DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

阿古谷産 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが・・・。

2012/08/30 01:23
8月も、もうすぐ終わりだというのに暑い日が続きますね
地球温暖化の影響なんでしょうか
毎年こんな感じで暑い夏が続くのかな?と思うとウンザリですが、反対に冷夏
だったりしたら、それはそれで問題なんでしょうね

大分遅くなってしまいましたが、今回は2011年度の阿古谷産の羽化状況の
結果報告をしたいと思います
全然大きいのは出ていませんので、報告する程ではないですが、備忘録として
ブログに残しておく事にしましたので、お付合い下さい

種親71mmに同腹の44mmと、別系統の46mmの組み合わせで、
インラインとアウトラインで、どちらが大きくなるか試してみました

去年の6月と7月に割出した幼虫で、手元に残った幼虫は合計30頭
途中で落ちた幼虫が2頭、羽化不全が1頭、蝉化幼虫1頭、無事羽化したのは
26頭になります
去年10月と今年2月に早期羽化したが1頭づついましたが、その他の幼虫は
3月9日~6月21日の間に羽化

の最大個体は75mm
CIMG2540加工済み
【AKG1101 2012年5月21日羽化】

このは一番最初に割出して、一番最初に菌糸瓶に投入したインライン(種親44mm)
の幼虫が羽化した個体になります
お恥ずかしながら、75mmが阿古谷産の最大個体となりました
ちなみに、アウトライン(種親46mm)の最大個体は72mmです

の方ですが、こちらも最大個体はインライン(種親44mm)から出ています
CIMG2631加工済み
【AKG1103 2012年5月25日羽化】

サイズは、48mmと私としては、種親が44mmだった事を考えると、そこそこ
大きいのが出せたのではと思っています
ちなみに、のアウトライン(種親46mm)の最大個体は44mmと、種親サイズを
上回る事が出来ませんでした

目標の種親越えは、の方はインもアウトも達成出来ましたが、75mmでは・・・
せめて78mmぐらいは、出したかったですが、種親が71mmと小さい上に
無血統では、大型は厳しいのかな?と痛感しました

幼虫の割出し、瓶投入のタイミング、菌糸瓶等、インとアウトで全く同じ条件では
なかった為、一概には言えませんが、今回の結果としてはインラインの方が大きく、
アウトは予想に反して大きくなりませんでした

飼育していて思ったのは、インもアウトもとにかく幼虫が大きくならなかった事です
幼虫の最大体重は24gと散々な結果
血統の重要さを思い知らされました
恥ずかしながらも、2011年度飼育データをUPしましたので、興味のある方は
ご覧になって下さい あまりの酷さに笑えると思います
今期は、森田ゴールドと能勢YGの期待できる幼虫がいますので、どんな結果が
出るか非常に楽しみです


おまけとして、こんなのもいました
CIMG1415加工済み
【AKO1120 右顎折れ幼虫】

割出し時に右の牙(顎)が折れていた幼虫です
菌糸瓶に潜れなかった為、この子だけマット飼育していましたが、羽化出来ないだろうと
思っていた所、無事に羽化
CIMG2720加工済み
【AKO1120 2012年5月羽化】

顎折れ幼虫は羽化出来ないと聞いた事がありますが、サイズは37mmと今一でしたが、
ちゃんと顎もあり元気に羽化しました
最後まで見捨てなくてよかったです
スポンサーサイト

我が家のチビオオクワ!

2012/04/03 22:58
今日の強風は凄いですね
今、ここ北関東では凄い風が吹いています
低気圧ってこんなに凄かったんですね
これも気温上昇による異常気象の影響なんですかね

今回は、阿古谷産46mmラインのチビオオクワについてです
チビなので、つまらないネタですが、備忘録という事でお許し下さい

大分前の事ですが、10月11日のブログで紹介した早期羽化したちゃんですが、
10月10日に羽化したのを確認後、しばらく放置していました
5ヶ月経っても、自力で出てこない為、3月12日に掘出してみました
羽化後、そのまま越冬するかと思い、放置していたのもありますが、さすがに5ヶ月も
放置では☆になっているかも?なんて思いながらホジホジしていくと、元気に出てきました
CIMG2000加工済み
【管理番号AKO1121】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  5月15日 再ペアリング後、産卵セットに再投入 
  7月24日 割出し 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月20日 蛹化
 10月10日 羽化

ちっちゃくて可愛いいですが、しっかりオオクワしています
一応、サイズも測ってみました
CIMG2056加工済み
35mm
まぁ、早期羽化なんでこんなものでしょう

実はこの子は、自己ブリ初の羽化個体なんです
2010年に購入した個体をペアリングさせ、産卵セットに投入し、初めて採れた幼虫が
羽化した第1号なんです
そういう意味では、記念すべき個体ですかね
さすがに累代に使うのは考えものですが、大事に飼育したいと思います

あと、もう1頭チビがいまして、それがこちら
CIMG1923加工済み
【管理番号AKO1118】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  5月15日 再ペアリング後、産卵セットに再投入 
  7月24日 割出し 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月21日 2本目 11g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  1月 1日 前蛹で掘出した為、元の瓶(2本目)に戻す
  1月 3日 蛹化
  2月 1日 羽化

2月1日に羽化した君を掘出してみました
この君は、てっきりだと思っていましたが、蛹化して初めてだという事が
わかったぐらい小さい幼虫でした
おまけに、1月1日の3本目瓶交換時に前蛹状態で掘り出してしまった為、何らかの
ショックを与えた可能性があり、羽化不全が心配されましたが、羽もちゃんと閉じた
ようで不全なしかと思っていましたが、掘出してみて少し不全している事に気付きました

頭部左側が少し凹んでいて、羽も真ん中辺りがほんの少し開いています
この子はちょっと形が今一なオオクワになってしまいました

サイズも測ってみましたが
CIMG2061加工済
54mm
何も言う事はありません。。。

今回は、本当につまらないネタですみませんでした

久し振りのオオクワネタ!

2012/03/26 23:59
最近は、外産クワカブのネタがメインとなっていましたが、そもそもブログを始めた
きっかけはオオクワガタ
そんな訳で、ちょっと浮気がちでしたが、今回は本命のオオクワガタのネタです
と言っても、今回は大したネタではないので、備忘録的な感じになります事を
お許し下さい

では早速ですが、本日、オオクワガタ阿古谷産の46mmライン1頭と44mmライン
1頭の計2頭の瓶交換を行いました
殆どの幼虫は最終瓶に交換済みで、あとは羽化するのを待つばかりですが、マット飼育
している幼虫がいまして、その2頭の交換を行いました。
瓶の状態はというと
CIMG2082加工済み
左【AKO1120】 右【AKG1110】

ちなみに2頭ともちゃんです
上の写真を見て『おやおや!』と思われる方がいるかと思いますが、そうなんです、実は
右の瓶(AKG1110)はマットではなく菌糸で、幼虫が大暴れした結果、菌糸の白い部分が
全く無くなってしまいました

暴れに暴れて蛹化するかと思いきや、中々蛹化する気配がない・・・
ちゃんだし、多少ダイエットしてもいいや!と思って、しばらく放置していましたが
いつになっても蛹化せず、ワンダリングし続けておりました
実は、前回の瓶交換が去年の8月28日ですから、ちょっと放置し過ぎてしまいましたね
菌糸も乾燥気味になってきた事から、安全を見てマット飼育にする事にしました

かなりダイエットしているかと思いきや
CIMG2085加工済み
【AKG1110】

前回交換時(8月28日)が9gでしたので、1g増です
月夜野さんのきのこMATを500瓶に詰めて、投入しました
体も黄色くなっていますので、このまま蛹化してくれるといいのですが・・・

で、もう1頭の左側の瓶(AKO1120)は正真正銘のマット瓶です
この子は割出し時に右の牙が折れていた為、菌糸瓶に潜れず、仕方なくこの子のみ
マット飼育しておりました。
おまけに温室にも入れず、常温飼育していた為、結果は・・・
CIMG2088加工済み
【AKO1120】

前回交換時(11月10日)が6gで、今回も6g
この子は、まだ体が白いので、もう少し成長が見込めるかもしれません
月夜野さんのきのこMATを800瓶に詰めた瓶に投入し、他の幼虫達と一緒に、温度の
安定しているビニール温室に入れました
この子の羽化は来年かな~?

2012年羽化1号!

2012/02/02 23:59
1月5日のブログで阿古谷産オオクワガタの46mmラインのチビ君の蛹化の事を
書きましたが、昨日(1日)、羽化している事を確認しました
丁度、羽を伸ばして乾かしている所でした
CIMG1891加工済み
【AKO1118】
  4月27日 産卵セットへ♀46mm投入
  7月24日 割出し 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月21日 2本目 11g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  1月 1日 3本目交換時に前蛹状態確認 => 2本目瓶の蛹室へ戻す
  1月 3日 蛹化

このチビ君は、2本目交換時に11gと他の君達と比べると小さかった為、
てっきりちゃんかと思っていましたが、蛹化したその姿は君でした
おまけに、元旦の瓶交換時に前蛹状態で掘り出してしまった為か、蛹化時に顔が多少斜めを
向いている上に、後ろ足がクロスしていました
CIMG1835加工済み
てっきり羽化不全するものかと思っていました

1枚目の写真が午前11時頃で、下の写真が午後10時頃の写真です
CIMG1894加工済み
羽もきちんと閉じていて、いい感じです
手に取っていないのでまだわかりませんが、羽化不全もないような感じです
いくらチビと言っても、羽化不全じゃかわいそうですからね

サイズは恐らく50mm台かと思います
サイズはともかく、2012年羽化第1号という事で、幸先の良いスタートが切れたかな

蛹化ラッシュ!?

2012/02/01 23:43
1月5日のブログで紹介した、1月3日に蛹化した阿古谷産オオクワガタの小型のに続き、
1月24日のブログ1月29日のブログで紹介した1月24日と28日に蛹化したタランドゥス
2頭と、1月は3頭の蛹化を確認しましたが、1月最後の日(31日)にもう1頭変身しました
CIMG1885加工済み
【AKG1102】
 5月10日 産卵セットへ44mm投入
 6月11日 初令で割出し、1本目のMGエノキ菌糸瓶残りへ投入
 8月 6日 2本目 13g ディ・キャッツ 850ccエノキ・クヌギ菌糸瓶(1次発菌)へ投入
10月12日 3本目 20g ディ・キャッツ エノキ・クヌギ混合ブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入

この11月28日のブログで紹介した2頭の片割れで、3本目投入時に20g
それ程期待はしていませんでしたが、蛹室内のこやつの姿はデカく見えます
3本目の瓶で多少は伸びたのでしょうか?
なんとか70オーバーは行きそうな感じです

先日蛹化したタランドゥスの2頭と同様に、保温温度が少し高かった為、蛹化スイッチが
入ってしまったと思われます
この君と、もう1頭の君(AKG1101)は交換タイミングが早かった為、4本目の瓶交換も
考えていましたが、その必要はなさそうです
確認はしていませんが、恐らくもう1頭の君(AKG1101)も蛹化が近いかもしれません

実は、この他にも先日瓶交換したニジイロ君達の中にも前蛹状態の幼虫が何頭か
見られますので、今後も蛹化ラッシュは続きそうです・・・
冬場の温度管理を失敗してしまったようです
まぁ、ニジイロ君達はサイズは期待していないのでいいですけど

他の君達は、現在少し温度を下げて冬を感じさせている所です
ニジイロ君達はいいとしても、オオクワの君達はもう少し幼虫でいて下さいね

阿古谷産オオクワガタの最後の瓶交換!!

2012/01/17 03:18
昨夜というか、日にちで言うと1月16日の夜に阿古谷産オオクワガタの1頭と
ニジイロクワガタ5頭の瓶交換を行いました
ニジイロは次回にして、今回は阿古谷産オオクワガタの44mmラインの
幼虫についてです。

この幼虫は、10月6日のブログで紹介した通り、9月6日の2本目交換時に22gと
我が家の阿古谷産では最大サイズでしたので、俄然期待していました
ただ、2本目交換から4ヶ月以上経ってしまい、交換が少し遅れた事が気になっていました

ちなみに、この幼虫に使用した菌糸はオオクワキングさんのRushクヌギ・ブナミックスタイプ
先シーズンの阿賀町産のオオクワガタ5頭にも使用しており、菌糸の持ちの良さから
今シーズンも若干ですが使用しておりました。
ただ他の菌糸の方が安価の為、44mmラインの4頭にのみ使用
ちなみに、4頭の内3頭がだった為、菌糸の持ちがいい事からは2本返しにして、
こののみ3本目に交換する事に

瓶の状態はというと
CIMG1850加工済み
まだ菌糸が半分ぐらい残っていましたが、菌糸を食べた部分のオガは若干乾燥気味
引っ越し後のピタリ適温での加温時に全く湿度の事を考えていなかった為、今までに
交換した瓶はどれも乾燥気味でした

それが影響したかどうかは分かりませんが、計測の結果は
CIMG1852加工済み
【管理番号AKG1106】
  5月10日 産卵セットへ44mm投入
  6月11日 割出し後、マットを詰めたプリンカップへ投入
  6月24日 1本目 Rush クヌギ・ブナミックブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入
  9月 6日 2本目 22g Rush クヌギ・ブナミックブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入
  1月16日 3本目 23g Rush クヌギ・ブナミックスタイプ瓶(1400cc)へ投入

22gから微増の23g・・・
まだマイナスしなかっただけよしとしますか

まだ幼虫は能勢YG858ラインの2頭が残っていますが、これで今シーズンの阿古谷産
オオクワガタの瓶交換は終了
結局、25gを超える幼虫は出ませんでした

最大で24g
羽化サイズでやっと75mmいくかどうかでしょうか
種親が71mmですから75mmいけば万々歳ですかね

飼育環境もさることながら、腕がまだまだですね
オオクワガタを飼育している方のブログをみると、25gは小型で30gオーバーを
連発している方も

まぁ、そんな簡単に30gオーバーなんて出る訳ないか
そこがオオクワ飼育の面白い所なのかもしれませんね
と、言い訳をして今回はこの辺で



2頭目の★が・・・。

2012/01/09 03:14
元旦に2本目から3本目の瓶へ交換した、阿古谷産オオクワガタの44mmラインの
が先日黒くなっていました
今シーズン、菌糸瓶飼育を始めてからでは去年の10月15日のブログの記事で書いた
幼虫に次いで2頭目です

写真を撮りましたが、ちょっとショッキングな画像ですので、お子さんや気の弱い女性の方は
見るのを控えた方がよいかと思います
じゃ~、載せるなよ!と思う方もいるかもしれませんが、ご了承ください
ちなみに、嫁に見せた所、『うぇ~夢に出てきそう』と言って怒られてしまいました
写真はこのブログの最後の方に載せますので、見るか見ないかは自己判断でお願いします

この幼虫は元旦の瓶交換時には
CIMG1821加工済み
【管理番号AKG1113】
  5月10日 産卵セットへ44mm投入
  6月22日 割出し後、マットを詰めたプリンカップへ投入
  7月10日 1本目 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(500cc)へ投入
  9月12日 2本目 14g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  1月 1日 3本目 20g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(1000cc)へ投入

辛うじて20gと我が家ではまずまずのサイズでしたが、瓶交換の際に、この幼虫だけ新しい
瓶に中々潜っていかず、気になっていました
最終的には潜っていきましたが、翌日確認してみると潜っていった穴の中で一回転して、
穴から顔だけ出している状態に
たまにこういう幼虫がいますが、大抵はまた潜っていって、瓶の底で落ち着くのですが、
この幼虫に限ってはいつになっても潜っていかず、マット飼育に替えた方がいいか
考えていた所でした

ではその問題の写真です
1月1日の夜に瓶を交換して、4日の午前中にはこんな状態に
CIMG1834加工済み
3日の午後は生きている事を確認していましたので、あまりの急な展開に驚いています
2日に穴から顔を出していた時点で、マット飼育に交換すべきでした
助けることが出来たかと思うと残念でなりません

考えられる原因は、
 
 ①酸欠で顔を出した状態でいた所、穴を掘った所の菌糸が再発菌して、身動きが
  取れなくなり落ちてしまった。
 ②瓶交換時のショック死。

これ以外は思いつきません

以前に酸欠が原因で落ちたと思われる幼虫がいた為、瓶交換前には、2、3日瓶を
逆さにして酸欠予防をしていたつもりですが、中々うまくいきませんね
ちなみに、1日にはその他に9頭の瓶を交換していますが、今の所この以外落ちて
いる幼虫はいません
他の9頭に使った瓶も同じように養生していますので、原因はよくわかりません。。。

飼育数が多くなればなるほど、落ちる幼虫の数も増えてくるかと思いますが、ここまで
飼育してきて、旅立たれるのは悲しい限りです
今後、瓶交換の際に潜っていかない幼虫がいたら迷わずマット飼育ですかね
長くなってきたのでこの辺で


あけましておめでとうございます。

2012/01/05 23:56
遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます
つたないブログではありますが、本年もよろしくお願いします
今年一年は皆さんにとっていい年でありますように

では早速ですが、今回は元旦に阿古谷産オオクワガタの46mmラインと44mm
ラインの2本目から3本目の瓶交換を11本行いましたので、その事についてです

この11本に使用している菌糸は、月夜野きのこ園さんのBasic
安価で評判がよかった事から使用していますが、初心者の私でも扱いやすい菌糸で
満足しています

両ラインとも種親は同じ71mmと大型ではありませんが、オオクワ飼育を始めて
2年目で初めて自分で産卵させた幼虫達ですので、種親に係らず大事に育ててきました
ただ、中々サイズが伸びず、このラインでの最大は22g(2頭)・・・
もうこれ以上は出ないかと諦めていましたが、やっと22gを超えるが出ました
その子は46mmラインの
CIMG1815加工済み
【管理番号AKO1113】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  7月14日 割出し 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月21日 2本目 14g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入
  1月 1日 3本目 24g 月夜野きのこ園 Basicブロックを詰め替えた瓶(1400cc)へ投入

25gには届きませんでしたが、24g能勢YGの幼虫に次いで2頭目の24gの幼虫君です
まぁ、種親サイズを考えるとこんなものでしょうか

実は、月夜野Basicの菌糸には実験的に添加剤を加えたものがありますが、この24gが
使用している菌糸には添加剤を加えていないそのままの菌糸を使用
幼虫の数が少ないので何とも言えませんが、添加剤は微妙な感じです
と言いながらも、来シーズンは何の添加剤を使おうか考えているところですが

ちなみに、その他の結果は

 46mmライン
  => 19g・17g・16g×2、9g・7g+前蛹幼虫1頭(計測せず)

 44mmライン
  => 20g×2、6g

他の幼虫の事は何も言う事がありませんが、1頭前蛹状態の幼虫を掘り起こしてしまいました
前回の交換時に11gの幼虫で、掘り起こしてみると体がシワシワで腹筋運動をしています
慌てた為、写真も撮らずにそのまま蛹室に戻しました
前回計測時に11gなのでならそれなりのサイズで羽化するかと考えていた所、早速
1月3日に見事に変身
CIMG1831加工済み
蛹化したばかりで、まだ体が白いのがわかります。
瓶底に蛹室を作ってしまいましたが、何とかこのまま羽化出来そうです
ただ少し気になる事が・・・。

てっきりかと思っていたこの幼虫、実は男の子でした
3日の時点ではわかりませんでしたが、翌日確認してみると何やら顎らしきものが
見え隠れしています
まさかと思い、本日掘り起こしてみると
CIMG1837加工済み
やっぱりでした
極小のな上に、よ~く見ると頭が少し横を向いています
おまけに足がクロスしています
羽化不全する予感が・・・
蛹化直前に掘り起こしてしまった為、ショックを与えてしまった可能性があります
とりあえず様子見するしかありませんが、人工蛹室に移すか考え中です

今年は最低でも1週間に1回はブログ更新をしていきたいと思いますので、
よろしくお願いします

限界か・・・?

2011/12/28 03:44
12月26日に阿古谷産オオクワガタの瓶交換を行いました
今シーズンは実験的に数種類のメーカーの菌糸を使用していて、今回は月夜野きのこ園
さんのElementを使用している4本の瓶の交換を行いました
内訳は1頭、3頭
当然気になるのは、の瓶で、早速瓶から交換しました
結果は・・・22g
CIMG1791加工済み
【管理番号AKO1112】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  7月14日 割出し 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(800cc)へ投入
  9月21日 2本目 16g 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入
 12月26日 3本目 22g 月夜野きのこ園 Elementブロックを詰め替えた瓶(1500cc)へ投入

前回が16gで3ヶ月後に22gならマズマズと言った所でしょうか
ただ、この系統は22gが壁みたいです
前回の阿古谷産の記事で紹介した幼虫も22g・・・
頭数が少ないので一概には言えませんが、私が使っている菌糸メーカーでは幼虫の
成長にあまり違いはないようです
もう少し高い菌糸では差が出るかもしれませんが・・・
菌糸のせいにしていますが、結局のところ、原因は私の腕なんでしょうね
まだ3本目瓶への交換を控えている幼虫達がいますが、はたして22gを超える幼虫は
出るのでしょうか?

ちなみにの方は、12gと8g2頭・・・
12gはでは最大ですので、マズマズでしょうか

前回、タランドゥスの瓶交換を行い、30gの幼虫を見ていますので、今回のオオクワの
幼虫達はなおさら小さく見えました
上級ブリーダーさんの間では30g以上を連発している方もいるようですので、オオクワでも
30gは不可能ではないですが、25g以上でさえ出ていない私にとっては30gは果てしなく
高い壁のように思えます

来シーズンは期待の森田Gゴールド82系統Dゴールド77SP系統のペアの産卵を
予定していますので、今シーズンよりは期待が出来そうですが、それも私の腕次第で
すかね

サイズの伸びが・・・。

2011/12/11 23:38
前回のブログで紹介した能勢YG858ラインの幼虫の瓶交換と一緒に、阿古谷産の
46mmラインのの瓶交換も行っていましたので、その事についてです

前回の交換が9月5日で20gでしたが、はたして・・・
CIMG1742加工済み
【管理番号AKO1101】
  4月27日 産卵セットへ46mm投入
  7月 4日 割出し(マットより回収し1本目のMGクヌギ菌糸瓶残りへ投入)
  9月 5日 2本目 20g ディ・キャッツ 850ccエノキ・クヌギ菌糸瓶(1次発菌)へ投入
 11月29日 3本目 22g ディ・キャッツ 1500ccエノキ・クヌギ菌糸瓶へ投入

このは割出しと同時に森田Dゴールド77系統のに使用した菌糸瓶の残りに投入した
所、2本目交換時では2番目に大きなサイズだったので期待していましたが、20gから
22gへと微増でした

の3本目への瓶交換は、今のところ4頭交換済みで21g、20g2頭、18gとこの
22gが最大となんとも情けない。。。
成虫のサイズで75mmは超えたいので、せめて25gは欲しいです
80越えなんて夢のまた夢ですね
腕がないのも確かですが、親種や血統の重要さに気付かされます

能勢YG858ラインの2頭の瓶交換も先日行いましたので、次回のブログにUPしたいと
思います
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。