DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

2014年度ブリード の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年度総括

2015/08/31 23:59
8月は北海道旅行の疲れからか、ブログを中々書く気にならず、他の事をして少し
ゆっくりしていました。
『進撃の巨人』の映画を観に行ったり、家で子供と『ファースト・ガンダム』の劇場版
DVDを観たりしていました。
『進撃の巨人』はTV放送のアニメをたまたまみたことで興味が湧き、単行本を読み
ましたが、ストーリーが面白くどハマりしました。
私は特にアニオタではないですが、読んでいて鳥肌が立つほど、ストーリーや世界観に
魅せられたのは初めてじゃないかと思うほどです。
実写映画は評判が悪いですが、登場人物やストーリー背景が少し違うことから別物と
考えれば楽しめた方だと思っています。

それにしても『ガンダム』は35年も前のアニメにしては良くできていますね~♪
勿論、画面の古臭さは否めませんが、ストーリーがとても良くできている事を改めて
感じました。
子供の頃、皆さんと同じようにガンダムにハマり、プラモデルがほしくてお店に
並んだり、遠くまで買いに行ったものです。
ロボットアニメとして大成功したのは勿論のこと、未だに人気があるのは物語の世界観が
しっかりできていて、リアルな作品世界が作り上げられている事もあるのでしょうね。


と、クワオタがアニオタ風に語ってみましたが、ここからはクワオタに戻ります(笑)
今回は2014年度ブリードの総括をしてみたいと思います。
2014年度は、yasukongさんラインをメインにブリードしましたが、結果は惨敗・・・。
yasukongさんラインは期待が大きかっただけに非常に残念な結果となってしまいました。
他のラインから、なんとか下記の85Upが1頭出たものの、全く満足のいくものでは
ありませんでした。
こっそりと管理表も更新していますので、興味がある方はご覧下さい。

CIMG7158加工済み

失敗の原因は明白で、1本目に幼虫体重をのせることが出来なかったからです。
一番の原因は、1本目の多くに430CCのプリンカップを使った事だと考えています。
430CCのプリンカップを使った狙いは、1本目を出来るだけ早く交換して、2本目で
の体重をのせるのが狙いでした。
成長期にを1400瓶に入れることで体重増を狙いましたがうまく行きませんでした。
投入日に関係なく喰い上げの早い幼虫から交換しましたが、全体的に交換が少し遅かった
ように思います。
また1本目が430CCでは早い幼虫では2ヶ月経たずに喰い上げてしまいますが、幼虫
体重は20g前後と小さく、交換の面白味も全くありませんでした。
しかもの判別さえ微妙な幼虫がいて、判別を間違えた幼虫も結構いました。

じゃ、1本目に800瓶に入れた幼虫の方が大きくなったかと言うと微妙ですが、800
瓶に入れてしっかり3ヶ月喰わせた方が2本目以降に繋がるのではないかと考えます。
ちなみに唯一の85.0mmの1本目は800瓶でした。。。

もう一つ失敗したと思っているのは、2013年度の幼虫の羽化が遅くなり、2014年
度の幼虫と被ってしまった事で、スペースの問題が出てしまったことです。
そのしわ寄せとして、ボトルコンテナに430CCのプリンカップと800瓶を詰め
込み、更にコンテナを重ね積みし、その上、エアコンの風が直接あたる所に山積みして
置いたことで、例年より多くの自然早期羽化を出してしまいました。

2014年度の羽化は2月から加温を始めたことで、大概の幼虫が5月と6月に羽化
した為、2015年度の幼虫と多少被ったものの、去年のようなスペース問題もあまり
なく、うまくスタート出来たと思っています。

2014年度のラインで比較的成績が良かったのは、タケセイヨウさんとのコラボライン
の5番と、anchorageakさんから幼虫で里子して頂き、私の所で羽化させて
親として使った9番と10番(85.0mm羽化ライン)でしょうか。
一番悔やまれるのは9番で、手抜き飼育の結果、15頭の内合わせて4頭も1本
返しの自然早期羽化を出してしまいました。
このラインは蛹のまま羽化できずに★になってしまいましたが、蛹体重が26.4gと
85.0mmより重かった蛹が出ていただけに、もう少し丁寧な飼育をしていたらと
悔やまれます。
このようなことから、今期は『丁寧な飼育』を心掛けるようにしています。


今後もyasukongさんラインに拘ったブリードを続ける予定で、最終的には
yasukongさんから直接譲って頂いたラインから85Upを出したいと思っています。
なんとか2015年度は巻き返せるよう頑張りたいと思います。

スポンサーサイト

2014年度羽化報告

2015/08/29 23:59
すっかり涼しくなりました。
8月上旬のあの猛烈な暑さが嘘のようです。

8月に入り初めての更新です。
8月は、1日から5日にかけて小1の息子と『親子ふれあいクルーズ』というツアーで
北海道に旅行に行ってきました。
息子はもちろんの事、私にとっても北海道も船旅も初めてで、しかも息子と2人での
旅行も初めてと言う、初めて尽くしの旅となりました。

84組もの親子が参加し、それはもう賑やかなツアーというか、わかりやすく言うと、
小学校の遠足が4泊5日だったような感じす。
息子は他のお子さんと直ぐに仲良くなり、結局、そのお子さんの親御さん達とずっと
一緒に行動させて頂きました。
「ボーイズ ビー アンビシャス(少年よ、大志を抱け)」で有名なクラーク博士像がある
羊ヶ丘展望台や白い恋人パーク、札幌サッポロビール園、嵐の木で有名な美瑛、
旭山動物園と、結構盛り沢山な弾丸ツアーでした。

それにしても、子供が集まると凄いパワーですね。
どこでもお構いなしに走り回り、ギャーギャー騒ぎまくり、殆ど言う事も聞かず、
それはそれは疲れる。。。
息子にとっては大満足の旅となったと思いますが、私にとってはとても疲れる
旅となりました。。。
帰ってきてからも疲れがとれず、職場の上司に『顔が疲れてるね!』と言われた程です。
まぁ、子供が楽しめたので結果オーライですが


管理能力がないので、最終羽化報告が今頃になってしまいました。
備忘録も兼ねて気になった個体をいくつか紹介したいと思います。
まずは、3本目へ交換時に体重の重かった上位3位までを紹介したいと思います。
まずはこちら
CIMG7346加工済み
CIMG7361加工済み
【NYG14-1502 83.7mm 2015年5月26日羽化】

 種親 80.2mm(yasukong様1201)×50.2mm(yasukong様1201)

  6月30日 1本目 S3 430プリンカップへ投入
  9月16日 2本目 22.9g S4 1400PPボトルへ投入
 12月 9日 3本目 35.9g S4 1500ガラス瓶へ投入
  4月27日 蛹化
  5月26日 羽化 83.7mm(頭幅29.1mm)

1番体重が重かったのはタケセイヨウさんからの866インライン里子で35.9g
3本目も暴れず4月に入りすんなり蛹化。
瓶越しに見える蛹はとても大きく、掘りたい気持ちを押し殺して羽化を待ちましたが、
最終体重がサイズに反映されませんでした。
ご覧のように顎が短かい。。。
タケセイヨウさんの所では85.1mmが出ているので次世代で85Upを狙います。

2番目に重かったのは、33.3gで前回紹介した85.0mm(NYG14-1012)
なので割愛します。

3番目に体重の重かったのは
CIMG7332加工済み
CIMG7345加工済み
【NYG14-1304 82.5mm 2015年5月12日羽化】

 種親 85.0mm(アプロ様2012YG⑥)×51.0mm(Gull様YG1204-12)

  5月 3日 1本目 S4 1400クリアボトルへ投入
  9月 1日 2本目 29.3g S4 1400PPボトルへ投入
 12月 5日 3本目 33.0g S4 1500ガラス瓶へ投入
  4月12日 蛹化
  4月27日 蛹化体重 23.2g
  5月12日 羽化 82.5mm

3位はアプロさんからの里子で33.0g
種親が85Upの幼虫は初めてでしたが、期待に反してサイズは伸びませんでした。
ただ、顎スラで次世代以降に可能性を感じさせる個体だと思っています。
アプロさんの所では、どのくらいのサイズが出ているのかな??

他に気になった個体を紹介したいと思います。
まずは
CIMG7382加工済み
CIMG7387加工済み
【NYG14C-510 84.1mm 2015年5月23日羽化】

 種親 80.2mm(yasukong様1201)×51.5mm(マサレッド様12NO229)

  6月20日 1本目 LEVIN-GSP 800ガラス瓶へ投入
  9月21日 2本目 27.3g LEVIN-GSP 1400PPボトルへ投入
 12月 5日 3本目 30.3g LEVIN-G 1500ガラス瓶へ投入
  4月23日 蛹化
  5月23日 羽化 84.1mm

こちらはタケセイヨウさんとのコラボラインで、タケセイヨウさんの所では羽パカながら
87.5mmが羽化しています。
完品では、里子先のGREENさんの所で、85.3mmが羽化してます。
このラインの特徴は、最終幼虫体重が軽い割に大きく羽化している所です。
タケセイヨウさんの87.5mmBは最終が31.6g、GREENさんの85.3mmは最終が
31.5mmとサイズの割に体重が軽いのが特徴です。
上記の84.1mmも最終体重が30.3gですから、大きく羽化した方でしょう。
こちらも次世代で更なるサイズUPを狙います。

次は
CIMG7362加工済み
CIMG7379加工済み
【NYG14-911 83.9mm 2015年5月30日羽化】

 種親81.1mm(NYG12-502:anchorageak様2012825490)
 種親55.0mm(NYG12-501:anchorageak様2012825490)

  6月27日 1本目 S3 430プリンカップへ投入
  9月 7日 2本目 23.0g S3 1400PPボトルへ投入
 12月 5日 3本目 31.1g S4 1400クリアボトルへ投入
  5月 2日 蛹化
  5月22日 蛹体重 25.7g
  6月30日 羽化 83.9mm(頭幅29.1mm)

このラインは85.0mm(NYG14-1012)とは異腹ラインになります。
このラインは15頭飼育で、4頭も自然早期羽化を出してしまいました。
83Upが4頭も出ている為、もう少し丁寧なブリードをしていたらと思うと悔やまれます。

その他におまけ2
CIMG7205加工済み
【NYG14-1305 55.5mm 2015年7月11日羽化】
CIMG7202加工済み
【NYG14-401 55.0mm 2015年5月30日羽化】

2014年度は、55.0mmUpのが2頭出ました。
55.5mmは自己記録更新です。
55Upのなんて今時珍しくないですが、十分デカいです。
デカいは親に使いたくなります。


最近立て込んでますので、今回はコメを閉じさせて頂きます。

2014年度羽化報告 最大個体

2015/07/31 23:59
東西交流戦を無事に終えることができ、とりあえずホッとしています。
結果は半クワ倶楽部の全勝でした。
我がグループながら、半クワスゲ~です。
今期は少しでも半クワ内での順位を上げられるよう頑張ります。

今回は前回の交流戦の結果発表の際に、初お披露目した85君を改めて紹介したいと
思います。
では早速ですが
DSC_0123_850.jpg
【NYG14-1012 85.0mm 2015年6月22日羽化】

 種親81.1mm(NYG12-502:anchorageak様2012825490)
 種親52.7mm(NYG12-702:anchorageak様2012810505)

  7月 9日 1本目 AG 800PP瓶へ投入
 10月12日 2本目 26.1g E-24 1400PP瓶へ投入
 12月23日 3本目 33.3g LEVIN-G1500ガラス瓶へ投入
  5月22日 蛹化
  5月28日 蛹体重 26.2g
  6月22日 羽化 85.0mm(頭幅30.2mm)

去年の860に次いで、どうにか2年連続で85Upを出すことが出来ました。

このラインは、anchorageakさんから幼虫で里子して頂き、羽化させた個体を
親(81.1mm×52.7mm)に使っています ⇒ 系統図
anchorageakさんの所で複数の大型個体が出ている825490の血を受け継いで
いて、我が家の86.0mmをはじめ、今期、桑名鷹さんが出した86.1mmと、
たけくわさんが出した87.0mmもこの血を受け継いでいます。

当初は、正直このラインはノーマークでした。
その証拠に1本目は手抜きしてAGに入れています。
しかも割出しが6月17日にも関わらず、1本目投入が7月9日と遅くなってしまった為、
全く期待していませんでした。

予想通り2本目への交換時も幼虫体重はパッとせず、ハズレラインの臭いさえも
していました。
それがこのだけは3本目交換時に26.1gから33.3gへと成長!
AGからE-24へのリレーがうまくいったと思っています。

3本目でも更なる成長を見せ、瓶下部の居食い部屋から見えるその姿は明らかに
他の幼虫より大きく期待は膨らむ一方でした。
しかしそう簡単にはうまくいかないのがオオクワブリード。。。
前蛹まで大人しくしているかと思いきや、急に移動を開始
暴れか!?と瓶交換を迷いましたが、幸いにも蛹室を作る為の場所移動だった
ようで、瓶上部に移動すると直ぐに蛹室を作り前蛹へ。
我慢できず、おもわず掘り掘りして体重計測
CIMG6954加工済み
【NYG14-1012 蛹体重26.2g 2015年5月28日】

さすがにこの体重では、85Upは厳しいかと思いましたが、なんとか85Up達成!!
系統図を見ると、準ギネス系のP8250の血が入っている事に気付き、なるほど!と
1人で納得

ちょっとくどくなってきましたが、最後にもう一枚
CIMG7158加工済み
【NYG14-1012 85.0mm 2015年6月22日羽化】

頭幅が30.2mmと横にとられてしまいましたので、次世代は顎長系のにかけると
面白いかと、今らから来年の組み合わせを妄想してほくそ笑んでいます
ただ問題は、幼虫が採れるかどうか
来年こそは幼虫が採れますように!と今からクワ神様にお願いしておきます


東西交流戦 半クワ倶楽部結果発表

2015/07/26 00:00
毎日暑いですね~、って『暑い』という言葉しか最近は出ません。

まだ前回のブログのコメ返もしてませんが、今回は予告通り関西大鍬研鑽会と
半クワ倶楽部の東西交流戦の結果を発表したいと思います。
コメ返は必ずしますので、少々お待ち下さいorz
東西交流戦の事をご存じない方の為に ⇒ 詳細

結果発表と言っても、我が半クワ倶楽部の東軍のみの発表となります。
同時発表で関西大鍬研鑽会の西軍も発表している筈ですので、桑名鷹さんのブログ
ご覧になって先鋒(5位)・次鋒(4位)・中堅(3位)・副将(2位)・大将(1位)で何勝何敗かを
確認して下さい。
私もこの記事を書いている時点では結果はわかりません。。。

では早速ですが、我が半クワ倶楽部の順位を紹介します。
もう発表済みですので、いきなり第1位(大将)から
20150616180213015加工済み
【mustar 14YG-A401 87.3mm】

詳細は ⇒ mustar's room
半クワ倶楽部の初代半クワキングは、mustarさん作出の87.3mm
この個体はとにかく デカい! 太い! この二言に尽きます。
次世代で88Upを狙ってもらいたいです。


第2位(副将)は
1437830098764加工済み
【GrowMayThis G14-1Y09 87.2mm】

詳細は ⇒ ◇趣味は尽きぬ...◇
第2位は、GrowMayThisさん作出の87.2mm
元ギネス871インライン直仔ペアからです。
14年1Yは、採れた幼虫が13頭では5頭のみだったにも関わらず、その5頭全てが
85Up(1頭は羽化後★)という驚異的なラインです。
最大個体が完品羽化後に★と非常に惜しかったですが、87.2mmでも十分にデカい。
次世代で88、89Upが狙えるのではないでしょうか。


第3位(中堅)は
1505051549加工済み
【ougo 2014YG2014 86.5mm】

詳細は ⇒ THE プリンカップ!!
第3位は、半クワ最高顧問のougoさん作出86.5mm
銚子オオクワガタ倶楽部の古川さん測定では87.0mmとされたようですが、左右顎の
長さが違うということで、86.5mmとしたようです。
私なら87.0mmにしちゃいますけどね♪
さすが余裕のougo氏。
次世代では、かる~く87Upですね、きっと!


第4位(次鋒)は
IMG_1703_convert_20150622234059加工済み
【タケセイヨウ 14YG-mstD-101 85.5mm】

詳細は ⇒ 大鍬道
第4位は我らが半クワ特攻隊長タケセイヨウさん作出の85.5mm(実寸)。
完品としての最大は上記の85.5mmですが、羽パカでは87.5mmを出しています。
大鍬道を極めつつありますね~。
来年はきっと完品で87Upを出すことでしょう♪


そして最後の第5位は
DSC_0123_850.jpg
【トシクワ NYG14-1012 85.0mm】

第5位は、恥ずかしながら私トシクワ作出の85.0mm
初公開ですので、詳細は羽化報告の際にでも紹介したいと思います。
去年の86.0mmに続いて、2年連続で85Up達成に正直ホッとしています。
もう1発屋とは言わせません。。。


インディアンさんですが、正直インディアンさんはクワブリ所ではなかったです。
命にもかかわる事がありましたし、それ以外にも激動の1年だった為、私の独断で
順位から除外とさせて頂きました。

東西交流戦には参加していませんが、reonroiさんは87.2mmを出していますし、
ポチョJさんも85Upが出ているようで、半クワ内でのビリケツは私と言う結果に。。。
また部長兼オフ会幹事やりますよ


結果以前に交流戦を行うことで、皆さんに注目して頂き、メンバー間の結束も
固くなりました(なってますよね~、半クワのみなさん!?)
さらにreonroiさんとポチョJさんが半クワメンバーにも加わり、更に強力になりました。
仲間でサイズを競いながらも今後も楽しくクワブリードが出来ればと考えています。

結果は置いておいて、関西大鍬研鑽会の皆さん、1年間お疲れ様でした。
クワブリの道はまだまだ続くと思いますが、これからも楽しくクワブリしましょう♪


ぽわり。。。

強制早期羽化 途中経過

2015/01/14 00:00
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

2015年に入ったというのに、全く新年を迎えた気分がしません。
毎年の事ですが、年末年始もいつものように普通に仕事なので仕方ないですが、
しばらくお正月気分を味わっていません。
おまけに、年末に風邪を引いてしまい、インフルかと心配しましたが幸いにも
インフルではなくて一安心
ただ、風邪が中々抜けず調子が今一でしたが、やっと今週になり調子が戻ってきました。

今年に入ってからは、皆さんのブログも殆ど読み逃げですみませんm(__)m
徐々にコメしに伺わせて頂きます。


今回は、4頭の強制早期羽化の途中経過を備忘録も兼ねて書きたいと思います。
が、いきなり悪い知らせです
ブログを書く前に、1月9日にやっと蛹化した蛹の体重を量ろうと、ボトルから慎重に
出そうとした所、うかつにもポロっと落としてしまい悲惨な事に。。。
あ~、余計な事をしようとしたばかりに・・・
蛹君ごめんなさい

そんな訳で、4頭が3頭になってしまいました。。。
と言いながらも、残り3頭の内1頭は、加温後暴れてしまい強制早期羽化を断念。
常温に戻し3本目に交換した所、交換のショックからか見事に蛹化
このは羽化しても来期は使わないかもしれません。

その他の2頭ですが、無事に2頭とも羽化しました。
まず1頭目は
CIMG6595加工済み
【NYG14C-520 2014年11月21日蛹化 ⇒ 12月25日羽化】

ボトル底に蛹室を作ってしまった為、安全を期して羽化直前にボトルを逆さまに。
まだ掘り出していませんが、不全もなく完品羽化したようです。
2本目へ交換時の体重が12.7gなので、サイズはあまり期待していませんが
小さすぎなければ、来期使おうかと考えています。

最後の1頭は
CIMG6602加工済み
【NYG14-1301 蛹体重 13.1g 2015年1月4日】

蛹室にキノコが生えてきたので、キノコを除去するついでに体重測定すると13.1g
2本目へ交換時が16.1gで蛹体重が13.1gって結構いいサイズですよね!
と喜んだのも束の間、蛹をよ~く見てみると後ろ足が『シェー!!』のポーズに
CIMG6602加工済み2
【NYG14-520】

『げっ、不全かよ!!』と心配したのもなんのその、完品羽化したようです
CIMG6605加工済み
【NYG14-1301 2014年12月8日蛹化 ⇒ 2015年1月11日羽化】

は羽化当日の写真ですが、内翅もきれいに収まり、上翅もきれいに閉じています。
羽化するまでわからないものですね~。
もしかしたら、足に麻痺が残っていたりするかもしれませんが、問題なければ来期
使おうかと考えています。


と、こんな感じですが、それにしても蛹の取り扱いには気を付けないといけませんね
以前にも、蛹をブッ刺した事があり、蛹の扱いには気を付けていましたが。。。
中々前蛹にならず、諦めかけた12月下旬に前蛹を確認、1月9日にやっと蛹化して、
もしかしたら来期使えるかも!と期待していただっただけに残念です。


蛹、弄るべからず!!


皆さんも、お気を付け下さい

3本目へ交換 後編

2014/12/30 00:00
今年も残すところ、今日と明日のみです!
普通にお勤めの方は、年末から年始にかけて9連休ですね
9連休もなんていいな~
私は毎年のように普通に仕事ですが、めずらしく元旦だけは休みです
たまには元旦でにぎわう人混みにでも行ってみようかな


クリスマスイブに溜まっていたボトルを洗いました
今の時期は水が冷たいのでボトルを放置しがちですが、この日は日差しが暖かかった為、
溜まっていたボトルを一気に洗いました。
洗いながら室外機の上に積み上げいていったらこんな感じに
CIMG6592加工済み
【ボトルピラミッド 2014年12月24日】

これで少しはスッキリして年を越せそうです


クワの方はの3本目交換が25日に終わりました。
2本目へ交換時には100頭かと思ってましたが、が1頭紛れ込んでいて、
最終的に99頭となりました。
が、自然早期羽化が2頭でて、交換時に傷をつけてしまったのか、尻噛みしたのか
不明ですが、交換後に2頭が★になり、現状の幼虫は95頭。
後半の交換に期待していましたが、予想していた通り、全く大きいのが出ず、今期は
既に終了した感じです
去年の〇〇〇〇さんのように旅に出たい気分です・・・

一番期待していた本家ラインが全くダメで、非常に残念
と言っても、種親が78.2mmですからね。。。
と言い訳しておきます


その中で、唯一まずまずのが出てくれました

2014年10番
種親81.1mm(NYG12-502)×52.7mm(NYG12-702)
CIMG6586加工済み
【NYG14-1012 26.1g(10/12) → 33.3g 2014年12月23日交換】

2本目へ交換時は26.1gと今一でしたが、頭幅が13mm以上あり、ちょっとだけ期待
していました。
33.3gとゾロ目でなんだか羽化も期待できそう!?です
紹介できるのはこの1頭のみ。。。


3本目への交換結果は、35Upは1頭のみ。。。
33Upが2頭。。。
30Upでさえ23頭だったのが、交換後に2頭が★で、たったの21頭。。。
なんと30Up率は22%・・・。。。
終わったな・・・

期待して臨んだ今期でしたが、予想以上の悪い経過に得意の妄想も膨らみません。。。
しいて言えば、インラインの9番と12番ラインが我が家では比較的経過がいいですが、
アベレージは両ラインとも約29gと30gへも届かず。。。
お遍路に行こうかな・・・。


思い当たる事は色々あります。
来期に改善あるのみです。


そう言えば、訪問者が確か12月12日に40000を超えました。
こんなショボイブログにも関わらず、いつもお越し頂いている皆さん、本当に
ありがとうございます。
今期もまだわかりませんが、前期同様ミラクル頼みなので期待は出来ませんが、
来期こそはあっと驚くような幼虫&成虫を紹介出来ればと考えています。

今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
皆さん、良いお年を

3本目へ交換 前編

2014/12/15 23:59
いや~、寒いですね~
まだジャージで頑張ってますが、そろそろ限界です

菌糸詰めも、先週土曜(13日)に気合で10ブロックを詰めて、3本目用の菌糸
詰めが終わりました
詳細は、12ブロック(11/21)+12ブロック(11/29)+10ブロック(12/7)+10ブロック
(12/13)の合計44ブロックで147本詰めました
約3週間かかりましたが、詰め詰め嫌いの私としてはいいペースで菌糸が詰められた
と思っています

菌糸を詰めながら3本目への交換も始めていました
約半分の交換が終わりましたので、今回は前半の交換状況を書きたいと思いますが、
皆さんと比べるとかなり悲惨な状況です
半クワ縛りは、32gとかなりゆるいにも係わらず、紹介できるのはごくわずか
それは2本目なんて言わないで~!
皆さんのように35gUp縛りじゃ、紹介するのがいなくなってしまいますのでお許しを


では、まずは恥ずかしながら自ブリ最大から

2014年12番
種親79.7mm(龍様2012年11番No.1)×50.3mm(2013年5番早期)
CIMG6527加工済み
【NYG14-1206 22.0g(9/7) → 32.1g 2014年12月5日交換】

自ブリ最大が32.1gとは寂しい限り・・・


次は、里子から

2014年13番(アプロ様2014年4番)
種親85.0mm(アプロ様2012YG-⑥)×51.0mm(Gull様1204)
CIMG6515加工済み
【NYG14-1304 29.3g(9/1) → 33.0g 2014年12月5日交換】

アプロさんの里子から我が家ではまずまずのが出てくれました。
本音を言えば、もう少し伸びているかと思っていましたが、我が家のすし詰め状態の
ブリードルームではこれが精一杯だったんだと思います
本来持っているポテンシャルはもっと高いはずなので、今後は良い環境で完品羽化
出来るよう管理していきたいと思います。


次も里子からで現状での最大です

2014年15番(タケセイヨウ様2014年A1)
種親80.2mm(yasukong様1201)×50.2mm(yasukong様1201)
CIMG6535加工済み
【NYG14-1502 22.9g(9/16) → 35.9g 2014年12月9日交換】

さすがは、『男気』着弾!
半クワ特攻隊長のタケセイヨウさんの里子から、35gUpが出ました
yausukongさん1201インラインです。
正直今期は35gUpは出ないかと諦めかけていましたが、過酷なブリード環境にも
係わらずこのサイズですから、是が非でもこの体重のまま完品羽化させたいです。
タケさんの交換も楽しみにしてますよ~


と以上です。。。
前半で紹介できるのは3頭のみ


あと備忘録として、最大もついでの載せておきます

2014年13番(アプロ様2014年4番)
種親85.0mm(アプロ様2012YG-⑥)×51.0mm(Gull様1204)
CIMG6422加工済み
【NYG14-1305 15.4g(9/1) → 16.9g 2014年10月25日交換】

ちっせ~!なんて言わないで~
こちらもアプロさんからの里子です。
我が家では、全体的には更に小さいです


後半は40gと言わないまでも、35g前後が複数出てくれる事を祈るばかりです
既に来期への課題もわかりましたので、来期に改善しなければ今期の二の舞
改善あるのみです



今年も残すところあと半月ですね。
師走に向けて色々と忙しくなってきました。
皆さん、年末年始に向けて体調を崩さないように仕事にプライベートに、クワ活に
頑張っていきましょう

菌糸詰め詰め開始!

2014/11/23 23:59
ここ2、3日は天気が良く暖かくて過ごしやすいですね
天気が良いので洗い物をするのも楽です


我が家でも3本目の菌糸詰めを始めました
21日に12ブロック届きましたので、気合を入れて一気に12ブロック詰めました
6時間ぐらいかかりましたが、久し振りの詰め詰めだったので、気分的には比較的
楽に詰められました
CIMG6478加工済み
【2014年11月21日菌糸詰め 1500瓶×10本/1400瓶×16本/500瓶9本】

詰めた菌糸は詳細は

 S3   1500ガラス瓶(930g)×6本
      1400クリア瓶(830g)×10本
       500ガラス瓶(300g)×4本+ハンパ瓶1本
       500クリア瓶(300g)×4本

 S4   1500ガラス瓶(930g)×2本
      1400クリア瓶(830g)×2本+ハンパ瓶1本

 S3M 1500ガラス瓶(910g)×2本
      1400クリア瓶(810g)×2本+ハンパ瓶1本

ハンパ瓶も含め合計35本です
3本目はそんなに喰わないので、少し少な目に詰めました。

クリアボトルはそれなりに硬く詰めたつもりですが、ガラス瓶は割れるのが怖くて
あまり硬く詰められませんでした
ガラス瓶は個人的に気に入っていますが、扱いずらいのが難点です
もう何本割ったことか・・・

29日にも12ブロック届くので、ブロックを溜めなくて良かったです
他にも約25ブロック程詰める予定なので、詰め詰めとの戦いはこれからが本番です

交換の方も昨日詰めた菌糸が早目に使えるようになれば、11月末には交換を始め
ますので、またまた忙しい日々が続きそうです
ただ、の一部は2本返しにしますので、菌糸詰めも交換も2本目より楽かも
最低でもの交換は年内に完了して、年末年始は落ち着いて過ごしたいです
と言っても、毎年の事ですが、年末年始も普通に仕事ですが


みなさん、今年もあと1ヶ月と少しです
こらから師走に向け何かと忙しくなると思いますが、体調など崩さないように気を付け
ながらクワブリ頑張りましょう

強制早期羽化!

2014/11/10 23:59
今回は前回の更新からあまり間を開けずに更新です


いや~、クワ作業のない日々っていいですね~
かなりゆっくり出来ています
今まで殆ど毎日、何かしらクワ作業をしてましたからね
でも、こんなにゆっくり出来るのも今の内だけです。
今月21日と29日には3本目用のブロックが合計24ブロック届きますので、
また憂鬱な詰め詰めの日々が始まります


今回は強制早期羽化についてです
来期はクワ友さんからの里子を含め、自己ブリ個体のに種親候補が複数いる為、無理
して強制早期羽化させなくてもいいんですが、ダメ元で4頭のみ組んでみました
CIMG6430加工済み
【2014年10月28日 強制早期羽化セット】

去年と同じように、発泡スチロールにピタリ適温を入れた簡易温室です。
新成虫の整理が中々進まず、スペースの関係でセットするのがかなり遅くなって
しまいました
ただ、去年もセットしたのが10月20日と遅かったにも係わらず、8頭中5頭が1月
上旬までには羽化して、使った4頭全てが産卵しましたので、1月上旬ぐらいまでに
羽化すればいいかな!と気軽に考えています。

4頭の内訳は、自己ブリライン1頭とタケさんとのコラボ1頭と里子2頭です。
いきなり温度を28℃に設定した為、1頭暴れてしまいましたが、気にせず今は30℃
前後に上げて蛹化を促しています。
1頭でも1月上旬頃までに羽化させる事が出来ればOKですかね


2本目交換後、今期はあまり温度を下げずに設定している為、暴れている
いますが、放置しています。
3本目を詰めたら、交換しようかと思っています。
3本目への交換は、早ければ11月末から始めますが、1本目に小さい瓶に入れた
君達がどのくらい伸びているかドキドキです
前期は、3本目交換時に30gUpが16頭だったので、倍は出てほしいですね。
40gUpは無理でも30g後半が5頭ぐらいは見たいです。
ただ、あまり期待しないでいようと思っています。
その方が、もし結果が予想より良かった場合に、嬉しさも倍増ですからね


今回よりコメを再開したいと思います
コメ返が遅くなるかもしれませんが、その辺は大目に見て下さい
今後ともよろしくお願い致します

2本目への交換終了!

2014/11/07 00:00
最近はだいぶ冷え込んできましたね
そろそろコタツを出す時期ですね


我が家でも2本目への交換がやっと終わり、最近はゆっくりしています
今期は最終的に216頭でスタートしましたが、正直やり過ぎました
私には150頭前後が負担なくブリード出来る数かもしれません。。。

そんな感じなので交換もゆっくりでした。
216頭の内、90頭を小さな瓶に入れた事もあり、8月28日から交換を開始して、
全ての交換が終わったのが10月25日と約2ヶ月もかかってしまいました
喰い上がりの早い瓶から交換したので、最後の方はばっかりで交換がつまらなく、
余計に交換に時間がかかってしまいました。

結果は・・・・。
30gUpはたったの3頭・・・
今期は既に終わったかもしれません。。。
今まで全てを公開してきましたので、こんな結果でも管理表をUpしました
皆さん、見ないで下さい

内訳は、100頭、110頭と良い感じに分かれてくれました
★はたったの6頭と予想していたより少なかったですが、自然早期羽化が5頭も出て
しまいました。
去年はたったの1頭ですから、ちょっと失敗です。
原因はエアコンの風で、風が直接当たっていた瓶から自然早期羽化が出ています。
ただ、5頭の内4頭が9番ラインに偏っているのが気になる所です。
本当にエアコンの風が原因なのか、それとも自然早期羽化しやすいラインなのか?
両方のような気もしますが。。。

こんな悲惨な結果の中、唯一の希望の光が

2014年16番(グリーン様 2014年6番
種親84.0mm(Gull様1202)×51.0mm(Gull様1304早期)
CIMG6338加工済み
【NYG14-1603 33.0g 2014年10月9日交換】

前回のブログで紹介したグリーンさんの里子から33.0gが出てくれました
半クワ倶楽部の32.0g縛りも唯一クリアーです
我が家の環境で、他の幼虫が大きくなっていないにも係わらず、1本目から
33.0gUpですから、Gullさんブリード個体のラインは流石です

グリーンさん、お蔭様で今期も85Up狙えそうです
ありがとうございました
1発屋にならないように頑張ります
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。