DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

2011年度(858同腹直仔) の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり忘れていました。。。

2012/09/14 23:50
もう今さらになりますが、2011年度の我が家初の能勢YGの結果報告を
備忘録も兼ねてしたいと思います

最初に言っておきますが、全然大した事ないどころか「こんなのブログに載せるなよ!」
とお怒りの声も聞こえてきそうな内容です

我が家初の能勢YGは85.8mmの同腹直仔になります
去年7月にビッダーズオークションにてkuro-musiさんから幼虫4頭を譲って頂きました
種親は77.2mm × 48.3mmと大きくありませんが、同腹兄弟に85.8mmが
いる大型ラインの為、期待していましたが・・・
結果から言いますと、私の飼育が悪く大きく羽化させる事が出来ませんでした
おまけに、2頭、2頭という理想的な組み合わせで譲って頂いたにもかかわらず、
1頭を私のミスで死なせてしまいました

では早速君から
CIMG2939加工済み
【NYG11-101 2012年6月1日羽化】

76.1mmです
この君は、瓶底に蛹室を作ってしまった為、人工蛹室で羽化させた子になります
この時にも気になっていましたが、この子は顎が短く少しバランスが悪い感じがします
小さいですが、では我が家で初めて羽化した記念すべき子になります

次に、もう1頭の君です
CIMG2944加工済み
【NYG11-102 2012年5月羽化】

こちらの君は、先程の君より若干大きく76.9mm
本当は77.0mmと表記したかったのですが、何度測っても76.9mmだったので諦めて
76.9mmとしました
ただ、こちらの君の方がスタイルがいいです
この子は瓶越しに姿が見えませんでしたが、5月5日に瓶を持った際に、蛹が動く振動を
確認していました
羽化してから、ある程度固まるまで待って掘出しましたCIMG2639加工済み
【NYG11-102 2012年6月19日掘出し】

一瞬、デカい!と思いましたが、目の錯覚でした
でも、この子は来期の種親に使用する予定です

最後にちゃんです
CIMG2963加工済み
【NYG11-103 2012年5月26日羽化】

47.5mmです
小さいですが、このラインでの唯一のちゃんですので来期使用する予定です

とも小さく羽化した原因は、手抜き飼育にあります
は2頭とも1400瓶を使用しての2本羽化
に至っては1400瓶1本羽化と言う荒業です
菌糸の喰いが今一だった上に、1400瓶という大きい瓶を1本目から使用し、菌糸の
持ちもよかった為、交換をサボってしまいました
ただそれでも、8月30日のブログで紹介した阿古谷産よりもは大きく羽化した所が
さすが能勢YGですね
前期の反省を生かし、今期はとも最低でも3本返しの予定です
こんなの当たり前の事ですよね

kuro-musiさん、大きく羽化させてあげる事が出来ずすみません

こんな感じで、私の2011年度の飼育は終了しました
既に2012年度が始まっていますが、前期と明らかに違うのは、私の本気度かも
知れません
今期は頑張りますよ~
スポンサーサイト

能勢YG羽化第2号!!

2012/06/01 23:59
前回のブログで、我が家初の能勢YGの羽化(と言ってもちゃんですが)の事を書きましたが、
早速次の蛹君が羽化しました
同じブログにて君を人工蛹室へ移した事も書きましたが、その君が本日羽化しました

本日、14時12分はこんな感じで大分色付いてきていましたので、羽化が近い事が伺えました
CIMG2513加工済み
【NYG1101】

このまま真っ黒にならないで~と祈っていた所、いつの間にかに羽化
CIMG2518加工済み
20時44分

既に上翅が閉じていて、羽を乾かしている所です
このまま羽がうまくしまわれれば不全はなさそうな感じです

少し前の状態は
CIMG2526加工済み
23時28分

頭も持ち上がっていい感じです
ただ顎がだいぶクロスしてますが、まさか麻痺はないよな・・・

サイズは、見た目正直大きくありません。。。
いっても75mmぐらいですかね
固まったら計測してみようと思います

多分このまま不全無しに羽化しそうですので、先日のちゃんの羽化に続き君の
羽化ですから、来期は能勢YGのブリーディングが出来そうです

相変わらず、我が家の種親は大きくありませんが、今から来年のブリーディングが
楽しみです、って気が早過ぎですね
では、そんな訳でまた

能勢YG羽化第1号!

2012/05/31 01:14
4月29日に蛹化した我が家唯一の能勢YGのちゃんが5月26日に羽化しました
CIMG2492加工済み
【NYG1103】

  7月27日 1本目 MGクヌギ1400へ投入
  4日29日 蛹化
  5月26日 羽化

実はこのちゃんは、菌糸瓶1本返しなんです
なので、1回も瓶交換してないので、大きさも測った事がなく、大きいのか小さいのか
わかりません

1本目投入時に、なんとなくちゃんかな?と思っていましたが、期待を込めて
1本目から1400瓶へ投入
その後、ちゃんだとわかりましたが、あまり食痕もなく1ヵ所に留まって菌糸を食べて
いた為、菌糸の劣化もなかった事から1本返しする事にしました

瓶底に蛹室を作った為、念には念を入れて、瓶を逆さにして角度を調整
羽化不全はないかと思いますが、掘り出すまでは安心できません
唯一の能勢YGのちゃんですので、なんとか不全なく羽化している事を祈ります
来月中旬頃にでも掘り出したいと思います


話は変わって、今度は君ですが、実はこちらも既に4月27日に蛹化した事を確認して
いましたが、こちらも瓶底に蛹室を作っていました
それもベッタリと体を瓶底につけて
CIMG2481加工済み
【NYG1101】

先日のちゃんの事故の事もあり、掘り出すのは気が進みませんでしたが、意を決して
人工蛹室に移す事に

慎重には慎重に少しずつホリホリ、ホリホリ
なんとかうまく掘り出すことに成功
CIMG2483加工済み

調子にのって、先日購入したおニューの0.1g単位で測れるデジタルスケールにて計測
CIMG2485加工済み

蛹君が変な方向を向いてしまいましたが、気にせず
19.7gでした
80は超えそうもありませんが、どのくらいのサイズで羽化しそうですかね?
種親が77.2mmですので、種親越えはしてもらいたいですが厳しいですかね

この後、慎重に人工蛹室へ移動
CIMG2487加工済み

1400のボトル人工蛹室ですが、観察しやすい上に使いやすくいい感じです
オアシスで自作するのもいいですが、このボトル人工蛹室はあと2、3個欲しです

あと1頭君(NYG1102)がいますが、この君は瓶側面に全く姿を見せていない為、
状態が不明でしたが、瓶を持った際に蛹が動く振動を5月5日に確認しています
蛹室を内部に作ってしまった為、掘出すのは安全を期して早くても6月下旬ですかね
またぶっ刺したらトラウマになりそうですから

今回は、久々に沢山写真を載せてしまいました
YGネタの際は、ブログを書くのにも力が入ります
だいぶ長くなってきましたので、とりあえず今回はこの辺で

悲しい出来事が・・・。

2012/05/09 21:37
今回は、久しぶりに我が家の貴重な能勢YG血統についてです

去年の8月10日のブログで紹介しましたが、我が家には4頭の能勢YG君達がいます
yasukong様から直接譲って頂いた訳ではありませんが、yasukong様のお住いの近くに
住まわれている大変信頼できる方から、幼虫4頭を譲って頂きました
種親(77.2mm × 48.3mm)は大型ではありませんが、我が家の貴重な
血統として大切に飼育しています

今日は仕事が休みで、出掛けようかと考えていましたが、午後3時過ぎから雨が降る
予報でしたので家でのんびりしていました
こんな日はクワ弄りに尽きると以前から気になっていたちゃんの瓶をホリホリして
みる事にしました

最後の瓶交換は、去年の11月29日で2本目瓶交換時のサイズが11g
このまま2本返しでと考えていましたが、瓶越しに姿を見せなくなってからしばらく経つ為、
生死不明状態
落ちているか、生きていれば既に羽化しているかと思いながらも、まだ幼虫だった場合を
考え、次の瓶も用意していました

菌糸と瓶の間に隙間もできていて、菌糸も柔らかくザクザクと掘り進める状態
食痕が瓶底にあり、瓶上部は菌糸の白い部分のみだった為、いるなら瓶底だろうと、
ザクザク掘り進むと、急に掘っていた感覚がサクッと
あれっ、こんな上にいたんだ!」と覗いてみると、なんと蛹化状態
よ~く見ると、お腹から体液が出てるじゃないですか~
勢い余って、お腹をスプーンで刺してしまいました
CIMG2371加工済み
【NYG104】

あ~っ! なんて事をしてしまったんだ!』としばらく呆然
後悔先に絶たず】とは全くこの事です
蛹ちゃんは全く動きません
写真を撮るのも気が進みませんでしたが、今後の悪い教訓として1枚撮り、そのまま
そっと蓋をしました

思い込みってダメですよね。。。
ホリホリする前に、瓶を少し振ってみましたが、蛹の振動もなく、成虫になっていると
勘違いしてました
おまけに、食痕が瓶底にあるから、上部にはいないだろう!と掘り方が適当になっていました
職場では「思い込みはミスの元」と日頃から注意しているのに・・・。
の2で、うまくいけば、来春には2ライン行けるかと楽しみにしていましたが

ちなみに、その他のYG君達は
CIMG2303加工済み
【NYG1101】

 4月27日に蛹化

CIMG2317加工済み
【NYG1103】

ちゃん 4月29日蛹化

もう1頭の君(NYG1102)も瓶越しに姿が見えませんが、瓶を持ち上げると蛹が動く
振動がありますので、蛹化しているようです

あまりの落ち込みように、妻も驚いていましたが、落ち込む姿が反対に笑えたようです
しばらく立ち直れそうにありません・・・

能勢YG♂の瓶交換!!

2011/12/14 03:14
前回のブログの最後に書きましたように、先週(12月8日)能勢YG血統858ライン
2頭の瓶交換を行いました

7月27日に1本目のMGクヌギ1400瓶に投入し、3ヶ月後の10月後半には2本目瓶へ
交換を考えていましたが、1本目にサイズの大きな瓶に投入し、食痕もそれ程出て
いなかった為、4ヶ月交換にしましたが、引っ越し等で瓶の手配が遅れ、結局交換までに
4ヶ月と10日も経ってしまいました

この遅れが影響していませんように
1番幼虫をホジホジしてみると、元気に顔を出してくれました
居食い部屋を作っていたようです
CIMG1753加工済み
ただ見た感じ、そんなに大きくないような・・・
気を取り直して、いつもの計測
CIMG1757加工済み
23g・・・

またまた気を取り直して、次の2番幼虫へ
ホジホジしてみると、こちらも居食い部屋を作っていたようです
CIMG1759加工済み
1番幼虫よりは大きい感じですが、今一な感じ・・・
計測してみると
CIMG1764加工済み
24g・・・
う~ん、なんて言ったらいいんでしょ
血統は間違いないので、腕なんでしょうね
もう言い訳のしようがありません
暴れてはいなかったようなので、温度管理がうまくいかなかった事が原因でしょうか?

とは言っても、さすが能勢YG血統
2本目への交換時の最高サイズが22gでしたから、23g、24gともマイギネスです
少し期待が大き過ぎたようです
まだ2本目へ交換した所ですから、3本目への交換時にはもう少し大きくなっている
事でしょう

2頭とも元気に、瓶に潜っていきました
CIMG1765加工済み
30gは無理でも、もう少しサイズアップして元気に羽化して下さいね~

やっと2本目に交換!

2011/11/30 23:58
昨夜(29日)、やっと能勢YG血統(858ライン)の瓶交換を行いました
と言っても、1本のみ
7月27日に1本目の800ccの瓶に投入してから早4ヶ月・・・
引っ越しやら何やらで忙しく、放置し過ぎてしまいました

能勢YG血統は全部で4頭飼育していますが、殆どの幼虫は食痕しか見せてくれず、
顔を拝めない状態でしたが、この幼虫は下の写真のように瓶側面に顔を見せてくれました
CIMG1609加工済み
能勢YGと言っても他のオオクワと顔は変わりませんね・・・ 当たり前か

で早速いつもの計量ですが、なので大したこともなく
CIMG1738加工済み
11g・・・
うちで11gなら大きい方ですので、1本目を4ヶ月も放置してしまった割にはマズマズでしょう
2本目は少し期待を込めて、1本目より少し大きい1000cc瓶へ投入
CIMG1739加工済み
なので、この瓶で羽化まで持っていこうかと思います

ちなみにその他のYG君達ですが、1本目投入時にと同定した2本は
CIMG1745加工済み
食痕もそこそこ出ていい感じでしょうか?
ただ食痕が、今まで飼育した阿賀町産や現在飼育中の阿古谷産と比べると出方が違う為、
交換タイミングが今一よくわかりません
食痕は出ているもののPPボトルな上に、瓶側面に顔も出してくれない為、どのくらい
成長しているかもよくわかりません
1本目で25gぐらいいけばいいのですが・・・
何れにしても、1本目に1400ccに投入しましたが、4ヶ月も経った事ですし、そろそろ
交換しないとまずそうですね

残りの1頭ですが、こちらも1本目に1400ccに投入しましたが、
同定していた通りのようです
CIMG1746加工済み
この子も、中々顔を出してくれませんでしたが、つい先日瓶底に移動してこの通り
まさかとは思いますが、スイッチが入っちゃったかな
こちらはもうちょっと様子見しようかな?

と、久しぶりの能勢YGの近況でした

超大型補強!

2011/08/10 23:59
前回のブログの最後に書いた補強の件ですが、なんとあの『能勢YG血統』
手を出してしまいました
入手したのは、能勢YG血統の幼虫4頭
CIMG1395加工済み

種親は、下記血統証明書の77.2mm × 48.3mm
        CIMG1441加工済み
yasukong様より直接譲って頂いた訳ではありませんが、yasukong様に直接お会いして
成虫を譲って頂いた、とても信頼できる方より幼虫4頭を譲って頂きました
正真正銘の『能勢YG血統』です
A様、貴重な血統をわけて頂きありがとうございました

種親はそんなに大型ではありませんが、種親の同腹個体にギネス個体86.6mmに
次ぐ85.8mmがいる『858ライン』です

この『858ライン』は、血の入れ替え時に派生したラインで、最高サイズに85.8mmが
出ているラインだそうです
このラインが他のラインに比べ優れてる点は、血が濃くなっていないと言う点に
つきるようで、866ラインに次ぐ超優良ラインだと思われます

早速、7月27日に菌糸瓶に投入しました
CIMG1404加工済み
この時点でのの判別は難しいですが、ヘボブリーダーの私が判別した
感じでは2・2
とりあえず、この判別を基にマジカル・ギネス クヌギタイプの1400cc瓶に3頭、
月夜野Element800cc瓶に残りの1頭を投入
本当は、1本目の菌糸瓶は800cc辺りのサイズに投入するのが適正なのでしょうが、
大型ラインである事と、マジカル・ギネスの1400cc瓶が3本余っていた為、奮発して
かもしれない幼虫も1400ccに投入してみました

ギネス越えなんて夢のまた夢ですが、とりあえず目標はとも種親越えを
目指したいです
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。