DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬出来ずに☆に・・・。

2012/03/30 00:57
今回も前回に引き続き国産のオオクワのネタです
ネタと言うか悲しい出来事ですが。。。

少し前の事ですが、3月14日に越冬しているオオクワガタの飼育ケースを確認すると
ペア(65mm・40mm)が☆に・・・・
CIMG2097加工済み
このペアは会社の人から2009年11月に頂いたペアで、クワカブ飼育を始める
きっかけとなったペアです
2009年8月に羽化したとの話なので、約2年半生きた事になります
今回が3回目の越冬になる為、もしかしたらと思っていましたが、案の定☆に

会社の人はあまり産地を気にしない方だった為、産地は不明
2010年の7月に初めて産卵セットを組んだものの、今から思えばどうしようもない
いい加減な産卵セットだった為、見事にスカ
ろくに調べもせず産卵セットを組んだ為、当然と言えば当然でしょう
今では考えられませんが、産卵木も入れず、その代りにフジコンのバイオくち木なる
ものをセットしたのですから、無知もいい所でした

2010年の夏に子供の為に地元の山にクワガタ採集に行った事で、本格的にクワカブ
飼育に目覚めた為、ネットであれやこれやとオオクワガタの事を調べれば調べるほど、
産地もののオオクワガタに興味が湧き、このペアは結局再度産卵セットは組まずに
余生を過ごしてもらいました
エサ交換だけで、大して飼育らしい飼育もせず放置状態で問題ありませんでしたが、
さすがに3回目の冬は越えられなかったようです

在りし日の君です
CIMG1208加工済み
この君はいつもゼリーに顎刺ししてもがいていました
この君を初めて見た時は、65mmでしたがこんなに大きいの見た事がないよ!と
衝撃を受けたものです
丁重に埋葬したいと思います
クワカブ飼育に導いてくれてありがとう~
スポンサーサイト

久し振りのオオクワネタ!

2012/03/26 23:59
最近は、外産クワカブのネタがメインとなっていましたが、そもそもブログを始めた
きっかけはオオクワガタ
そんな訳で、ちょっと浮気がちでしたが、今回は本命のオオクワガタのネタです
と言っても、今回は大したネタではないので、備忘録的な感じになります事を
お許し下さい

では早速ですが、本日、オオクワガタ阿古谷産の46mmライン1頭と44mmライン
1頭の計2頭の瓶交換を行いました
殆どの幼虫は最終瓶に交換済みで、あとは羽化するのを待つばかりですが、マット飼育
している幼虫がいまして、その2頭の交換を行いました。
瓶の状態はというと
CIMG2082加工済み
左【AKO1120】 右【AKG1110】

ちなみに2頭ともちゃんです
上の写真を見て『おやおや!』と思われる方がいるかと思いますが、そうなんです、実は
右の瓶(AKG1110)はマットではなく菌糸で、幼虫が大暴れした結果、菌糸の白い部分が
全く無くなってしまいました

暴れに暴れて蛹化するかと思いきや、中々蛹化する気配がない・・・
ちゃんだし、多少ダイエットしてもいいや!と思って、しばらく放置していましたが
いつになっても蛹化せず、ワンダリングし続けておりました
実は、前回の瓶交換が去年の8月28日ですから、ちょっと放置し過ぎてしまいましたね
菌糸も乾燥気味になってきた事から、安全を見てマット飼育にする事にしました

かなりダイエットしているかと思いきや
CIMG2085加工済み
【AKG1110】

前回交換時(8月28日)が9gでしたので、1g増です
月夜野さんのきのこMATを500瓶に詰めて、投入しました
体も黄色くなっていますので、このまま蛹化してくれるといいのですが・・・

で、もう1頭の左側の瓶(AKO1120)は正真正銘のマット瓶です
この子は割出し時に右の牙が折れていた為、菌糸瓶に潜れず、仕方なくこの子のみ
マット飼育しておりました。
おまけに温室にも入れず、常温飼育していた為、結果は・・・
CIMG2088加工済み
【AKO1120】

前回交換時(11月10日)が6gで、今回も6g
この子は、まだ体が白いので、もう少し成長が見込めるかもしれません
月夜野さんのきのこMATを800瓶に詰めた瓶に投入し、他の幼虫達と一緒に、温度の
安定しているビニール温室に入れました
この子の羽化は来年かな~?

タランドゥス♂羽化第1号!

2012/03/24 23:52
前回のブログはタランドゥスのの事を紹介しましたが、今回は野郎達についてです

今日宿直明けで自宅に帰ると、2月15日に蛹化したタランドゥスが羽化していました
CIMG2064加工済み
【TRD1104】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 28g ディ・キャッツ カワラ菌糸ブロックを詰め替えた瓶(2300cc)へ投入
  2月15日 蛹化
  3月24日 羽化

蛹化から38日目にしての羽化となりました
上の写真は本日11時ごろの写真です
ちょっとわかりずらいですが、まだ頭は持ち上がっていないように見えます
恐らく羽を伸ばして乾かしている所だと思います

もう1枚写真を夜9時頃に撮りました
CIMG2072加工済み
【TRD1104】

頭も持ち上がったようで、辛うじて右顎が見えます
この君はご覧の通り、蛹室を瓶中央に向かって作ってしまった為、頭しか見えず、
そもそも完品羽化しているのかわかりません。。。
もちろん、サイズも大きいのか小さいのかわかりません。。。
去年の12月19日に2本目に交換した時点での重さは28g
蛹化前に多少は暴れたものの、大暴れではなかった為、タランドゥス初羽化ですので
75mmぐらいいっていれば満足ですが、果たして・・・

ちなみにこの君の瓶はこんな感じです
これって、結構暴れた方なんですかね?
CIMG2073加工済み
【TRD1104】

瓶の裏側も暴れた痕がありますが、菌糸の白い部分は4割ぐらいは残っています
3本目の瓶も用意していましたが、交換するタイミングを逃してしまいました
まぁ、とりあえず無事羽化したようなので、よしとしますか
これで羽パカだったりしたら笑って下さい

孵化から約6ヶ月での羽化となりましたが、タランドゥスは羽化するまでの期間が短く
結果が早く出るので楽しいですね
メインはオオクワと言っておきながら、タランドゥスの飼育にハマりそうです

話は変わって、もう1頭の君ですが、この子は2月5日に3本目瓶に交換しましたが、
現在は全く姿を見せず、生きているのかも不明です
CIMG2076加工済み
【TRD1102】

暴れた後に蛹化するかな?と思っていたら姿を見せなくなりました・・・
この子は、3本目交換時の重さが36gと、我が家では一番の期待の星ですので、何とか
羽化してもらいたいですが、もしかすると既に☆になっているかも・・・
居食いしていて、中に蛹室を作っている可能性もありますので、しばらくは様子を
見るしかないですね

タランドゥス♀掘り出し!

2012/03/21 00:35
2月29日に羽化したタランドゥスを3月16日に掘り出してみました

本当ならこのより先に2月26日に羽化したちゃんと一緒に、羽化から1ヶ月後ぐらいに
掘り出す予定でしたが、瓶の中の様子を覗くと裏返っていて全く動かない・・・。
瓶を逆さにしても動かない・・・。
『まさか!酸欠!』と急遽掘り出すことに

蛹化前に散々暴れた為、サクサク瓶底まで掘れました
で、蛹室内を覗いてみると
死んだかと、早とちりでした
CIMG2024加工済み
【TRD1101】
  9月20日 孵化
 10月 2日 カワラプリンカップに投入
 10月25日 1本目 ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(800cc)へ投入
 12月19日 2本目 18g ディ・キャッツ カワラ菌糸瓶(1200cc)へ投入
  1月28日 蛹化
  2月29日 羽化

不全もなく完品羽化です
約5ヶ月でのスピード羽化
これって早いのかな
よくわかりません・・・。

なのでサイズは求めていませんでしたが、5ヶ月で羽化した割にはなんかデカそう
早速、手に乗せてみると『なんかデッカイな~!
CIMG2025加工済み
【TRD1101】

タランドゥスは横幅がある為、サイズはなくてもデカく見えます
エナメル質なテカテカボディにしばらく見入ってしまいました

サイズはというと
CIMG2029加工済み
【TRD1101】

羽化後、半月ですが限りなく50mmに近いかも
多少縮む事も考え、とりあえず49mmとします
計測後、元いた菌糸瓶に戻しました
もう少し経ってから再計測してみたいと思います
あとは、君が無事に羽化する事を願うばかりです


2012年産卵セット第1弾!

2012/03/18 23:59
3日連続のブログ更新です

一昨日のブログにて紹介したスマトラヒラタ・アチェ産WILDのを先ほど
産卵セットに投入しました
CIMG2036加工済み
2012年初の産卵セットです
WILDの為、ペアリングなしに投入

セット内容は、コバシャ中ケースに月夜野さんのきのこMATを半分以上固めに詰め、
オオクワキングさんのクヌギ材を2本入れてみました
ヒラタはマット産みの為、産卵木は入れなくてもよかったのですが、産卵木の具合を
見る為と春に控えているオオクワの産卵セットの練習を兼ねて入れてみました。
もし材に産まなくても、マットに埋めるようマットは深めに固く詰めました

WILDはいつあの世に行ってしまうかわからない為、早目に産卵セットを組もうと思い、
産卵木の加水は約12時間で陰干し約9時間とちょっといい加減な感じに
材が細目なので、加水は12時間で多分大丈夫でしょう
ビニール温室で24度ぐらいで様子を見たいと思います

この内容であればきっと爆卵です
と言いつつも、爆卵されても飼育スペースと懐的に困りますので、ちょっと早目ですが
4月中には割出ししようかと思います
約1年ぶりに産卵セットを組んでみましたが、果たして結果は

もしスカだったらみなさん笑って下さい

戦利品その②

2012/03/17 23:58
今回は3月10日3月12日のブログで紹介した、大宮KUWATAフェスタにて購入した
スマトラヒラタペアに引き続き、もう一つの戦利品に関してです

では早速、それはこちら
CIMG1994加工済み
ヘラクレス・ヘラクレス グアドループ産 CBF1 初令3頭】

以前から、気になっていたヘラクレス・ヘラクレスです
初外産カブトになります
お店の人の話では、種親♂は141mmとの事

外産カブトは飼育スペースを取る上に、マット飼育となる為、クワガタ飼育がメインな私の
飼育環境では飼育するのは厳しいかと思い、手を出すのを踏み止まっていましたが、
KUWATAフェスタでの沢山のヘラスレスの光景を見て、思わず手が出てしまいました。
手が出たといっても、成虫ではなく幼虫を購入した所が私らしいですね
例えが悪いですが「鶏が先か、卵が先か」というと、私は卵派で成虫飼育より先に、
とりあえず幼虫を購入して飼育するパターンが多いです
まぁ、私としてはその方がやりやすいというかなんというか・・・。
要は、成虫より幼虫の方が安いから手が出しやすいという事はあります

で、早速KUWATAフェスタ会場にて購入したヘラクレスマットに3月14日投入
CIMG2018加工済み
左上【DHH1201】 右上【DHH1202】
下段【DHH1203】

飼育スペースの関係で、とりあえす1900のガラス瓶に投入しました
あまり弄らない方がよいとのアドバイスを受け、瓶を新聞紙で巻き、外からは中が
見えないようにしました
ビニール温室内の22度ぐらいの場所に置き、このまま放置しようと思います
ヘラクレスの幼虫はクワガタの幼虫に比べ大きくなる為、どこまで大きくなるか楽しみです
欲を言えば、2ぐらいで羽化して、累代出来ればいいな~

戦利品その①

2012/03/16 23:52
今回は3月10日3月12日のブログにて紹介した大宮KUWATAフェスタにて購入した
生体の戦利品の紹介です
飼育用品しか購入予定ではありませんでしたが、見ている内に思わずGET
CIMG1991加工済み
【スマトラヒラタ アチェ産 WILD】

以前から興味はあったものの、飼育種が増えすぎてしまうのも考え物だと思い、去年は
購入を見送っていました
去年11月に一軒家に引っ越した事で、クワカブの飼育スペースも確保出来た事から、
今春にはWILDを入手してブリーディングしようかと考えていた所に、価格も手頃で、
しかも内歯下がりのアチェ産となれば購入しない手はありません

10数頭いた中から、どれがいいか吟味していると、一際デカそうなを発見
殆どのは70mm台かと思われましたが、こののみそれ以上な感じが
顎の太さとか傷等はあまり確認せず、とりあえず見た中で一番デカいこいつをGET
CIMG2013加工済み
【スマトラヒラタ アチェ産 WILD 82mm】

自宅に帰って計測してみると82mm
超大型ではありませんが、価格も安く80mmを超えているので、とりあえず満足です

私の隣で同じように吟味していた若いお兄さんに「いいのありました?」と聞くと、顎の
太いのを選んでいたようで、顎の太いのをみつけて購入していったようです
私のようにただデカいのがいい!というど素人丸出しな選び方ではなく、スマトラヒラタの
特徴である顎の太さに目がいくとは、見る目があるなと思いました

私が選んだ君の顎は極太ではありませんが、胴幅もあり、がっしりした体型ですので、
初めて選らんだスマトラヒラタとしてはいい方でしょうとさせて頂きます
私は極太にはあまり興味がありませんので、サイズの方を目指したいと思います

ただ、一つ気になった事が・・・。
自宅に帰ってから気付いたのですが、右翅のお尻辺りに丸細い膨らみが。。。
まぁ、翅が開いているとか、足が麻痺しているとかの不全ではないのでOKとしましょう

に関しては、どれを見ても同じように見えた為、お店の人が進めてくれたをGET
CIMG2014加工済み
【スマトラヒラタ アチェ産 WILD 41mm】

お店の人は重さのあるをみつけて進めてくれました
重いは卵を沢山持っているとの事。
そんなに変わるものかと、他の同じぐらいのサイズのを手に取り重さを比べてみると、
確かにお店の人が進めてくれたの方が重い
迷うことなく、そのちゃんをGETしました

ただこちらもよく見ると、体が大分擦れているような感じが・・・
デカい彼氏がいた事にしておきます
WILDはいつ★になるかわからないので、早目に産卵セットを組んでみようと思います
卵もたくさん持っているようですし

となると、折角デカいのを選んで買った君はどうしよう
君の処遇は保留とします

大宮KUWATAフェスタ 2012 後編

2012/03/12 23:21
まずはじめに・・・。

あの巨大地震から1年が経ちました。
未だに地震が来ると恐怖を感じます。
地震だけならまだしも、地震後の津波と原発の被害は甚大で、未だに
多くの人が不自由な生活を送られているかと思うと胸が痛みます。。。
被災地の一日も早い復興を願ってやみません。

***********************************************************************

では、ここからは前回のブログの続きで大宮KUWATAフェスタについてです

まず、会場に入りますと左手に受付があって、そこで入場料の500円を払いました。
息子は3歳児の為、無料
私も3歳と申告すればよかったですかね そんな馬鹿な

冗談はさておき、入場料を払うとまず目に入ったのが正面の標本
CIMG1977加工済み
標本には今の所興味がないので、スルーして奥の方に。
息子は、この時点で既に大騒ぎでした

何やら奥の方は賑わっています
その理由はすぐにわかりました
やはりクワカブの生体関係が奥の方にありました

とりあえず、人混みをかき分け奥の方に進み、そこで一枚
CIMG1979加工済み
予想していたより会場が広く、また予想外の人の多さにビックリ
開場してまだ1時間程の為、多くの人が熱心に生体を吟味していました

とりあえず、一回りしようと思い、チラホラ生体や用品を眺めながら見回っていると、
目的のオオクワキングさんを発見
まだまだ品物も十分にありそうだった為、まず他のお店をじっくり見て回る事にしました。

クワカブだけかと思いきや、こんな物も
CIMG1978加工済み
う~ん、ナイスですね
と言いながらも、なんて色してるんだ~
すみません、私の趣味じゃありませんが、それにしてもカラフルなカエル君でした
近くにはサソリ君や巨大なクモ君もいて、またまたビックリ
あまりのグロさに、サソリが何者かさえわからない息子もビビっていました

カエル君はまだ理解できますが、サソリ君やクモ君はちょっと・・・。
世の中には色々な趣味を持っている人がいるもんだな~とただ唖然とするばかり!!
クワカブ君達が可愛く思えました

そんなこんな見て回ると、凄い景色に遭遇
CIMG1981加工済み
思わず「スゲ~!」と声が出てしまいました
いやぁ~、これだけヘラクレスオオカブトが並んでいると壮観ですね
サイズもさることながら、大型の金額にはビックリ
買えない事がわかりながらも、思わずお店の人に飼育方法を聞いてしまいました

この頃になると息子もさすがに何か買いたいと!
何が買いたいか聞くと、ガラガラの景品のクワカブのおもちゃに目が留まったらしい
生き虫がいるのに、おもちゃ買ってど~すんの
しかも、ガラガラ1回500円で、そのおもちゃはハズレの景品だし
高額なクワガタの景品もあり、少し心が揺れましたが、どうせハズレだろうと思い、
息子を説得しカエル君がいたお店へ

カエル君やクモ君の横には、実は気になっていた生体がいまして、ペアで1000円との事
息子に「クワガタ買ってあげるから、どれがいい?」と聞きながらも、自分が気になっていた
クワガタを手に取り、半ば誘導尋問的に「これはどう?」と
息子も「これがいい~!」との事で、半ば強引にペアをGET
CIMG1984加工済み
【スマトラヒラタ アチェ産 WILD】

前々から内歯下がりのアチェ産には興味があったんですよね
スマトラヒラタはWILDが数多く輸入されている事もあり、どうせ買うなら累代品ではなく
WILDがいいな!と思っていました
どれも1000円との事から、1番デカそうなを選び、はお店の人に選んでもらいました

生体は全く買う予定ではありませんでしたが、この場にいては買わずにいられませんでした
もうこうなったら、1つも2つも一緒と、火が付きもう1つ気になっていたこちらもGET
CIMG1985加工済み
【ヘラクレス・ヘラクレス グアドループ産 初令3頭】

さすがに生体は買えませんが、幼虫は1頭400円で、3頭なら1000円
もちろん3頭1000円を購入

実はヘラクレス幼虫の隣で、ゾウカブトの初令幼虫も同じ金額で売られていた為、
どちらにしようか迷っていました
外国産のカブトを飼うなら、やっぱりヘラクレスかな?と思いながらも、胴体のデカいゾウ
カブトもいいなと迷っていると、なんとゾウカブトの幼虫を「全部ください!」という方が現れ、
20~30はいたであろう全幼虫を大人買いしていきました
となると、残るはヘラクレスのみ
また別の人に大人買いされてはと、速攻購入しちゃいました
もうこの頃には、子供の事をすっかり忘れていましたよ
バカ親ならぬ、クワバカです

当初の目的の用品は、最後に購入した為、買おうと思っていた人工蛹室が売り切れに
ちなみに用品の戦利品は
       CIMG1996加工済み
人工蛹室以外はだいたい予定していたものは買えましたが、ヘラクレスの幼虫を買った
事で、予定外の「ヘラクレスマット10L」を購入!
爆卵棒は去年クヌギタイプを使って、成績が良かった為、試しにブナタイプを2本購入!
あと「プロゼリー」の他に、気になっていた「すこやかゼリー」と「乳酸パワーゼリー」を購入!
クリアボトルやミニケースやマット類を買って、なんだかんだと2時間半ほどいましたかね

飼育用品は通常よりもだいぶ安くなっていて、かなりお買い得でした
だた、KUWATA会場まのガソリン代や駐車場代(3時間900円)を考えると、結局はネットで
買った方がトータルでは安かったかもしれませんが、この場に来て楽しめた事は収穫でした
息子も、わがままも言わず2時間半付き合ってくれました
息子は息子なりに楽しめたようです

帰りはKUWATA会場から駐車場まで、息子に生体の戦利品を持たせましたが、袋を
ぶるんぶるん振り回して歩いた為、生体が少し心配になりましたが大目に見ました
駐車場まで頑張って歩き、最後の最後で少しだけ「パパ疲れた!」と言って立ち止まって
しまいましたが、今日はこれだけ愚図らず頑張ったのだから合格です
母親の前では甘える息子も、私が厳しいせいか、私の前ではあまり愚図る事もなく
いい子でいてくれて助かります(親バカですみません)。
あまり2人だけで出かけませんが、こらからもこういったイベントに2人で参加できそうです
この日は少しだけ息子の成長が感じられた1日でもありました

今回は長々とお付合い下さりありがとうございました
子供以上にある意味はしゃいでしまったかもしれません
今から来年のKUWATAフェスタが楽しみです

最後になりますが、クワカブには全く関係ないこんな奴もいました
CIMG1983加工済み
首輪?が付いているけど、売り物だったのかな?

大宮KUWATAフェスタ 2012 前編

2012/03/10 23:59
本日、大宮KUWATAフェスタに息子と参戦してきました

前日まで行こうか迷いましたが、仕事も休みだし、こういったクワカブのイベントやお店で
さえ行った事がない為、息子も連れて行けば喜ぶだろうと思い、行く事を決意

ただ、開催場所の大宮ソニックシティまでは車で約60キロ
車で行った場合、街中の渋滞も考えると到着までに約2時間はかかる見込み
時間が計算出来る電車で行こうかとも考えましたが、3歳児のお荷物を抱えての
参戦な上に、帰りに荷物が多くなった事を考えると、どうしても車の方がよさそう・・・

前日にある程度目的の品物と軍資金を決め、当日午前11時過ぎにいざ、出陣
早目に売り切れてしまう物もあるかと思い、開始時間の13時を目指して向かい
ましたが、さすがに12時を過ぎると息子が『お腹すいた・・・』と
自分1人なら適当にその辺のコンビニでおにぎりかパンでも買って、食べながら行く事も
できますが息子に昼飯を食べさせない訳にもいかず、『丸亀製麺』でランチタイム

息子はうどんが好きで、特に『丸亀製麺』はお気に入り
あの太くて腰のある麺が好きなようです
鮭おにぎりとぶっかけの並を注文して二人で分けました
締めて400円
軍資金が減らずにすみました

早々に食事を済ませ、再出発
途中で昼食を取った事で13時到着が厳しくなり、アクセルを踏む足にも力が。。。
いかんですね、子供を乗せているのに

焦る心を抑えながら運転していくと、案の定、目的地に近づくにつれ車の動きがゆっくりに
もう少しなのにと、ナビを見ながら近道を行けど、大宮駅周辺は大渋滞
本当は、大宮ソニックシティの駐車場に車を止めたかったのですが、土曜という事もあり
大宮駅周辺は大渋滞で車が動かず、予定とは違う「さいたま市営桜木駐車場」に車を
止めました
そこから大宮ソニックシティのKUWATA会場までは歩いて約10分
大人なら全く問題ありませんが、もうすぐ4歳とはいえ3歳児の息子が愚図らないでちゃんと
歩いてくれるか心配しましたが、前日から『色々なクワガタが沢山見れるよ!』と吹き込んで
おいた為、息子のテンションは目的地に近づくにつれ上げ上げに
愚図るどころか黙々と目的地まで歩いてくれました

13時45分頃、無事にKUWATAフェスタ会場に到着!
もちろん既に始まっていましたが、今度は焦ることなく、まず子供をトイレに連れて行き、
準備万端でいざ会場へ出陣
CIMG1976加工済み
KUWATAフェスタは年々廃れてきているというような事を読んだ事があるので、中はどんな
様子かとドキドキしながら入ると、会場中は予想していたより多くの人で賑わっていました

と、少し細かく書き過ぎて長くなってきましたので、会場内の様子と戦利品は次回のブログで
紹介します
いやぁ~、それにしても久し振りにテンション上がりましたよ~

ブログ1周年!

2012/03/08 23:57
去年の3月8日にブログを始めてから、ちょうど1年が経ちました
面倒くさがりで筆不精な私がブログなんて続けられるものかと思いましたが、なんとか
1年間続ける事が出来ました
これもいつもご訪問頂いている皆様のお蔭だと思っております
単なる自己満で備忘録的なつまらないブログではありますが、今後ともよろしくお願いします

話は変わりまして、この1年を機に変えたい事があります
1年間ブログをやってきてずっと気になっていたのですが、この際思い切って
ハンドルネームを変えたいと思います
ブログを始める際も悩みましたが、いい名前が思い浮かばず、とりあえず『トシ』としました
当初はクワカブ以外の事もブログに書こうかと考えていましたが、ほぼクワカブ専用のブログと
なっている事から、『トシ』の後に『クワ』を付けて『トシクワ』にしたいと思います
『トシ』というと、どうしても田原俊彦の『トシちゃん』が思い浮かび、違和感を感じていたんですよね
全く違うハンドルネームにするのも如何なものかと考え、『クワ』を付けただけという、安易な
名前ですが、今後は『トシクワ』でよろしくお願いします


 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。