはエサ皿というか、のぼり木として売られていたものですが、
我が家の暴れん坊君用に買ってきました
CIMG2091加工済み
【スマトラヒラタ アチェ産 WILD 82mm】

先月のKUWATAで買ったスマトラヒラタ君です
普通の小さなエサ皿では引っくり返してエサが食べれなくなってしまう為、大きくて
それなりに重量のあるエサ皿を探していた所、丁度いいエサ皿がみつかりました
ミニケースにピッタリでこれならエサ皿も引っくり返せないだろうと思いきや、
この暴れん坊君はやってくれます
エサ皿を入れた数日後には、エサ皿を器用にクルクルと回転させてゼリーが真下に
まぁ、エサが食べれなくてひもじい思いをするのはあなたですから、罰としてしばらく
放置です

ぴったりケースにハマっていたと思っていましたが、それを動かしてしまうのですから
凄い力です
きっと挟まれたらシャレにならないんでしょうね
気を付けなければ
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。