DIARY OF A BLACK BEAUTY

能勢YG血統をメインにブリードしています!

2013年度用補強 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着弾3連発 最終回(久留米幼虫編)

2013/08/07 00:00
やっと、幼虫の着弾記事の最終回を迎える事ができました
ブログを毎日更新するって大変ですね
たかが4日連ちゃんでしたが、燃えつきました
この後はしばらく更新しないかもしれません・・・・
あっ、羽化報告もやらなくちゃ
この後もコツコツとブログ更新頑張ります


では、本題の久留米幼虫の援軍の紹介です
まずはじめはこちら
CIMG4062加工済み
【2013年6月18日着 久留米 2ライン計6頭】

こちらもGMTさんからの援軍です
ライン詳細は

 ・GMT様 久留米 2013年2K番  3頭
  83.5mm(クマモン様11年1A) × 54.5mm(クマモン様11年2C)

 ・GMT様 久留米 2013年5K番  3頭
  83.5mm(クマモン様11年1A) × 52.0mm(shima様2011年8番)


両ラインともクマモン様の2011年1Aラインの83.5mmを使っていて、2K番ラインは
が54.5mmとデカいので楽しみです
5K番ラインは、shima様からの52.0mmの兄弟に85.7mmが出ているようなので、
こちらも楽しみなラインです

その他に、上部写真右下に移っている巷で噂のFe3+も頂きました
菌糸を詰める際に、菌糸にかけて詰めると幼虫がデカくなるという都市伝説もあるとか
幼虫がデカくなるかどうかはわかりませんが、菌の周りが早くなり、菌糸の劣化予防にも
なるというような話ですので、2本目の菌糸を詰める際に使ってみたいと思います


そして、最後の援軍幼虫のおおとりは
CIMG4188加工済み
【2013年7月6日着 久留米 1ライン3頭】

チョネさんからの超強力な援軍です
ライン詳細は

 ・チョネ様 久留米 2013年1番  3頭
  82.0mm(メルリン様2011年10番)×52.0mm(マツノインセクト様2011年8番)

実は、この幼虫はチョネさんが去年開催したプレ企画に当選して頂いた幼虫です
プレ企画Cの当選品で、種親82.0mmはメルリン様2011年10番で、同腹に
86.6mmが出ている超スーパーラインです
また52.0mmの方は久留米と言ったらマツノ久留米というほど有名な、マツノ
インセクト様からで、同腹で86mmが出ているこれまた凄いラインです
種親とも同腹で86Upが出ているラインなだけに否応なしに期待してしまいます


GMTさん、チョネさんこの度はありがとうございました
久留米は数は少ないですが、少数精鋭で頑張ります


実は、幼虫じゃないですが、こんなよい物も届いていました
CIMG3883加工済み
【2013年5月28日着 TP 800ccSP-EX 10本】

実は、こちらもチョネさんの追加プレ企画の当選品です
ターニングポイント様からの協賛品で、TPオオヒラ800ccボトル10本です
今期の飼育数が多くなる事を見越して応募した所、見事に当選
スタンダードの『ST-EX』か、添加量がスタンダードの1.5倍の『SP-EX』が選べる
との事で、迷わず添加の強い『SP-EX』をお願いしました
喰えない幼虫もいるかもしれませんが、1本目でどのくらい大きくなるか楽しみです
ボトルをお願いした際に、ゼリーや飼育ケースも一緒にお願いました


ターニングポイント様、この度はありがとうございました
丁寧な対応にも感謝しております


これでやっと全ての幼虫の紹介が終わりました
近々、2013年度の幼虫管理表も載せたいと思います
4日間お付合いありがとうございました
次回は大した事ありませんが、2012年度の羽化報告をしたいと思います
スポンサーサイト

着弾3連発 第2回目(能勢YG援軍幼虫編パート2)

2013/08/05 23:59
なんとか今日中にブログ更新ができそうです
3日・4日・5日と3連発いけました


今回は前回のブログに載せきれなかった、能勢YGの援軍幼虫編のパート2です
パート2と言っても、能勢YG編は最後です
約1ヶ月前の事ですが、またまた凄い幼虫が届いておりました
CIMG4169加工済み
【2013年7月1日着 能勢YG 2ライン計5頭】

こちらはブログリンクさせて頂いているju_tsuさんからの超強力な援軍幼虫です
ライン詳細は


 ・ju_tsu様 能勢YG 847系 2013年A1ライン  幼虫3頭
  種親82.5mm(ワイドカウ様871同腹) × 52.8mm(ワイドカウ様871同腹)
 
 ・ju_tsu様 能勢YG 80系  2013年A2ライン  幼虫2頭
  種親82.5mm(ワイドカウ様871同腹) × 51.0mm(Gull様2011年7番)


両ラインともワイドカウ様のギネス871の同腹兄弟82.5mmを使ったラインで
インラインとアウトラインになります
871同腹インラインもかなり楽しみですが、アウトラインはアベレージが84Upの
Gull様2011年7番の51.0mmを使ったラインでこちらも超楽しみなラインです
超強力な幼虫に大きく出来るかちょっとプレッシャーです
貴重な幼虫ですので、まずは全頭完品羽化させられるよう頑張りたいと思います


そして能勢YG援軍幼虫編の最後を飾るのは、こちらです
CIMG4315加工済み
【2013年7月20日着 能勢YG 847系 1頭】

兄弟の契りを結んだGrowMayThisさんからの援軍幼虫です
詳細は

 ・GMT様 能勢YG 847系 2013年6Y番ライン  幼虫1頭
  種親83.5mm(マサレッド様2011年7番) × 51.5mm(GMT様2012年13番)
  *51.5mmは早期羽化

我が家のGull様2011年9番♀51.5mmとコラボしたGMTさん所有マサレッド様
2011年7番83.5mmに、あのワイドカウ様ギネス871のインライン直仔を早期羽化
させてペアリングし、GMTさんが粘りに粘って採った超貴重な幼虫です
GMTさん曰く『今期、871直仔を使っているのは私だけでしょう、ワッハッハ』と
なんとも豪快なGMTさんです
なんとも凄すぎるラインの幼虫にこちらも無事に完品羽化させられるかプレッシャーです


ju_tsuさん、GMTさん、この度は貴重な幼虫をありがとうございました
とりあえずは、完品羽化させられるよう頑張ります


明日の夜は、援軍幼虫の最後の久留米編です

着弾3連発 第2回目(能勢YG援軍幼虫編パート1)

2013/08/04 02:30
こんな時間になってしまいましたがお約束通り、着弾連発2回目です


今回は能勢YGの援軍幼虫についてです
購入幼虫の他に超強力な援軍も複数届いておりました
まずはこちらから
CIMG4164加工済み
【2013年7月1日着 能勢YG 6ライン計12頭】

こちらは去年も里子を頂きましたanchorageakさんからです
今年もanchorageakさんのご厚意で幼虫を12頭も里子に頂きました
ライン詳細は


 ①能勢YG 80系  Gライン  幼虫7頭
   種親81.8mm(2011825508) × 55.5mm(2011825490)
   *親55.5mmはanchorageakさんが去年作出した86.6と同腹です

 ②能勢YG 80系  Hライン  幼虫1頭
   種親80.8mm(2011866537) × 55.0mm(2011825490)
   *親80.8mmは、binnon様が本家86.6に種付けしてもらったラインの幼虫を
    anchorageakさんが羽化させたで、親55.0mmはこちらもanchorageak
    さんが去年作出した86.6と同腹です

 ③能勢YG 80系  Lライン  幼虫1頭
   種親83.0mm(2011825490) × 55.0mm(2011825515)
   *親83.0mmは、こちらもanchorageakさんが去年作出した86.6と同腹です

 ④能勢YG 847系 Wライン  幼虫2頭
   種親81.0mm(2011866533(1101)) × 51.5mm(2011866533(1101))
   *anchorageakさんが本家より補強した1101ペアで、866のインライン
    直仔になります
    本家が今期の種親の補欠としていたペアを譲って頂いた楽しみなラインです
 
 ⑤能勢YG 80系  Yライン  幼虫1頭
   種親81.0mm(2011866533(1101)) × 49.5mm(2012810505)
   *親81.0は本家の1101ラインで、49.5はanchorageakさんの
    2012年度早期羽化です


以上、5ラインも里子に頂きました
anchorageakさんのラインは、幼虫体重に対して、羽化サイズが大きく去年里子に
頂いた幼虫
も30gUpはいなかったものの、2頭80Upが出ております
残念ながら12頭頂いた内の2頭が既に★になってしまいましたが、どれも楽しみな
ラインです

anchorageakさん、今年もありがとうございました
今年以上に大きな個体が出せるよう頑張りたいと思います


細々と書いていたら、だいぶ遅い時間になってしまったので、今回の能勢YGの援軍
幼虫編はパート1とし、残りの援軍幼虫をパート2として次回紹介したいと思います
3連発と言っていましたが、4連発になってしまいました
果たして最後まで続くかな

着弾3連発 第1回目(補強幼虫編)

2013/08/03 00:17
約10日ぶりの更新です

まずはじめに、前回の記事のコメ返が遅くなりすみません
皆さんのブログも読み逃げばかりですみません
雑用が多く、また今頃新成虫の掘り出しをしていたりで大忙しです
やっと全ての幼虫を1本目に投入し終わって一息付けると思いましたが、
またまた大忙しです
早く2本目の菌糸の予約も入れないといけないし、早く新成虫を掘り出して、
種親以外を整理しないと、2本目の菌糸を培養するスペースがありません
毎日何かしらやっていて、最近ブリードが仕事のようになっています
ブログの方も補強幼虫や援軍幼虫、羽化報告など全く追いついていません


と愚痴っても仕方ないので、気合を入れて、今夜から3夜連続で補強と援軍幼虫の
紹介をしたいと思います
まず第1回目は、補強幼虫編です
では早速、いつものようにこちらから
CIMG4040加工済み
【2013年6月16日着】

もうだいぶ前ですが、こんなものが届いていました
中身はこちらです
CIMG4043加工済み
【Dorcus Tiga様 能勢YG 4ライン計10頭】

Dorcus Tiga様から4ライン合計10頭もの幼虫を補強させて頂きました
当初の予定では2ラインの予定でしたが、4ラインに

ライン詳細は

 ・Tiga様 能勢YG847系 2013年4番ライン  幼虫2頭
  種親82.0mm(本家1001ライン) × 52.5mm(Gull様2011年9番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2013年5番ライン  幼虫2頭
  種親83.2mm(Gull様2011年7番) × 53.0mm(Gull様2011年7番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2012年5番ライン  幼虫3頭
  種親82.6mm(Tiga様2010年12番) × 53.5mm(マサレッド様2010年5番)

 ・Tiga様 能勢YG80系  2012年7番ライン  幼虫3頭
  種親82.5mm(Gull様2010年2番) × 52.5mm(Tiga様2010年8番)

この中で、一番の注目ラインは何と言っても2013年5番のGull様2011年7番
インラインでしょうか
最大86.1mmでアベレージが84Upという驚異的なラインのそれもインラインです
から、期待しない訳ありません

また、2013年4番の847系のラインも楽しみです
Tiga様が本家より譲って頂いた幼虫(866直仔)が羽化したのがこのラインの
82.0mmで、52.5mmはGull様2011年9番の866同腹直仔で、去年私が
Gull様より譲って頂いた866同腹直仔♀51.5mmと姉妹になります
847系と言っても、866系の血しか入っていないラインですので、楽しみなラインです

2012年5番は2年目ラインで、今年Tiga様の所で83.3mmが羽化しています

2012年7番も2年目ラインで、82.5mmはGull様2010年2番の優良ラインからで、
同腹兄弟にマサレッド様と半分にわけた幼虫から85.1mmが出ています
Gull様2011年7番が、この2010年2番の早期羽化を使用したラインですので、
楽しみなラインです

残念ながら、既に1頭★になってしまいましたが、残りの9頭がどのような成長を
見せてくれるか非常に楽しみです


では明日の夜は、着弾3連発の2回目(能勢YG援軍編)です
もし更新できなかったらさーせん


着弾第3弾!

2013/06/23 23:59
最近は幼虫の割り出しが忙しく、ブログもサボりがちです
コメ返もいつも遅くてすみません
やっと1本目用のブロックが、12日にAGを5ブロック詰めて終わったかとホッと
していましたが、最近は割り出しで大忙しです
正直、今期はセットを組みすぎました
今期は10セット組みましたが、来期は多くても8セットぐらいにしたいと考えています

我が家の産卵状況ですが、大爆産したラインがありまして、卵も含めると約60頭
産んだがいました
3本セットで途中で材を2本取り出して2本追加したら、エライ事になってしまいました
全ライン割り出してから、結果をブログにアップしようと思っていますが、採れなくて
苦戦しているラインもあえば、このような大爆産ラインもありと、中々思うようには
いきませんね


では、今回のクワネタですが、我が家への着弾第3弾です
我が家にも続々と着弾しておりますが、中々紹介しきれていない状況です
少しずつ紹介していきたいと思います

では、今回はこちらのお届けものです
CIMG3943加工済み
【2013年6月10日着】

我が心のクワ友、タケセイヨウさんよりの着弾です
タケセイヨウさんがDorcus Tiga様から譲って頂いた能勢YGペアの2ラインから、
各4頭を里子に頂きました
CIMG3945加工済み
【タケセイヨウさん Tiga様 能勢YGペア 2ライン各4頭】

種親の詳細は
 
 ・タケセイヨウさん 能勢YG847系 2013年A1ライン 幼虫4頭
  種親80.4mm(Tiga様2011年3番)×50.8mm(Tiga様2011年3番)

 ・タケセイヨウさん 能勢YG80系  2013年B1ライン 幼虫4頭
  種親79.8mm(Tiga様2011年2番)×51.1mm(Tiga様2011年6番)

A1ラインは、今では貴重な847系のインラインになります
B1ラインは、種親51.1mmの祖父には、本家様からマサレッド様が譲って頂いた
847の同腹兄妹83.1mmがいるラインになります
マサレッド様の83.1mmを種親としているラインは大型が羽化していますので、
楽しみなラインです
今期は、全てのラインの系統図をブログにUPしていきますので、是非そちらを
ご覧下さい


タケセイヨウさん、この度はありがとうございました
カッコイイ管理票もありがとうございました
タケさんの幼虫にはこの管理表を使って「大鍬道」を極めたいと思います
絶対に大きくしてみせますよ~
タケセイヨウさん風にあ~~ざっす!!

着弾第1弾&第2弾!!

2013/06/14 23:59
今日は西日本では猛暑だったようですね
反対に、こちら北関東は比較的涼しく過ごしやすい一日でした
そんな訳で、西日本で真夏のような暑さと聞いてもあまりピンときませんでした
でも、うだるような暑い日がくるのももう直ぐかもしれませんね

最近の嫁のダイエットですが、一向にお肉が減っている様子がありません
案の定、既にダイエットに対するテンションが下がってしまったようです
今回こそは、せめて2~3kgは痩せるかと思いましたが、やっぱりダメでした
まだ諦めてはいないようですが、夏前に痩せるのは無理ですね


では前置きはこのぐらいにして、今回のクワネタです
4月中旬の話になりますが、こんな物が届いていました
CIMG3667加工済み
【2013年4月15日着】

これを見ただけでわかっちゃいましたよね
おおくわ80様より、試しセットから採れた能勢YGの幼虫4頭をプレで頂いちゃいました
CIMG3669加工済み
【おおくわ80様 能勢YGプレ幼虫4頭(2ライン各2頭)】

詳細は、

 ・おおくわ80様 2013年16番ライン 幼虫2頭(黄色シール)
  種親84.5mm(80様2011年ライン)×50.0mm(80様2011年ライン)

 ・おおくわ80様 2013年29番ライン 幼虫2頭(シール)
  種親81.0mm(す~やん様2011年1番)×50.0mm(Taka様2011年ライン)

種親845は、おおくわ80様の2012年度の最大個体のラインです
もう一つは、す~やん様とTaka様より成虫で里子に頂いたラインとの事で、こちらは
未知数ですが、す~やん様からの81.0mmの種親はマサレッド様からの2009年
2番ラインの84.1mmのようですので、こちらも大型ラインで楽しみです
これが着弾第1弾で、実は連チャンで着弾の第2弾もあります

先月末にまたまた同じような発泡スチロールの箱が届いていました
CIMG3864加工済み
【2013年5月28日着】

1枚目の写真と同じと思いきや、こちらもまたまたおおくわ80様からの着弾ですが、
こちらは正式に譲って頂いた幼虫5頭になります
CIMG3865加工済み
【おおくわ80様 能勢YG幼虫5頭(845ライン2頭・835ライン3頭)】

詳細は、

 ・おおくわ80様 2013年8番ライン 幼虫2頭(シール)
  種親84.5mm(80様2011年ライン)×52.0mm(80様2011年ライン)

 ・おおくわ80様 2013年4番ライン 幼虫3頭(シール)
  種親83.5mm(80様2011年ライン)×52.0mm(80様2011年ライン)

おおくわ80様の幼虫は大きくなるとの噂を聞き、845と835のラインをそれぞれ2頭と
3頭譲って頂きました
のラインは指定せずにお願いしましたので、ランダムに選ばれた幼虫が飛んで
きましたが、どのラインも大きくなりそうで楽しみです
種親超えは両ラインともかなりハードルが高いですが、種親超えを目標に頑張り
たいと思います

余談ですが、おおくわ80様の所で、先月88mmが出たそうです
蛹体重がなんと30g
幼虫体重じゃなくて、蛹体重ですよ
残念ながら、羽化後直ぐにになってしまったそうですが、時代は88mmに
突入でしょうか
私は完全に時代に乗り遅れているような気がします


おおくわ80様、この度は貴重な幼虫をお譲り頂きありがとうございました
少しでも大きく羽化させられるよう頑張りたいと思います

今頃補強!?

2013/03/27 16:03
ここ北関東は今日は小雨の降る1日で少し肌寒かったです
今回は前回のブログから間を空けないでの更新です

タイトルの通り『今頃補強!?』と言う訳ではなく、実は去年の10月に補強していて
紹介するのを忘れていた、能勢YGのがいましたので備忘録も兼ねて紹介します

その子達は、去年の10月22日にはるばる九州からやってきました
CIMG3237加工済み
【2012年10月22日着】

欲張って、2頭も補強してしまいました
CIMG3239加工済み
【能勢YG 元ギネス866同腹直仔2頭】

元ギネス866同腹直仔2頭です
種親は元ギネス866の同腹で78.6mm×50.2mmです
種親は大きくありませんが、この子達の同腹では84.0mmが出ているそうです
譲って頂いた方からお名前をブログに載せる許可をもらうのを忘れてしまった為、
お名前は載せませんが、ご本家様にお会いして直接手渡しにて種親ペアを譲って
頂いたそうです
その際に、今は亡き元ギネス866を直接手に取らせて頂き見せて頂いたようです
あの866を手に取って見せてもらったなんて凄すぎます

では、まずはじめのちゃんです
CIMG3275加工済み①
【能勢YG元ギネス866同腹直仔49.0mm 2012年6月12日羽化】

そして、もう1頭のちゃんです
CIMG3280加工済み②
【能勢YG元ギネス866同腹直仔49.0mm 2012年6月15日羽化】

2頭とも49.0mmとどっちがどっちだかわからなくなりそうなので、サイズを測った
ところ、1枚目の写真の子(6月12日羽化)の方が若干大きい感じです
49.0mmと決して大きくはありませんが、なんと言っても元ギネス866系統ですので
期待してしまいます

我が家にはこれで元ギネス866の同腹直仔が4頭にもなってしまいました
エバクワさんから譲って頂いた50.2mmと、Gullさんから譲って頂いた51.5mm
今回の49.0mm2頭で合計4頭
特に意識して集めた訳ではないですが、きっと無意識の内に『866』に反応して
いたのかもしれません

866系の血が濃くなりそうですが、エバクワさんから譲って頂いたペア(とも
866同腹直仔)以外は847系と80系のに付ける予定ですので、問題ないでしょう

近々、2013年度のライン紹介をしたいと思います

ポチッとじゃないですが・・・。

2013/02/08 23:50
今日は晴天でいい天気でしたが、風が強く寒い一日でした
底冷えするような寒さで、春の到来は近くて遠い感じです


皆さん、来期へ向けて着々と準備を始めている方や、来期のラインをブログで
紹介されている方など、徐々に来期へのカウントダウンが始まっている感じですね
我が家でも産卵木を購入したりと、来期へ向けて準備をしていますが、肝心な
来期のラインに何か物足りなさを感じていました
来期は能勢YGをメインにブリする予定ですが、肝心の種親のサイズが77~78mm
前後と、皆さんの種親と比べるとだいぶ小さく、少し不安を感じていました

私の拘りとして、小さい種親から大きい個体を出したいという思いがあり、多少小さくても
血統背景の良いと思われる個体を補強してきましたが、メインとなるラインがないのに
気づき、血統背景がよい君を探していました
ただこの時期になると、良い個体は残っておらず半分諦めかけていました

そんなある日、ある方のブログで余品販売の記事に目が止まりました
同腹に84mmや83mmが出ていて、サイズも私が探していた理想のサイズ
早々に問い合わせして、決めちゃいました
その個体が2日に届いておりました
CIMG3493加工済み
【2013年2月2日着】

2日は気温も高く、受け取るには最高の日となりました
早速箱を開けると
CIMG3495加工済み
半分埋まっていて身動きしません
おやっ、と思いツンツンしてみると元気に動き出し、とりあえず一安心

この個体を譲って頂いた方は、FC2で『try for a Ookuwa Guinness』のブログをやって
いるHSさんです
では紹介します、我が家の2013度のメインとなる能勢YG80系の79.5mm君です
CIMG3499加工済み
【能勢YG80系 79.5mm 2012年6月上旬羽化】

まだまだおネムのようでしたので、オガ屑もはらわず記念の一枚
ざっと計測したところ、79.5mmの筈が優に80を超えていてビックリ
大顎を開くと80.5mmぐらいありました
計測方法は人それぞれだと思いますが、私は飼育者様のサイズを正式サイズとして
いますので、この個体も79.5mmとしたいと思います

この個体はHSさんのご友人のエバクワさんとSouTa様の2011年度のコラボライン
からの里子のようです
エバクワさんの所では、84.3mmと84.2mmが出ていて、HSさんの所でも
83.7mmが出ている大型ラインです
79.5mmと大きくはありませんが、大型ラインと思われる個体に期待してしまいます

譲って頂いた際に、HSさんにこの個体の背景を詳しく教えて頂きましたので、今回は
系統図を載せてみました
HS様795mm
【能勢YG80系 79.5mm系統図】

わかりやすいよう色を付けて、系統図を作成してみましたが如何でしょうか?
元ギネス、現ギネスを系統図に載せることで、自分の個体がギネスとどのくらいの
位置にいるのかもわかりやすいようにしました
また、847系(水色)と80系(ピンク)も区別出来るよう色分けしてみました
まだまだ満足した出来ではありませんが、とりあえず載せてみました
もし『お~い、そこ違うよ!』と言ったり、『それ載せないでよ!』なんて事がありましたら
こっそりとお教え下さい 即、修正致します


HSさん、この度は貴重な個体を譲って頂きありがとうございました
また、この個体の背景も丁寧に教えて頂きありがとうございました
なんとか大きい個体が出せるよう頑張りたいと思います
エバクワさんの、84.3mmが越えられたら最高です
でも、きっと無理ですね


こうして系統図を作ると、能勢YGの歴史が見えてきて楽しくなります
皆さんも、ご自分の個体の系統図を是非作ってみて下さい
背景がわかると、飼育がより一層楽しくなるかもしれませんよ

来期の補強!!

2012/09/01 01:00
29日の事になりますが、来期の種親として補強した能勢YGの個体が届きました

我が家には来期用に、銚子オオクワガタ倶楽部様のギネス871いとこペアと、
エバクワさんの866同腹直仔ペアと、Dorcus Tigaさんのプレで当選した
847系の♂と80系ののペアと、858同腹直仔ペアと、既に4ラインを確保して
いますが、産まないもいるかと思い、予備を1頭探していました

オークションでの購入には躊躇いもあり、ブログ等をやっている信頼のおけるブリーダー
さんに問い合わせる事にしました
とは言っても、誰に問い合わせよう?と悩んだ挙句、飼育4年目で既に84mmや85mmを
連発している凄腕ブリーダーさんに、無謀にも問い合わせる事にしました

その方の2011年度の飼育管理表を見ると、は殆どが80以上で、80以下を
探すのが大変なぐらいで、も50以上は当たり前で、50以下は殆どいないという
凄腕ブリーダーさんに、恐縮しながらもお願いしてしまいました
ワガママなお願いをしたにも拘らず、快く譲って頂ける事になり大感謝です
その方はオオクワ飼育をしている方なら殆どの方が知っていると思われるGullさんです

そのGullさんから譲って頂いたちゃんが遂に届きました
CIMG2990加工済み
この時期はクール便は欠かせませんね

早速箱を開けてみると、タッパが2個
CIMG2994加工済み

そうなんです、調子にのってを2頭もお願いしちゃいました

最初の内は、予備なのであまり大きくなくてもいいかな?と思い、47mm~49mm
辺りのを聞いてみましたが、50以下はもう既にいないとの事・・・
諦めようかとも思いましたが、Gullさんの管理表を見ていた所、新成虫のサイズも
さることながら、種親もよい個体を使っている事に気付きました
大型を狙うには、いい種親を使うのが近道と思い、どうせ頼むなら1頭も
2頭も変わらないと考え、思い切ってラインの違う2頭をお願いしました

では早速、そのちゃん達の紹介です
まずはじめに、こちらから
CIMG2997加工済み
【能勢YG 866系 Gullさん2011年度9番ライン51.5mm】

この子の種親は元ギネス866の同腹で83.1mm×52.8mm
この子は866同腹直仔になります

このを見た時の一言 => 「デカッ!
エバクワさんから譲って頂いた50.2mmもデカかったですが、こちらのはそれより
かなりデカい印象で、横幅も凄くある感じです
管理カードは51.5mmになっていますが、ノギスで測ってみると52mmはある感じ
ただ、あくまでもサイズは管理カードのサイズとし、このは51.5mmにします

次にもう1頭のちゃんです
CIMG3000加工済み
【能勢YG 847系 Gullさん2011年度8番ライン50.5mm】

この子の種親は84.5mm×53.0mm
84.5mmはマサレッドさんの2009年の2番ラインで、同腹に85.4mmが出ている
超大型ラインです
53.0mmは、Gullさんの自己ブリラインで、53.0mmの親は、元ギネス847と
同腹兄弟になりますので、この50.5mmは元ギネス847の孫にあたります

2頭とも847系(その内1頭は866系)のになります
予備を探しているつもりでしたが、本気になってしまいました
2頭とも予備と呼ぶには勿体無い程のポテンシャルを秘めていますので、この2頭での
ラインを考えている所です

これで、来期の我が家の能勢YGのラインは6ラインになる予定です
能勢YGだけで、最低でも100頭はいきそうな勢いです
今期がオオクワだけで80強ですから、何とかなると思いますが、150近くなると
ヤバイですね
可能性も無きにしも非ずですが

Gullさん、この度は貴重な個体を譲って頂きありがとうございました
再来年には、よい報告が出来るよう頑張りたいと思います

プレ個体当選品!!

2012/07/24 23:39
昨日の事ですが、プレ個体の当選品が届きました

実は、7月初旬にDorcus Tigaさんがプレ企画をやっているという話を、ある
クワ友さんから聞きつけ、応募させて頂きました
どうせ当たらないだろう!と気軽に応募しましたが、な、なんと、見事に当選
Dorcus Tigaさんの当選メールを見て嬉しさのあまり、反対に焦って
しまいました
そのプレ個体が昨日届きました
CIMG2891加工済み
今の時期なので、先日エバクワさんに譲って頂いた866同腹直仔ペア同様、
クール便でのご到着
さぞ、カチカチに固まっているだろうと思っていると、発砲ケースから取り出した
菌糸瓶の中からガサガサ、ゴソゴソと!
CIMG2894加工済み
早速、瓶から取り出してみると、2頭とも元気で一安心
いつもの記念撮影です
CIMG2897加工済み
【能勢YG 旧847系 77.5mm 2012年1月~春頃までに羽化】

種親は、82.7mm×52.0mm
この君は、77.5mmとそれ程大きくありませんが、同腹兄弟に85.3mmが
出ている系統ですので、この君も期待大です
手の平に乗せると、足の力が強く、予想以上の力で掴まれた為、焦ってしまいました

次は、ちゃんです
CIMG2900加工済み
【能勢YG 旧80系 49.8mm 2012年4月中旬羽化】

種親は、82.8mm×52.1mm
49.8mmの種親82.8mmと77.5mmの種親52.0mmは
同腹兄弟になります
こちらも元気で、手の平から何度も落ちそうになりました

来期、このペアにて産卵予定ですので、産まれてくるニョロは旧80系になります
847系のニョロも欲しいので、旧847系の単を探そうかな?
人の欲求というのは切がありませんね

Tigaさん、この度は貴重な個体をありがとうございました
大切に飼育させて頂きます
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。